2014/09/24

[慰安婦問題はどう語られたか 2] 「人権感覚が狂ってる」 平野啓一郎

twitter 2014.9.19

「『業者使って欺して連れてきただけですから!』と胸を張るのは何なのか?理解力がないのか、人権感覚が狂ってるのか」と芥川賞作家平野啓一郎。彼は、日本政府が業者に命じて女性を騙して連れて来させていたとでも思っているのだろうか?海外では(意図的に)そういった風に語られていたりするから外国人がそう思い込んでいても仕方ないが、彼は日本人である。「日本軍が慰安所なるものを設置・運営して、深刻な人権蹂躙を行っていたこと自体を非難されてる」。日本軍がやったのは設置までであり、人権侵害と言われているのは、数十万の女性を拉致し強姦し、証拠隠滅の為に殺害したことだったりするわけだ(もちろん事実ではないが)。

「歴史を間違った形で修正しようとすれば、相手国は反発します」と言う前に、そもそも彼は何が正しく何が間違っているか分かっているのだろうか?続くツイートで平野が紹介しているのは、(隠れ?)拉致問題相殺論者である。個人的にはこういうタイプが一番悪質だと思っている。例によってスマラン事件を持ち出している。

仮に安倍首相が主張するように「狭義の強制性」「強制連行」を証明する証拠の文書がなければ、世界から非難されるような問題はないとした場合、北朝鮮の拉致問題も世界から非難される問題ではなくなってしまいます。


「いつまででも。日本としての反省が不十分なまま、唐突に人類全体の問題と抽象化することは出来ません」・・・何をもって不十分と言っているのか分からないが、この問題を普遍的な問題として売り込んでいるのは韓国側である。全体的に空虚な文章だが、この人の文学もこんな感じなのだろうか?ずっと前に日蝕を読んだきりだが(もう忘れた)。

twitter 2014.9.19

17 件のコメント:

  1. 古市憲寿なんかと同じ典型的日教組の申し子。
    自分たちはグローバルな意見だと思っているんだろうが、視野はリベラルの世界観にどっぷりつかっている。自分が善人だという自己満足の塊。

    返信削除
    返信
    1. ちょっと薄っぺらいかな、と。

      削除
  2. この青年は痴漢の冤罪や美人局に引っかかって警察に突き出されたりしたらどのように対処するのだろうか? 
    親しくしていた女友達から「私や友達大勢がこの人に輪姦されて、友達はみんなこの人に殺された。私も性器に焼きごてを当てられたり、友達の頭を煮たスープを飲まされた」と猟奇殺人の告発をされたらどのように対処するのだろうか? 
    どこか他人事で、幼稚な正義感を振り回して善意の傍観者気取りだ。

    返信削除
  3. まあ広義の強制なんてあいまいな言葉だけが一人歩きしてるから。
    そこにつけこんで、ネガティブよりのイメージを刷り込もうと画策してるのだなと。
    その被害者といえば被害者なのだろうと。

    広義の強制って、要するに親が売ったとか、業者に騙されたとか。
    そういうことであって、彼の正義感が満足するように当時するならば、
    それこそ、軍が直接慰安所を経営して、雇用から基づいてやるしかない。
    雇用そのほかを業者にまかせるのなら、監督責任があるとしても
    日本軍自体に責を問うのは誤りだ。
    あえて言うなら、軍の関与が不十分だったからこそ、騙しが発生したのだ。

    彼の正義感を満足させるなら、親の墓に鞭打つか、業者を探し出して逮捕するしかないだろう。

    そこを彼はわかっていないのだろうなあ。(嘆息)

    返信削除
    返信
    1. 本人に悪い意図はないとは思いますが、もうちょっと考えて発言して欲しかったですね。

      削除
  4. 「軍が慰安所を経営」と書いていますが、兵器や弾薬を製造する工場を軍が経営することがないように、慰安所を軍が経営することはありません。徴兵された軍人さんが、売り上げを計算して慰安婦に給金を支払い、出勤日と時間の調整をしているとしたら、軍人さんの家族はなんと言うでしょうか?日の丸に寄せ書き、千人針をもらって、故郷から盛大に送り出されたのに、、、、、何で想像力のかけらもなくなるのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 一言で言うと、「分かってない」といったところでしょうか。

      削除
  5. お勉強のよくできる子供の意見だと思います。

    返信削除
  6. 山路 敬介2014年9月25日 17:02

    平野啓一郎君に寄す

    めまいがするほどウンザリする。
    これは君の無知によるものなのだろうか?
    君は井上某と違い、「悪い意図」が感じられないからこそ、なお始末が悪い。
    私はアジア女性基金にボランティアとして参加した経験を持ち、最後には無力感と脱力感、敗北感しか残らなかった。
    そして人権の亢進というものの運動は、人権以外の何か他のもののために行われるのだと悟るに至った。
    君だってあの頃はすでに二十歳にはなっていたはずだが、アジア女性基金についてどう思ったのだろうか?
    君は君なりに何かを思い、あの当時慰安婦たちのために何かをしていたのだろうか?
    そして今、どういうふうに汗をかいているのだろうか?
    いまさら「人権が~」と力み返る、その姿を見るとこのような疑問をぶつけたくなる。
    だが、おそらくらく君は三周遅れでやってきた青年、経緯も知らず最近この問題にコミットしたばかりなのではないか。
    そうでなければこのような幼稚な発言は出て来まい。
    多少なりとも影響力のある御身、どうも口先だけの独善的な説教屋の感が否めず、浅薄な印象をぬぐえない。

    だいいち、「世界から~」というが、君には慰安婦問題をめぐり、この世界がどう見えているのか?
    私には経験から、「世界」は人権に関して、不可解にして魑魅魍魎の跋扈する様相がやっと見えてきた。
    本当の人権なんてどこにあるんだろうか?疑問が絶えないのだ。
    パク大統領は求心力と政権維持、常に日本という悪と戦っている姿勢を国民に見せていないと国家の正統性を保てず、かつ自分が異端でない、という証のためにやっている。
    慰安婦像を米国で建てまくっている在米韓国人移民たちも同様だ。
    「自分達は国を捨てた異端ではない!」という弁明を故国に向かって叫んでいるのだ。
    米国の議員たちはいくら叩いても安心安全な日本が相手であるから、自らの一票のために人権の使徒を演出する。
    国連はどうか?
    アナン氏自身が事務総長時代に「人権問題は加盟各国の政争の道具と成り果てている。人権委員会は絶対的に改革が必要だ」と嘆いていた。
    そして今日、アナン氏の目指した抜本的な改革など行うべくもなく既得権益者の利益を侵さない範囲での改革、「人権理事会への改組」でお茶を濁した。
    国連人権理事会は、いまだに各国の国益を最大限にするための政争の場として権謀術数が渦巻く伏魔殿であり、慰安婦たちの人権云々など、本当には考えてはいない。
    それはそうだろう。
    脱北した女性たちは中国国内で文字どうり「性奴隷」として売買され、インド=ネパール国境付近でも奴隷の市が立つ現代だ。70年前の売春システムがどうのこうのと言っている場合ではあるまい。
    そうとしても、相手が中国や国際マフィアでは歯がたたず、ここは日本をいじめることが組織の存在価値をPRする最良の方法だ。
    一方、日本国政府はアジア女性基金をつうじ、元慰安婦たちのために条約を侵さない範囲でギリギリの線まで行動を起こしたといえるのではないか。

    平野君のごときは文学者でありながら、言うところの世界など理解の範疇に入らない。
    ただ上っ面を撫で廻しただけの、知的無精者だというしかない。
    いつまでもウブで紅顔の美少年のふりはやめて、小手先の筆法に拘泥することなく、本当の「人間の苦悩」を描ける作家になってもらいたいものだ。

    返信削除
    返信
    1. 彼だって文士なのだから、永井荷風とか読んでいるはずだと思うんですが・・・。

      削除
  7. hiranoさんとやら、更なる歴史捏造と日本軍に対するヘイトスピーチはいい加減にやめたら。朝鮮警察や日本軍が悪徳女衒を取り締まっていた事実は、当時の朝日新聞様の記事を始め多数報道されているでしょうが。それから「国際的に批判されている」とか、朝日やNTのお左様特有のマッチポンプですか。inoueさんとやらも、北朝鮮の工作員丸出しだよ。慰安婦ホロコーストを捏造し、日本人拉致と相殺しようってのが北朝鮮の意図なんだからさ。。

    返信削除
  8. 山路 敬介2014年9月28日 11:39

    なんという文評論家の文章か失念しましたが、永井荷風の娼婦観について。

    荷風の情緒は対象である遊女への共感である。
    遊女たちは親に売られ、あるいは貧しき家のため自ら苦界へ身を投じたもので、その半玉時代は親孝行をしっかり胸に抱きしめていた。それをひとつの誇りとしていたものだ。
    いつまでも故郷とのつながり、家族への思いを心の支えとして生きていたいのであるが、能動的に斯界で生きていく、生きつづける決心をし、またそうせざるを得ない自分達にはそういうものは邪魔になる。
    汚辱にまみれる自分から、まっさらで純白な故郷や家族から遠ざけ守る意識がしらず知らずに故郷を疎遠なものにする。
    自ら疎外されるのである。
    そうした自己崩壊的な意識、矛盾や悲哀、わけても世間の憐憫から己を守る方法としての遊女の底抜けの明るさ、これを荷風は徳としまた愛し、傍観者の立場を越えることで始めて作品になしえたのである。
    というような主旨のことをいっております。

    荷風の世界はやっぱり平野君には到底到達できない領域です。

    返信削除
    返信
    1. たぶん、平野氏は慰安婦というものを誤解しているのでしょう。

      削除
  9. 憲兵が強制連行に関与したフロレス島事件などを考えると、「日本軍が行ったのは慰安所設置までであり、慰安婦に対する人権蹂躙に対して責任は無い」というのは無茶な主張では?と思います。そもそも慰安婦の「消費者」は他でもない日本軍だったわけで、業者に騙されて連れてこられた女性を送還する義務・能力だってあったんですよ。しかし、性病検査の時点で騙されていた旨を伝えたのに帰してもらえなかったケースがあったわけで。井上氏にしろ平野氏にしろそう突飛なことは言っていないと思います。拉致問題云々も要は北朝鮮レベルのことをやってた日本軍を擁護するなんてブーメランだろ?ということを一番言いたいんじゃないでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 確かに、金正日は拉致は部下が勝手にやったことだと言っていましたね。であれば、フロレス事件やスマラン事件と同じだったと言えるかもしれません。しかし、多くの日本人は、北朝鮮による拉致は末端の独走や規則違反ではなく、トップの指示だったと思っています。

      削除