2014/09/19

朝日のスクープで国会の雰囲気一変? (92年)

国は関与を否定していたわけではなかったが

朝鮮人女性が国家総動員法に基づき「強制連行(徴用)」されたのではないかという社会党の本岡昭次議員の質問から始まった国会での一連のやり取りだったが、1992年になると議論が一変する。何があったのか。この年の1月、朝日新聞が「関与の証拠」が発見されたと報じて大混乱になっていた。二ヶ月後の清水澄子議員の質問は、「国の関与」をテーマに始まる。今度は外務省、防衛庁、警察、文部省などが労働省(総動員法業務を担当)に加わり答弁に立つ。議論は強制連行の有無から完全に国の各機関が慰安婦とどう関わっていたかに移っているが、それでも清水の頭には依然として慰安婦の強制連行(徴用)という先入観があるようで、「朝鮮での強制的に徴募」とか「なぜ朝鮮の女性が選ばれたのか」、その「法的根拠」明らかにするよう政府に迫っている。彼女が有名な詐話師吉田清治を参考人として国会に呼ぼうとしたことも分かる。清水が、朝鮮での募集の際に軍と警察が動員されたと言っているのは、吉田の本(私の戦争犯罪)や証言がネタ元と思われる。

私はきょう、朝鮮女性を強制的に駆り出す役割を果たした元山口県労務報国会動員部長だった方を、こちらでその実態をお聞きしたいと思って参考人として要請しましたけれども、それが実現しなかったことは非常に残念です。

国側は、軍が何らかの形で関与していたらしいとは認めるものの(これまでも、国は軍の関与は否定していなかった)、「従軍という名のもとで強制的に連れていかれたのか」については「実態よくわかりません」と答える。俗に言う「強制連行」を裏付ける確たる証拠がないからだ。そんな政府を、清水は吉田清治が「非常に具体的な体験を持っているっしゃる」と政府の調査が不十分だと批判している。今から考えてショッキングなのは、加藤紘一官房長官が事実関係がよく分かっていないにも関わらず「我々は、この間総理の訪韓によって謝罪の気持ちをあらわした」と告白している点だろうか。

まず、事実関係を誠心誠意調べていかなければならないと思っております。・・・我々は、この間総理の訪韓によって謝罪の気持ちをあらわしたわけでございますし、また当時の方々の筆舌に尽くしがたい辛苦というものを考えれば何らかの措置というものを考えられないか、そういう骨組みで考えていきたいと思っております。(加藤紘一

渡辺美智雄外相も、政治問題化している以上何らかの謝罪が必要という認識を示している。結果論だが、こういった甘さが命取りになった。

従軍という名のもとで強制的に連れていかれたのかどうか実態はよくわかりませんが・・・政治問題になっていることは事実ですから・・・実態をまずきちっとつかんだ上で・・・何かおわびのしるしというか、そういうことは何か考えなければなるまい

慰安婦問題が外交問題化すると「警告」したり「心配しております」などと清水が言うのを、今となっては苦々しい思いで読む人も多いのではないか。彼女が日本人慰安婦の存在にも触れながら、朝鮮人慰安婦だけを問題にしているのは、やはり「強制連行の有無」と見ていいだろう。

日本人の女性を慰安婦にしたことにも私は非常に大きな問題があると思っております。しかし、朝鮮の女性たちにはさらに植民地支配という、そういうやはり民族的な支配と差別があった

かなり長いやり取りを思い切って省略した。日本政府の補償に対する考え方、訴訟に対する考えなど色々な情報が含まれているが、ブログの性質上ここはあえて内容を絞ることにした。



○清水澄子君 私は、昨年(注:一昨年の間違いか)十二月の本予算委員会におきまして、従軍慰安婦問題について質問いたしました。その際に、政府がこの問題に誠実に対応しなければ、必ず日韓、日朝間の外交問題に発展するということを警告しておきました

その後、いろんな発展があったわけですけれども、現在、政府は調査をされておると思いますけれども、その進展状況と、今後の見通しについてお聞かせください。

○国務大臣(渡辺美智雄君) これは今、軍がある程度関与したということですね。はっきりしてきておりますが、どの程度のものであるか、地区によってもかなり違うような気がする。それに、従軍慰安婦になられた方々の中にも、千差万別のような状況があって、実態がわかっていない。したがって、今実態上では各省庁、できるだけの実態的な把握に一生懸命努めているというところであります。

○清水澄子君 六省庁ですから、じゃ一つずつおっしゃってください、どういう段階で何が出てきたかということを。

○政府委員(谷野作太郎君) それではまず、外務省の方からお答え申し上げます。

このいわゆる従軍慰安婦の問題につきましては、昨年末、内閣官房の調整のもとに、関係省庁におきまして事実関係を調査せよというお達しかございました。そこで、私ども外務省といたしましても、保管中の文書について、ただいま誠心誠意、大臣から申し上げましたように、調査を実施しておるところでございます。

何分、膨大な調査でございますので、いま少しお時間をいただきたいと思います。調査の結果が判明次第、内閣官房に御報告申し上げたいと存じます。

○政府委員(村田直昭君) お答えさせていただきます。

防衛庁におきましても、昨年末、内閣官房の方からの調査依頼に基づきまして、防衛研究所を初め陸上、海上、航空の各自衛隊あるいは防衛大学校等の各機関等において、関係資料の有無について鋭意調査をしているところでございます。

なお、これまでに新聞等で報道されたものを含めまして六十九件の資料が発見されておりまして、これらの資料につきましては、内閣官房の方に直ちに送付しておるという状況でございます。

○政府委員(多田宏君) 私どもの方も膨大な資料を念には念を入れて今さらに点検をいたしておりますので、まとまり次第、また内閣官房の方に提出したいと思っております。

○政府委員(井上幸彦君) お答えいたします。

私どもの方でも、昨年末に内閣の方針を受けまして、警察庁はもとより全国都道府県警察に対しまして、関連の資料があるやなしやの調査を現在行っているところであります。現在のところ、これはという情報には接到していないところでありますが、なお念を入れて調査を続けているところでございます。

○政府委員(野崎弘君) お答え申し上げます。

文部省におきましては、全国の公立図書館、国公立、私立大学の附属図書館に調査を依頼いたしました。現在も継続中でございますけれども、現在のところ、公立図書館関係で、沖縄県教育委員会から、同県の浦添市立図書館所蔵資料の中に当時の資料が転載されている旨の報告がございます。この件につきましては、内閣官房外政審議室の方に報告をしているところでございます。

以上でございます。

○政府委員(佐藤勝美君) 労働省の状況でございますが、現在までのところ、省内関係部局及び関係機関におきまして所管する倉庫、書庫等を調査いたしましたが、朝鮮半島出身のいわゆる従軍慰安婦に関します公的資料は発見されておりません。

当時の事情に詳しい行政関係者からもヒアリングを行いましたけれども、当該行政機関それから関係機関は、朝鮮半島出身のいわゆる従軍慰安婦については関与しなかったということを聞いておるところでございます。

[...]

○清水澄子君 次に、名簿についてですけれども、あの資料を見まして、あれほど明確に各部隊の支隊まで、末端にまで何人と名前も全部名簿がございます。そういうことになれば、非常に名簿というのがはっきりしていたのではないかと思うわけですが、朝鮮での強制的に徴募した際の名簿というものは残っているのでしょうか。

そしてもう一つは、慰安所の設置場所で憲兵隊がきちんと名簿を作成しているという報告が出てまいります。それは、性病を予防し管理するために非常に厳重な管理をしているために逆に名簿は明らかであったと思いますけれども、その点いかがですか。

○政府委員(村田直昭君) その全体の名簿がどのように管理されておったかということは、私どもが持っている防衛研究所の資料だけではわからないわけでございまして、それについてはさらにいろいろな方法で調べるということが必要じゃなかろうかと思いますけれども、私どもああいう報告書というか、昔の旧公文書等だけでなかなかわからないのではないか、事実私は承知しておりません。

[...]

○清水澄子君 [...]いろんな記録によりますと、慰安婦の大半は朝鮮の若い女性たちですけれども、なぜ朝鮮の女性が選ばれたのか、その理由を明らかにしていただきたいと思います。

○政府委員(有馬龍夫君) 構成の比率等は正確にわかっておりません

○清水澄子君 それでは、どこの国の女性が資料の中から出てきたか、国別に御報告ください。

○政府委員(村田直昭君) 資料に基づいて、この資料からそういうのが出てきたものとしましては、朝鮮の方、それから台湾の方、それから半島の方と書いてあるのもあるんですが、等でございます。

○清水澄子君 またごまかされます中国ともありましたし、フィリピンというのもあります。いろいろあるわけです。ですから、そういうお尋ねをしたときにはあくまでも資料に忠実にお答えいただきたいと思います。

次に、朝鮮で若い女性たちを強制的に集めた、その場合の募集方法というのを明らかにしてください。そして、そのときに日本軍、警察が多数動員されておりますけれども、それらを動員するための法的根拠は何であったのかお聞かせください。

○政府委員(有馬龍夫君) 募集の実態についての資料は見つかっておりません。それから、法的な根拠というものもわかっておりません。

○清水澄子君 私はきょう、朝鮮女性を強制的に駆り出す役割を果たした元山口県労務報国会動員部長だった方を、こちらでその実態をお聞きしたいと思って参考人として要請しましたけれども、それが実現しなかったことは非常に残念です。

私たちはみずからの過去の歴史というものについて、みんなが本当に謙虚に事実を認識するということが大事だと思うわけですが、これまで質問した中では、本当にこれが実態調査、鋭意調査をしているという中身であろうか。全体像はおぼろげにわかりましたけれども、今までの資料の中でも、私たち素人がやってももっと正確なある程度の全体像が出てまいります。そういうものを今後も徹底して調査をしていただきたい、これでは調査だと言えないと私は思うわけです。

そこで、私は官房長官にお尋ねしますけれども、今お答えいただきました事実から、従軍慰安婦というのはやはりかつてのいわゆる帝国政府及び軍当局が戦争を遂行するための手段として、日本軍の軍人、兵士に性的慰安、これは旧軍隊が使っている言葉ですけれども、そういう性的慰安を与えるために朝鮮の女性を駆り出したものと見られますが、政府はこの事実をお認めになりますね

○国務大臣(加藤紘一君) 政府が集めました資料につきましては、それが明確になったものから今先生のお手元にあるように公表いたしたりしておるわけでございますけれども、累次御答弁申し上げておりますように、いわゆる朝鮮半島出身の慰安婦の問題につきましては、かつての日本軍が何らかの形で関与していたということは確かなことのように思います。したがいまして、その旨政府としても従来からお答えいたしておりますし、またそういう認識を今も持っております。

[...]

○清水澄子君 外務大臣、私どもはいろいろ新聞等でお見受けしているわけですけれども、衆議院の方でもこの問題が論議されて、非常に前向きな発言をされていらっしゃるわけですけれども、補償の必要性は考えていらっしゃるでしょうか。そのしかるべき措置というのはどういう方法で、何らかの誠意を示さなきゃならないという点についてどういうふうにお考えになっていらっしゃいますでしょうか。

○国務大臣(渡辺美智雄君) 私は、この問題は法律論争を幾らやっておっても、これはもう平行線である、補償問題はこれは請求権は放棄、これは両国政府は取り合わない、したがって国際法上は決着済み、これが政府の基本的立場だろうと思います。

しかしながら、現実の政治問題として、そういうような慰安婦問題というのが新しく出てきて、それで非常な悲惨なことではあるが、戦争というものは常にそういうものがつきもので、殺された人もあれば、まことに残念なことだが、片手をとられたとか傷ついた人とかいろいろある。しかしながら、そういう方々には、軍人軍属の場合は相手国政府が何らかの措置をとってありますと。たまたま同じ従軍という名のもとで強制的に連れていかれたのかどうか実態よくわかりませんが、軍が関与をして、そういうような今いろいろお話があったようないきさつの中で慰安所というものがあった、従軍をしてきた人もいた。これもいろいろ本当に何といいますか、先ほど日本の吉原がどうとかこうとかという読み上げた中にもありましたが、当時は売春防止法もありませんから、そういうようなところから連れていかれた方とそうでない方があるいはあるのかもしらぬ。それらは実態を見なければよくわからないんです、実際のところが。

しかし、これは何か解決をしたければ、政治問題になっていることは事実ですから、事実は事実、しかし個々にやるといってもこれもまた非常に難しい問題だと私は思います。人を特定するということが非常に困難。じゃ三人とか五人とかという訴え出た人はそれはわかるかもしらぬけれども、それ以外の人は、訴えたい人はわからないからいいということにはなかなかこれはもう難しい問題だなと。だから何とか実態をまずきちっとつかんだ上で、何か慰安といいますか慰霊といいますか、何かおわびのしるしというか、そういうことは何か考えなければなるまい(ママ)という感じですかねという話を衆議院でしたんです。

[...]

○清水澄子君 [...]これまでの調査の仕方は非常に不十分だと思います。

それから、旧朝鮮総督府関係の資料とか旧内務省関係の資料、憲兵隊関係の資料などがまだ調査をされておりません。

そしてまた、きょう参考人としてお願いをした元山口県労務報国会動員部長の吉田清治さんなどは、本当に非常に具体的な体験を持っていらっしゃるわけです。それからまた、今名のり出ている元従軍慰安婦の方々からの事実関係というのは参考になります。その方々の話を聞きますと、まるで私どもは慰安婦という仕事だけかなと思っていましたけれども、お伺いしますと看護婦の仕事もさせられた、しかも赤十字の帽子をつけて、それをかぶらされて一カ月間いろんな訓練を受けて看護婦もやらされたという報告も聞いております。ですから、そういう実際に体験した方から事実関係のヒアリングを私は積極的に行っていく、そういう姿勢がなければ本当の実態は解明できないと思うわけです。

ですから、ぜひ今後の調査の中で、この従軍慰安婦や強制運(ママ)に関する政府所管資料をもっと全面的に調査され、体験者からもお話を聞かれて、そしてその資料を全面的に私は公開をしていただきたいと思いますし、またこの事実関係を徹底的に明らかにしていく、そういう真剣な取り組みに努力した上で、私は被害者の心に届くような謝罪とそして補償、救済措置を講じてほしいと思いますけれども、官房長官はその責任者ですが、その御決意いかがでございますか。

○国務大臣(加藤紘一君) 先ほど外務大臣から御答弁いただいたとおりでございます。

まず、事実関係を誠心誠意調べていかなければならないと思っております。そしてまた法的措置の問題、補償の問題は、総理大臣が申されましたように、これは法的には決着済みですが、しかしそれは訴権を害するものではありませんから、それの訴訟の成り行きを見ていかなければならない。しかし同時に我々は、この間総理の訪韓によって謝罪の気持ちをあらわしたわけでございますし、また当時の方々の筆舌に尽くしがたい辛苦というものを考えれば何らかの措置というものを考えられないか、そういう骨組みで考えていきたいと思っております。そのためにも当時の事情がどうであったのか、そしてそれにかわる何らかの措置というものをどう考えていったらいいのか、それについて真剣に検討していきたいと思っております。

[...]

次に、今ジュネーブで開かれております国連人権委員会で、NGOの国際教育開発協会の代表の方が、二月十七日にこの慰安婦問題を取り上げておりますし、それから二月二十五日には、韓国の女性団体が国連人権委員会にこの問題について申し立てをしております。また、今韓国内での従軍慰安婦の申告されている数が三月二日現在で百九十四人申告をされております。元慰安婦という方は六十八人、勤労挺身隊という方が八十六人、行方不明が四十人という、これは三月二日の数字ですけれども、こういうふうにまだ韓国の中でだんだん広がりが出てまいります

そこに加えて、今度台湾からやはり私は女性団体の訪問を受けたわけですが、そしてここに慰安婦の「慰」を入れ墨されたという女性にも会っているわけですけれども、そういう台湾、フィリピンの女性団体も今共同して国連人権委員会に提起をするという動きが出ているわけでございます。今や従軍慰安婦問題というのは、韓国、朝鮮との外交問題だけではなくなりつつある。世界は今、日本がさきの戦争で犯した、そしていまだに償おうとしない戦争と植民地支配の被害者、特に慰安婦にされた女性への深刻な生命と人権の侵害に対してみんなが注目をしております。

総理は、国際的な女性の人権問題に発展をしてきた従軍慰安婦問題をどう見ておられるのか、先ほどのお考えで私は国際的に通用しなくなるんじゃないか、このことを心配しておりますけれども、どうぞ御見解をお述べいただきたいと思います。

[..]

○清水澄子君 時間がなくて論争できませんけれども、日本人の女性を慰安婦にしたことにも私は非常に大きな問題があると思っております。しかし、朝鮮の女性たちにはさらに植民地支配という、そういうやはり民族的な支配と差別があったという、この問題は私たちはやっぱり反省しなきゃいけないと思うわけですね。それが、何か戦争一般論でこのお話をしていらっしゃるところに、私は、この問題の深刻な取り組みなり事態の受けとめ方がやっぱり弱いんじゃないかと非常に心配をしております。

[...]

12 件のコメント:

  1. 下記のyoutube動画は一見の価値があります。お題の話と絡めて考えると更に面白い。やはり、宮沢首相は------にハメられた?

    言論アリーナ:朝日新聞誤報事件 本当の黒幕は他にいる!?
    http://www.youtube.com/watch?v=Vfn4Z3A8X8U

    返信削除
    返信
    1. 週刊文春か新潮の記事だったと思いますが、市川氏は池上彰氏の記事を掲載するよう進言したと書いてありましたね。不掲載を決めたのは彼の上司だったと。池田氏も最近やや軽率な発言が多いような・・・。

      削除
    2. >池田氏も最近やや軽率な発言が多いような・・・

      そうでしょうかねえ。池田氏の指摘のポイントは、植村隆も高木健一も歩兵であって、朝日の慰安婦キャンペーンには、黒幕の首謀者がいるというものです。で、このキャンペーンには、単に慰安婦問題のみに留まらない、どす黒い陰謀が隠れているというものです。

      2014年の現在の状況から見ると、この仮説に多くの人がまさか…と思うのは当然です。が、吉田清冶が大阪で講演をして、その「初めての加害者証言」の記事が朝日大阪本社版に掲載された1982年の情勢を念頭に置けば、私は池田氏の仮説は充分ありうると思っていますし、可能性として排除しません。ひょっとすると、吉田清冶も北朝鮮の工作機関が放った対日工作員だったかも。

      考えてもみてください。1980年前後は、日本人拉致が盛んだった頃です。全斗煥大統領の命を狙ったラングーン事件は83年、ソウル五輪かく乱を狙った大韓航空機爆破事件が87年です。日本人拉致の目的は、北朝鮮のスパイが日本人に成りすまして世界各国で暗躍するためでした。そのために日本の街そっくりのセットまで作って、日本の習慣と日本語に習熟したスパイを養成していた事実は金賢姫の証言から明らかになっています。その後、東欧では北朝鮮の大使館員は事実上の工作員で、麻薬の販売をやっていた。ミサイルや核開発のように今日の問題につながる基礎技術も、この頃からパキスタンあたりと取引をやっていたと見るべきです。北朝鮮は我々が普通にイメージする国家ではない。山賊・馬賊・匪族の類と考えるべきです。非合法で常識はずれなことも平気でやる。

      で、日本だけ金日成・金正日親子の謀略の埒外だったと言い切れるだろうか。むしろ、日本こそ、北が手を突っ込んで、何らかの形でカネを得る「宝の山」だったはず。

      1980年というのは、私が大学を出て就職をした年なので当時の記憶が比較的鮮明なのですが、金日成に日々老衰の兆が現れ、金正日が徐々に権力の中枢に登場してきた頃です。

      北朝鮮は軍事的に既に韓国を占領できない状態になっていて、親父ほど権威のない金正日が政治的基盤を固めるには、反対派の粛清はいわずもがなですが、それだけではだめで、自派の懐柔のためにカネが幾らあっても足りない。この場合、「カネが必要」とは国庫のことではないですよ。金正日が自由に使える「金王朝皇室会計」のことです。

      90年代に入ると、日本の側から拉致被害の事を北に持ちかけるようになっていて、そのカウンターとして「日本も多数の朝鮮人を強制連行したじゃないか」と北朝鮮が言い出すようになっていた。「20万人」の強制連行という数字を私が初めて聞いたのは、拉致事件交渉の過程で北朝鮮の外交官の口からだったと記憶します。だからこそ、自分のHPにも、こんなことを書いているわけですよ。
      http://www.howitzer.jp/korea/page16.html

      宮沢訪韓前後の新聞記事は、当時は仕事が忙しくて全く眼中になく、見ていません。だから、TVニュースの一場面で北朝鮮の外交官がしゃべった内容だけが記憶に残っている。「時代が50年も経っているんだよ、バカヤロー」とか思っていた。

      反故にはなったけれども、02年の平壌宣言も、かなりの経済援助が謳われているし、拉致被害者を10人ばかり取り返した04年の小泉訪朝も、ウラで相当のカネが動いたと思います。多分、当時、破綻状態にあったハナ銀行に、多額の公的資金を注入するという形でね。注入された公的資金を返さないなら日本から見れば捨て金と同じになってしまうが、何の見返りもなくタダで拉致被害者を返す金正日ではないと思うのですよね。

      (ちょっと休んでから、続篇につなげます。)

      削除
    3. 徴用賠償金が目的だったという説。金丸1兆円を取りはぐれた北朝鮮が首謀者と言うが、賠償金は韓国が得る。朝日が北と主張が同じだったからと言って北の指令に従ったとは言えない。「仮定すると説明が付いてしまう」と言うが、何の説明も付いていない。推測にすらなっていない。

      相関図や事実関係を知るのには役に立ったが、この主張を真に受ける者が出てくるからネトウヨと馬鹿にされる。

      削除
  2. 話がそれましたが、80年台初頭から今に至る朝日新聞の行動を見ると、まるで中国共産党か朝鮮労働党の代弁者のようで、ちょっと異常だと思うのですよ。

    植村がどういういきさつで嫁を娶ったか知りませんけどね、義母との関係が偶然の産物とは考えにくい。敢えて言うなら、女を使ったたらしこみじゃないか。

    70年代半ばから平壌にいる日航よど号ハイジャック事件の犯人グループだって、地元の北朝鮮女性と結婚しているのではなくて、日本人の妻らを迎えて子どもまで作っているわけで、20代前半の独身の頃に飛行機をハイジャックして北朝鮮に渡り、日本に来たら空港で即逮捕の彼らが、どこでどうして日本の女と知り合ったのかワケワカラン。金日成が主体思想に共鳴して一生も差し出す覚悟の女どもを日本で募り、連中にあてがったと見るのか自然でしょう。つまり、この女らも慰安婦というわけ。

    大阪に植村(とその黒幕)がいて、東京には国際女性戦犯法廷で有名になる松井やよりがいた。朝日で「中国の旅」を連載して南京大虐殺を世に宣伝した本多勝一は、松井やよりと共に朝日で育った三流ルポライターというかプロパガンディストですわな。

    ちょっと、出来すぎている。やはり、ある時点から朝日新聞は、中共や朝鮮労働党が手を突っ込んで自家薬籠中に収めたと見るのが、ごく自然じゃないでしょうかね。その動機としては、1)日米韓の西側連合の分断、2)何らかの形で日本からカネをふんだくる、3)日本軍国主義批判で国民の不満を日本に向けさせ自己の延命を図る、など充分に考えられる。

    軍事的攻撃で日本を占領できない代わりに、連中はマスコミと教育界を狙って攻撃を仕掛けてきた、ということではないでしょうか。

    (更に続く)

    返信削除
  3. そういうふうに考えてくると、池田氏の仮説もあながち妄想とは言い切れないと思うのですよ。いずれにせよ、陰謀なり黒幕があるとしたら、その全貌を知っているのは植村なわけで、奴が自殺でもしたら全貌の解明に重大な齟齬をきたすことは間違いない。写真で見ると、いかにも気の弱そうな奴ですわ。奴の身辺にガードを付けることは急務だと思います。

    もう、ずいぶんと前の事ですが、私が鹿島に勤務していた頃、埼玉談合事件というのがあって、尊敬していた専務が逮捕されたり、元上司が自宅のマンションから飛び降り自殺したりで大変でした。

    黒沢明の映画に「黒い霧」という企業の疑獄事件を扱った作品があるのですが、あの時、この映画は空想ではなくてドキュメンタリーなのだと思いました。それで私も会社への忠誠心をまるで失ってしまってヒネクレ者になり会社を辞めた次第、というわけです。

    とまれ、植村がちゃんと生きていて、国会の参考人招致に呼ばれてきちんと受け答えをしたら、こんなに面白いことはないのですがね。

    (終り)

    返信削除
    返信
    1. >朝日新聞の行動を見ると、まるで中国共産党か朝鮮労働党の代弁者のようで

      彼らがどこまで自覚していたかは分かりませんが、中国や北朝鮮に利用されたのは間違いないでしょうね。それだけが動機とは言いませんが。

      細かい話ですが、植村氏は自分が付き合っていた相手が梁順任氏の娘だとは知らなかったという事です。娘は父方の名を名乗っていたので。義母が言っていることなので、真相は分かりませんが。

      削除
  4. 失礼。件の黒沢映画は「黒い霧」ではなく、「悪い奴ほどよく眠る」でした。

    国会が始まると、朝日の木村社長は参考人招致される可能性が高く、その前に辞職すると思います。現職の社長が国会に参考人招致されるのと、無役の前社長が呼ばれるのでは重みが違ってきますからね。

    こんなに開会が楽しみな国会は、これまで経験がないです。

    返信削除
  5. 山路 敬介2014年9月22日 7:02

    この記事は当時の状況から、現在のありさまにつながる多くの示唆に富んでいます。
    第一、政府は関与の否定などしていなかった。朝日は「政府は関与を否定しているが、関与の明白な証拠があった」などとして、政府の対応の不手際を国民に印象づけていった。こうした朝日のやり口は今も昔も変わりません。
    文章を巧みにあやつってプロパガンダする法匪ならぬ、「文匪」です。


    >彼女(清水議員)が日本人慰安婦の存在にも触れながら、朝鮮人慰安婦だけを問題にしているのは、やはり「強制連行の有無」と見ていいだろう。

    同意しますが、小生は「強制連行」の有無は清水にとって政府をやりこめ、政策を変えさせる絶対的な決め手としてのツールにすぎない、という見方をしています。
    事の本質は、
    >しかし、朝鮮の女性たちにはさらに植民地支配という、そういうやはり民族的な支配と差別があったという、この問題は私たちはやっぱり反省しなきゃいけない~

    この発言にあるんじゃないでしょうか?
    慰安婦調達の時点においてすでに「民族的な支配と差別」を持ち出しますが、これが本音、根本の部分でしょう。
    ブログ主様の考えもお聞きしたいのですが、これは官僚側と社会党の歴史観の相違に基づくのではないですか。
    それを政府自民党は自覚せず、あるいは回避しようとして政治決着を図ろうとしたところに、この問題をここまでにしてしまった根源があるんではないでしょうか。
    ちょっと話はかわりますが、パク・ユハ教授なんかが勘違いされて日本で一部の保守派からさえも受けていますが、あれもよく読むと完全に韓国側の歴史観に基づいたもので、当時の事実とかけ離れた前提なんですね。
    その意味で当時の社会党といくらも変わりません。事実は帝国主義の問題などではなく、貧困と朝鮮独特の(当時の日本よりさらに強烈な)いきすぎた儒教に基づいた家父長制度が原因でしょう。
    我々はもっと朝鮮統治の36年間がどういうものであったかをつぶさに勉強すべきで、そこにこそこの問題の鍵があると思います。





    返信削除
    返信
    1. >官僚側と社会党の歴史観の相違に基づくのではないですか。

      私は、官僚や内閣の側にも同じ意識があったのではないかと思っています。外務大臣の答弁を見ても。

      けっきょく、慰安婦問題は、朝鮮人強制連行問題の延長線上にあり、戦後支配的だった歴史観の中で政府も判断を誤ってしまったということではないでしょうか?

      >パク・ユハ教授

      中央公論に寄稿した文章ですね?あれについては、自分も感想を書くつもりです。

      削除
  6. 山路 敬介2014年9月22日 7:27

    ところでブログ主様の、
    >池田氏も最近やや軽率な発言が多いような・・・。

    という見方についてですが、私も同様に合理主義の権化のような池田氏にしては、あれッと思わないでもありませんでした。これまでの池田氏とは少し違う印象を持ちましたし、今の状況では北と結びつけるファクトが少々足らないような気もします。
    ただ、上で喪黒福造氏が言われているように、北のこれまでの動向を勉強すればするほど、この問題に対する北の役割は疑わざるを得ないんですね。
    青山繁晴氏あたりははっきりと、この問題は北が根源である、と言っています。
    (ただし、根拠は示していませんが)
    また、西岡力教授は慎重な言い回しながら、金正日の指令を根拠においています。西岡教授は「日韓誤解の深遠」や「韓国分裂」などの著作にもありましたように、北の韓国への思想的、政権内部への浸透をあげています。
    池田説はさらに敷衍してこうした北の狙いが日本の親北勢力=朝日に浸透しているというものですが、かなり有力なファクトをなにか知ってるんじゃないかとハラハラと期待しています。
    注目して毎日覗いているんですが、以来関連記事が出ていませんが。

    返信削除
    返信
    1. >ファクトが少々足らないような気もします。

      そうなんですよね。私も色々思う事はありますが、無名のブロガーでも証拠のないことには相当慎重になります。

      削除