2014/09/12

NYT ラムジー記者 「歴史家は日本が数千の女性を強制した点で合意」

ラムジー記者より
間違いを指摘出来ない日本人記者が問題か

朝日新聞が戦時性奴隷の存在を裏付ける広範な証拠があると書いているとNYTが報じたことについて、マリコ・イノウエ、ヒサコ・ウエノ記者をツイッターで非難したが、記事を書いたのは台湾駐在のAUSTIN RAMZY記者である。よって話を歪めたのは彼かもしれない(もっともそれを許した責任は、イノウエ、ウエノ両記者にあるはず)。自分の知る限り、朝日新聞がそんな事を書いたという事実はない。「戦時中、日本軍兵士らの性の相手を強いられた女性がいた事実を消すことはできません」という分かり切った事は書いていたが。

ラムジーは、朝日新聞を批判するグループを右翼メディアと政治家(right-wing news media and politicians)と呼び、朝日新聞を日本で最も傑出したリベラルの代弁者の一つ(prominent liberal voices)と呼ぶ。こういう不公平はいけない。朝日を傑出したリベラルと呼ぶなら、産経も傑出した保守と呼んでやらねば公平ではない。

ラムジーは、この様に言う。

most historians agree that Japan forced thousands of women to work in a network of wartime brothels (殆どの歴史家は日本政府が何千もの女性に戦時売春宿ネットワークで働くことを強制したということについて合意している)

こうした誤解を日本(系)人記者が正せないのはやはり問題だろう。

Japanese Newspaper Retracts Fukushima Disaster Report and Fires Editor

By AUSTIN RAMZY

TAIPEI, Taiwan — The Asahi Shimbun, Japan’s second-largest daily newspaper, retracted an influential news report on the Fukushima nuclear disaster on Thursday after weeks of criticism from other news organizations.

The move, which included an apology, came a month after the newspaper retracted a series of articles on another hot-button issue: the women from Korea and elsewhere who were forced by Japan to serve in military brothels during World War II. The articles used reports about the practice by one Japanese man whose particular accusations have been widely discredited.

Japan acknowledged in a landmark apology in 1993 that the women had been forced to work in the brothels.

The retractions occurred amid an outpouring of angry accusations that the newspaper had damaged Japan’s international reputation with the mistaken articles, especially those on the Imperial Army’s role in forcing so-called comfort women to serve in military brothels during World War II. The intensity of the attacks, particularly from right-wing news media and politicians, has led many to warn of a politically motivated campaign to undermine the newspaper, one of Japan’s most prominent liberal voices.

“We hurt readers’ trust in our reports,” Tadakazu Kimura, Asahi Shimbun’s president and chief executive, said at a news conference Thursday evening.

Mr. Kimura announced that he was dismissing Nobuyuki Sugiura, Asahi Shimbun’s executive editor, and would punish other editors involved in the Fukushima reporting. Mr. Kimura said he would decide whether he himself would resign after carrying out a “drastic restructuring plan.”

In May, the newspaper cited testimony by the Fukushima plant manager Masao Yoshida in reporting that about 650 workers disobeyed orders and fled the Fukushima Daiichi nuclear power plant at a critical moment during the disaster in 2011.

In recent weeks other Japanese news organizations have reported on Mr. Yoshida’s testimony. Reports from The Mainichi Shimbun, The Yomiuri Shimbun and The Sankei Shimbun, three other leading newspapers, and the Kyodo News agency portrayed his comments differently, saying the exodus was the result of miscommunication.

Mr. Yoshida, who is regarded by many in Japan as a hero for preventing a wider disaster, asked before he died last year that the contents of his interviews not be made public. The government, however, released the text of his interviews on Thursday, saying that the release was necessary to clarify the public record.

“Only a part of the record of Mr. Yoshida’s testimony has been picked up and reported by several papers,” said Yoshihide Suga, the top government spokesman. “His original concern that his story would develop a life of its own without verification came to be realized. We think it would lead to a result that is against his will if we don’t disclose it.”

Since the Fukushima disaster, the liberal Asahi Shimbun has campaigned against nuclear power in its editorial pages, saying it regretted its earlier support. The conservative Yomiuri Shimbun has been critical of Asahi’s coverage, saying its report on Mr. Yoshida’s testimony “caused serious misunderstandings among the international media.”

The Asahi Shimbun’s coverage of another delicate topic has also come under scrutiny in recent weeks. Last month the newspaper retracted 16 articles, the first published in September 1982, citing a Japanese Imperial Army veteran who said he had rounded up Korean women to serve as sexual slaves during World War II.

While most historians agree that Japan forced thousands of women to work in a network of wartime brothels, some have long questioned the particular evidence given by Seiji Yoshida, a soldier who later became a writer. Shinzo Abe called him a “con man” in a speech in November 2012, shortly before taking office as prime minister. (Japan did not use Mr. Yoshida’s statements in developing the country’s formal apology to the women.)

Mr. Abe, a nationalist who has vowed in the past to end what he calls a masochistic view of Japan’s history, told a radio program on Thursday that he would not comment directly on The Asahi Shimbun. But he said, “I think it is true that, by the false reporting on comfort women, for example, a lot of people have suffered, and Japan was discredited in international society,” the broadcaster NHK reported.

The Asahi Shimbun said that it sent reporters to Jeju Island in South Korea in April and May to try to corroborate Mr. Yoshida’s claims of his personal involvement in rounding up women to serve as sexual slaves, but that after interviewing about 40 people, they were unable to do so. Mr. Yoshida died in 2000 and had declined to help in previous efforts to investigate his claims, the newspaper said.

In February, Mr. Abe ordered an investigation into the government’s apology for the sexual slaves. That effort prompted criticism from China and South Korea, which say Japan has not come to terms with the brutality of its wars against its neighbors. His government has since said it would not revise the apology.

There is broad evidence to support the existence of wartime sexual slaves, The Asahi Shimbun wrote last month in an article questioning whether the retraction of the articles citing Mr. Yoshida was being used to undermine Japan’s apology on the issue.

The newspaper came under further criticism last week after it spiked a column from a well-known contributor, Akira Ikegami, who said that the paper’s retraction of the comfort women articles was too late and did not go far enough, and that the newspaper should apologize. After criticism from readers and members of its own staff, the paper reversed course and published the column.

Makiko Inoue and Hisako Ueno contributed reporting from Tokyo.

15 件のコメント:

  1. こういう安っぽいトンマはごまんといるので、いちいち説得を試みるのはバカばかしいと思いますね。フランスに上陸した米軍部隊がフランス娘に何をしたか、”What Soldiers Do”と云う本が出ているから、それでもくれてやるのがいい。

    もっとも、日本の側にも五島勉の「黒い春」というものがあるが、残念ながら英語になっていない。

    今回のことで、アメリカがシャドー・エネミーであると認識しました。ニューヨーク・タイムズは実質、華僑系新聞で、資本的にも中国系の支配下にあるのではないか。

    大西ノリミツが築地の朝日新聞本社からニューヨーク・タイムズに与太記事を飛ばしていたことをもってしても、朝鮮人が中共の走狗となっている反日新聞だと思いますね。

    返信削除
    返信
    1. この記事などまだマシな方なんでしょうけどね。

      削除
    2. この記事を探したら、あまり目立つところにあるわけではなくて、
      front-world からまた探さないと出てこないのでは?

      で、ほーっときましょう。今、朝日の件でもっと大きな戦いに入っています。いずれ、クマラスワミ報告や河野談話の弾劾となれば、もっと大きなニュースになる。ゴミカス記者の戯言などどうでもいい。

      削除
    3. 言っても無駄でしょうしね。

      削除
    4. NYTの中央部はチャイナデイリーの意見広告が、あたかも普通の紙面のように入り込んでいて、知らぬうちに中国の主張を読ませられるようです。

      削除
    5. 日本の新聞にも折り込みチラシが入ってたら面白いのに・・・。

      削除
  2. クマラスワミさんといい、このラムジー記者といい困ったものですね。

    殆どの歴史家は日本政府が何千もの女性に
    戦時売春宿ネットワークで働くことを強制したということについて
    合意している
    women to work 女性が動作するように
    wartime brothels 戦時売春宿
    グーグル翻訳でモロに売春宿と出たので笑ってしまいましたw

    町井 勲 2013年6月1日
    https://www.facebook.com/isao.machii.5/posts/680331585317080
    よく抜粋されて使用されている慰安所登場のシーンは、
    慰安婦肯定派(主に左翼)に悪用されているだけだと言うことがよくわかります。
    ページ(話し)には続きがあり、夕方五時に慰安所を閉店する慰安婦に対し、
    明日最前線に送られる七十名を超える日本兵の長蛇の列は、
    営業時間延長を訴えるも、慰安婦に「これ以上は身体がもたないから。」と、
    あっけなく断られるのです。

    これは明らかに慰安婦に選択の自由があったことと、
    強制労働ではなかったことを裏付けていると言えるのではないでしょうか?

    釣り上がった細い目と言う特徴ある顔の描き方から想像するに、
    慰安所の女性達は朝鮮女性ではないかと推察されますが、
    性交渉を断る慰安婦に対し、
    「身体に触れるだけでもいいから」等と冗談めいたことを口にしながら、
    日本兵は暴動を起こすでもなく、素直に慰安婦の意に従っている
    ではありませんか。
    慰安婦は性器を酷使する大変な仕事であったろうと思います。
    だからこそ日本兵も慰安婦を見下すでもなく、感謝の念があったればこそ、
    彼女達を襲うことをせず、大人しく諦めたのではないでしょうか?
    そんな兵隊達に、慰安婦達は歌を唄って送り出している姿が
    描かれています。
    慰安婦と一緒に兵隊達も揃って同じ歌を唄っています。
    戦時中のことですから、一部の心ない将兵によって、強姦等も
    あったろうと思われますが、水木氏が描いた体験記には、
    上述の通り、慰安婦と将兵が仲良くお互いを敬う姿が
    描かれていることを、僕は皆さんに伝えたく、この一文を
    したためている次第です。 フェースブックより

    波打ち際の固い岩も、止めどなく押し寄せる小さい波に
    ついには侵食され、崩落してしまうように、私ども
    日本人の正しい慰安婦問題についての見解はいずれ
    国際社会でも、そうかと認められる日が必ずくることでしょう

    在米日系人らも戦時に収容所に入れられ日本人差別を受け
    後に名誉回復したように、その日までたゆまぬ努力をしましょう。

    返信削除
    返信
    1. 「総員玉砕せよ」には幾つかのバージョンがあったように思います(要確認)。確か、死に行く兵隊が、俺も女に生まれていれば良かったのにと慰安婦を羨むシーンもあったような。つまり、慰安婦なら少なくとも玉砕せずには済むと・・・。
      水木しげるの話は、基本的に兵隊も慰安婦も大変だったというものですね。慰安婦たちが船で引き上げるのを見送るのですが、後でその船が撃沈されたことを知るとか。

      削除
  3. wikiによると性奴隷の用語使用を国連に提案したのは日弁連です。河野談話が出た直後に、日本政府が強制連行を認めたと宣言したのも日弁連です。少なくとも日本の弁護士は全員が性奴隷と連行を認めています。朝日の取り消しでは何も変わらないでしょう。

    返信削除
    返信
    1. 慰安婦を性奴隷と定義するのは可能なので、今後もある種の人たちは頑として慰安婦を性奴隷と呼ぶことを止めないでしょうね。

      削除
    2. 「ある種の」は「明瞭ではない分類を漠然と指す」言葉です。弁護士は法曹3者の一つで、日弁連は政府から独立した行政組織です。

      削除
    3. 弁護士だけではなく、学者、市民運動家などいろいろいるようです。

      削除
  4. 毎日の社説は「談話は組織的な強制連行は認めておらず」としています。個人的な強制連行は認めたと受け取れます。談話は募集時に「甘言と強圧」があったとして強制性は認めていますが、連行は認めていません。強制連行という言葉のマジックです。つい、スルーしてしまう。

    返信削除
    返信
    1. 毎日の社説も、ちょっと違和感がありましたね。

      削除
  5. 政府・議員・マスコミ等のみなさんは、一体何をしていたんでしょうか?韓国の日本大使館前に慰安婦像が建てられた時も、政府が抗議したようでもないし、マスコミ報道も殆どされてなかったようですし・・・米国で次々に建てられている慰安婦像についてもしかりです。クマラスワミ報告についても同様です。ほとんどの国民が知らないうちにここまで追い込まれてしまっている日本。今になって朝日新聞のみを攻めたところで、国際的な信用回復は可能なのでしょうか?国連に莫大な拠出金を支払うのをストップして、クネさんに幾ら払って欲しいのか聞いてみたら如何ですか?あくまで、この問題は解決済みと主張するのであれば、韓国に対する対応の仕方があるのではないでしょうか?言った者勝ちの状況を打破するために政府・議員・マスコミ各位の奮起をお願い致します!その場逃れの解決は、禍根を残すだけです!!外務省さんも頼みますよ!!

    返信削除