2014/09/14

朝日の撤回と歴史教科書

「女性のなかには、日本軍に連行され、『軍』慰安婦にされる者もいた」
清水書院 日本史A

そもそも女衒が女性を斡旋することを普通の日本語で「連行する」などと言うだろうか(おしんは、連行されたのか)?従軍看護婦が軍と行動を共にすることを(彼女たちだって、気が進まないからといって仕事を放り出すわけにはいかなかった)軍に「連行された」と書くのかという話。普通の日本人はそんな言い方はしない。遊郭の説明をするのに、「強制性」を、それこそ強調するのは不自然だろう。教科書のこうした記述は執筆者の主義主張の反映なのか、それとも採択に影響力のある一部の教師のウケを意識してのものなのだろうか。

なお、自分は藤岡教授の「高校の全教科書から記述を削除すべきだ」という意見には反対で、中高生には「慰安婦問題(騒動)」を教えるべきだと考えている。そうせずに、子供たちは海外でジャパン・ディスカウントにどう対処するのか?それこそ、朝日新聞の過去記事は最良の副教材になるはずである。泉谷明子などは、教育されずに海外に出た、ある意味犠牲者であった。

また、教科書にはある程度の「色」の違いも許すべきだと思う。今は、子供だってネットで情報を補完できる。偏向した教科書には、社会と子供たちの厳しい目が向けられれば十分だろう。

文科省の検定すり抜け…「強制連行」×、「連行」○

高校の日本史教科書で、日本軍による慰安婦の強制連行を強くうかがわせる記述が教科書検定に合格するのはなぜなのか。

文部科学省教科書課によると、慰安婦の記述についての主要な検定スタンスは、河野談話と「強制連行を直接示す資料はない」とする政府見解の2点。

具体的には、軍が無理やり連れ去ったことはないが、民間業者が集めた女性を軍の船やトラックで移送した事実はあったので「強制連行」はアウトだが、「連行」だけならセーフ。「強いられた」「強要された」なども、「日本軍によって」と記述しなければセーフといった形だ。

ある文科省幹部は「検定は明確な間違いでなければ修正を求めることはできないため、各社、主語を消すなど“言葉遊び”で検定をすり抜けている状態だ」と明かす。

今回、朝日新聞が吉田証言の誤報を認めたが、下村博文文科相は「現行教科書には、吉田証言に基づく強制連行の記述がない」として、教科書会社に記述の訂正を求める必要がないとの考えを示している。だが、拓殖大学の藤岡信勝客員教授は「吉田証言は慰安婦問題の根幹。文科相は訂正勧告すべきだ」と訴える。

産経 2014.9.13

[ライフ]【朝日慰安婦誤報】高校教科書記述どうなる 一部出版社「訂正を検討」

朝日新聞の報道で国内外に広がった日本軍による慰安婦の強制連行説。国内では一時、全ての中学歴史教科書に「慰安婦」が掲載されるなどの大きな影響を与えた。高校ではいまだに「連行」「強いられた」といった軍による強制連行を強くうかがわせる記述が横行しているが、8月の朝日の「誤報」表明を受け、記述の訂正を検討する教科書会社も出てきた。(河合龍一)

15冊中13冊に

平成23、24年度に教科書検定に合格した現行の高校日本史教科書は6社15冊あり、このうち13冊に慰安婦に関する記述がある。

「若い女性が強制的に集められ日本兵の性の相手を強いられた人たち」。実教出版の「高校日本史A」は「軍が関与した慰安婦問題」との見出しをつけて慰安婦について説明した。

清水書院の「日本史A」は「女性のなかには、日本軍に連行され、『軍』慰安婦にされる者もいた」、山川出版社の「新日本史B」は「朝鮮人女性などの中には従軍慰安婦になることを強要されたものあった」などと、各社差はあるが、いずれも日本軍による強制連行があったかのような印象を与える記述ぶりだ。

河野談話契機

強制連行説は朝日が昭和57年に「若い朝鮮人女性を『狩り出した』」などとする自称・元山口県労務報国会下関支部動員部長、吉田清治氏の講演記事を掲載し、この「吉田証言」をキャンペーン報道したことから国内外に広がった。

朝日報道を受け、韓国メディアも集中的に報道し、慰安婦問題は政治・外交問題に発展。日本政府は平成5年、強制連行説には立たないものの「本人の意思に反して行われた」などの表現で慰安婦募集の「強制性」を認めた「河野談話」を出さざるを得なくなった。

これを契機に、7年度検定の中学歴史教科書では、7冊全てで一斉に「慰安婦」「従軍慰安婦」「慰安施設」が記述された。その後、義務教育段階で教えることへの是非などが議論となって、記述する教科書はなくなった。

そんな中、朝日は今年8月、吉田証言について「虚偽だと判断し、記事を取り消します」として誤報だったと認めた。強制性を認めた河野談話についても、6月に公表された政府の談話作成過程検討チームの報告書で、「強制連行を直接示す資料はない」との政府見解が再確認された。

各社に温度差

高校日本史の教科書会社では記述内容の訂正を検討する社も出てきた。産経新聞の取材に対し、山川出版社は「朝日新聞の誤報の問題などを受け、これから検討する」、東京書籍も「慰安婦関係を含め編集委員会で検討する」と回答した。一方、清水書院は「吉田証言をベースに記述していないので訂正する予定はない」、第一学習社も「事実のみを記述しており、現時点では訂正は考えていない」。実教出版は「取材には答えられない」とした。

慰安婦と教科書問題に詳しい拓殖大学の藤岡信勝客員教授は「慰安婦問題は、吉田証言を基に言論界や政界に圧倒的影響力を持つ朝日新聞が報じなければ存在せず、教科書にも掲載されることはなかった。朝日新聞が吉田証言を嘘だと認めた今、慰安婦問題そのものが崩れたわけで、高校の全教科書から記述を削除すべきだ」と指摘している。

産経    2014.9.14

なお、実教出版の教科書を巡っては、最近こんなニュースもあった。

19 件のコメント:

  1. 民間が連行したという解釈では無いようです。文科省教科書課は、募集は業者で強制、移送は軍で無理やりではない。軍の移送だから連行はOKという記事です。つまり、連行とは任意。wikiの強制連行の定義が国語辞典の連行の定義と同じ。「連れて行く」と「連行」は用法が違う。「遊園地に子供を連れて行きました。」は親だが、「遊園地に子供を連行しました」じゃ、通報される。

    返信削除
    返信
    1. この記事ではちょっと分かり難いですね。「民間業者が / 集めた女性を軍の船やトラックで移送した」か「民間業者が集めた女性を / 軍の(が)船やトラックで移送した」の二通りあると思いますが。想像ですが、その辺は文科省もあまり深くは考えていないのではないでしょうか。

      削除
    2. 90/6の国会答弁を見れば官僚がどれほど優秀かが分かります。法に従った答弁しかしません。連行についても直接答えていなかったでしょう?それは定義が確定していなかったからです。連行を◯にしたと言ったのであれば、その定義を確認するのが先決です。記者の解釈よりも、直接電話して聞いてみれば分かります。

      削除
  2. 東郷氏の発言はテレ朝検証番組で見ました。米軍捕虜尋問報告書には、家族によって売られたと書かれています。「その親が、娘を軍の慰安所に送ったのですが、どう思いますか」とその米国人に聞き返して欲しかった。

    返信削除
    返信
    1. 私も当該番組を見ましたが、東郷さんの発言は腰が引けていたように感じます。
      「騙されて慰安婦にさせられた女性」がいたのは確かですが、じゃあその騙した当人は誰なのかと、突っ込んで欲しいと思いました。
      「強制」って誰が何を強制したのか、はっきりさせて欲しいと思いました。
      時々思うのですが、こういう「国際派」の方々は、頭が良すぎるのか、理屈をあれこれこね回し、国際的?理解を得ようと腐心しすぎるためか、肝心なことを率直に聞くことができてないように思う。

      削除
  3. 「連行」と「護送」では、ずいぶんと違いますね。

    元慰安婦らの証言集というのは何冊か出版されているのですが、つぶさに読むと、家からいなくなるときは決まって一人ぼっちなのですよね。親も兄弟も隣人もいない。

    例えば、こないだUnion Cityの慰安婦碑除幕式に出ていた姜日出(カン・イルチュル)と李玉善(イ・オクソン)。

    姜日出は、母の友だちである近所のおばさんの家に遊びに行っていた。「帰って来い」といいうので、帰宅したら、自分と従兄弟だけだった。すると男二人が入ってきて、幼い従兄弟を突き倒し、自分を連れて行ったと。連行されるとき、男は紙一枚を家の中に投げ込んだ。

    どう考えても、ハメられているでしょ。「近所のおばさん」と母親は、娘連れ出しの話ができていますよ。「紙一枚」は受け取り証文に決まっている。

    李玉善は実父によって釜山の呑み屋に売られたあと、その呑み屋の義父によって蔚山の呑み屋に売られている。この呑み屋は絶対にホステスバーですよ。今の日本でいうスナックだ。で、蔚山の呑み屋の親父にお使いに出されたあと、路上で二人の男に連行されている。

    親が直接、「この娘だ」と言わないですむ方法をとっているわけ。

    それから、注目すべき点は、どの元慰安婦も、家に帰ってからのエピソードが極端に乏しくて、ほとんどないのですよ。

    ふつう、誘拐だったら「あの日、お前がいなくなって、八方手を尽くして探したのよ。どこでどうしていたの?」「お父さんは死ぬ間際まで、お前のことを心配していたのよ」という話ぐらい、あっても良さそうじゃないですか。

    要するに、婆あたちは、自分が親に裏切られて売り飛ばされたことを知っているんだ。知っていて、日本非難のための客寄せパンダ・ちんどん屋を演じている。

    極めて悪質だと思いますね。

    一方、日本人の慰安婦は、なぜ名乗り出ないか。家の貧しさを救うために自分が犠牲になったと承知しているからだと思いますね。つまり、そこにはプライドがある。プライドを持った人間に、他人に対する的外れな非難なんてできませんよ。

    返信削除
    返信
    1. 親が憎いと言っていた慰安婦もいましたしね。

      削除
  4. それから、当然と言えば当然ですが、元慰安婦らが少女時代に連れ去られた、その周辺事情を伺わせる記録は絶無です。

    北朝鮮に肉親を拉致された被害者会の人たちを見ていれば、「あの子が失踪した日は、こんな服を着ていた」とか、「こういう言葉が最後になった」とか、「見慣れない小船が泊っていた」とか、「小競り合いがあった」とか、失踪の周辺の出来事に関する事情をたくさん聞きますし、何よりも親兄弟が必死になって失踪者の足取りを追っている。警察に相談に言ったとか、誰々に会って失踪時のことを尋ねたとかの日記・備忘録が出てくる。

    元慰安婦らの記録に、そういう周辺事情に関する記録は絶無です。それが20万人ですよ。20万人の失踪です。私がアメ公はバカだというのは、なぜ、こうした当然に湧く疑問について確かめてみないで、いい加減なことを碑文にするんだ、ということです。

    これまで数々の証言集会が開かれているのに、出席した我々になぜ、婆らに質問する機会が与えられないか。こういった周辺事情や帰郷後のことを聞かれると、たちまちウソがばれるからだと思いますね。

    返信削除
    返信
    1. 売春婦として蔑まれた昔と違い、彼女たちは今や国民的英雄なのですから、出身地の人々に聞き取り調査をしても問題ないはずです。

      削除
  5. 歴史の教科書には不要でしょうね。「国際情勢」の一環として、「教訓ープロパガンダ学」とでも題して教えましょうよ。

    返信削除
    返信
    1. となると「公民」でしょうか?多くの青少年は事実を知らされずに巣立って行くことになりそうです。隣国では小さな子供の頃から教育されていますが、対抗できるでしょうか?

      削除
  6. 教科書検定では1982年に強制連行を削除した。その理由を見ると、徴用令に基づく徴用が強制連行であることを否定していない。でも肯定しているとも言えません。確認する必要があります。

    外村 大氏は2004年センター試験に強制連行を正解選択肢として出題した本人ですが、強制連行定義が色々あると言いながら、連行の定義についてはまったく触れていない。

    【 一九八二年の教科書検定の際、「強制連行」の語の削除に対する批判への反批判として、文部省は次のような見解(要旨)を示している。すなわち、「戦時中の朝鮮人労働者の内地移入は、時期によって形態が異なり、昭和一四~一七年は自由募集、昭和一七~一九年は『官あっせん』であって、形式上、自由応募によるものだった。昭和一九年以後、国民徴用令が適用されることとなった。従って、これらを一括して『強制連行』と表現することは適当でない」 というものである。】(外村 大)
    http://www.sumquick.com/tonomura/society/ronbun02.html

    返信削除
    返信
    1. もともと強制連行という言葉は無理に作られたような言葉ですから、日本語として不自然ですね。そして、不自然のままにしておいた方が都合がいいと考えている人もいるのでしょう。

      削除
  7. [告知]

    クマラスワミ報告に対する日本政府の「幻の反論書」(和文)を、下記の「バ韓国資料室」に掲載しました。

    バ韓国資料室
    http://www.howitzer.jp/korea/page01.html

    返信削除
    返信
    1. いやぁ、すごい反論文書でした。回収したのは人道に対する罪を時際法として否定しちゃったからでしょうか?極東軍事裁判ではA級は適用されたがB級は適用されなかったから、いいや言っちゃえと思っニュルンベルク裁判ではたくさん適用されているから、困った事になると思い直したのかも。図らずも極東軍事裁判のA、B級犯罪適用の違法性を間接的に詳細に明らかにした事になる。人権委報告が遡及法の適用で構成されているという事は地雷源に足を踏み入れることになるのでしょうか。近年に無い痛快な反論書でした。

      削除
    2. 【当時の国際法上、平和条約は戦争の最終的な解決と考えられ、同条約に別段の明示的な定めが無い限りは恩赦条項の有無に関わらず、すべての平和条約の効果として、その締結前に交戦当事者の軍隊の構成員等によって為された戦争犯罪が締結後に処罰されることはなく、かかる戦争犯罪を犯し、処罰された個人は解放されなければならないとされている。】
      サンフランシスコ講和条約ではこの国際法の適用を阻止するために連合国は日本政府が戦犯の刑の執行を継続する条文を要求した。日本政府は刑の執行の根拠として極東軍事裁判の判決を受け入れた。侵略戦争を認めたわけでも無いし、戦争犯罪人として認めたわけでもない。中韓がA級戦犯合祀を理由に靖国参拝を批判するのは国際法違反。平和条約締結で批判の根拠は失われている。

      削除
  8. 誰か「やればできるじゃん」と云っていましたが、しっかりとしたロジックが展開されているようですね。

    この「幻の反論書」に対する、西岡力・島田洋一両氏の解説も掲載しておきました。

    西岡力氏が指摘するように、この反論書はしっかりした英文で人権委員会に出されているのに、なぜ、回収されて「もう謝罪はした」という薄っぺらのものになってしまったのか、その経緯の検証は、是非やってもらいたいと思います。そして、この反論書をクマラスワミ報告に対する政府の公式見解とすることも。むろん、これは国政の場でしかできない。朝日の誤報検証とは別物です。

    返信削除
  9. 西岡氏は事実関係についての反論を評価していますが、国際法違反という報告書への反論の方に注目します。醜業や人身売買に関する条約や、人道に対する罪に関する反論は、戦後史をひっくり返す力を持っています。よくもまぁ、言ったものだと思います。英文も入手して、自由に閲覧できる様にすれば良いと思います。画期的な文書です。

    返信削除