2014/09/29

将校たちが身請けした慰安婦 「救出せよ、一人残らず答えた」

長谷川伸

劇作家長谷川伸が記した中国の三竃島でのこの話。著者の手が入っているのか、実際に見たままを書き記したものか、自分には分からない。だが、あまりに生々しい情景はノンフィクションとして十分に説得力を持つように思える。

ここに記された慰安婦の姿は複雑である。彼女たちは、金稼ぎの為に追い返されても再び戦地へ舞い戻ってくるプロの売春婦であると同時に、(元々は)騙されて連れて来られた気の毒な人々でもあった。そして、甘言で慰安婦にされたらしい処女を救出するのに、軍人たちは契約内容を確認し、カンパを募り落籍の資金を作ってやらねばならなかった。このカンパには阿部弘毅司令官までが協力している。部隊中の慰安所関係の担当者が主計中佐に叱られているが、契約書は正式な物であったようである。

慰安婦には玄人の女が向いているとか、「初めは将校向きの五円の女を希望するが、ほどなく下士官兵向きか徴用工向きの二円の女に転向したがる。・・・二円の女だと荒稼ぎが出来るから」という話も、最近の作られたセックス・スレイブのイメージからは想像し難いが、千田夏光が集めた証言の中にも同様の話があったと記憶している(要確認)。慰安婦は台湾などで募集された者らであったという。

事実残存抄                  

華南の真っ只中にある三竈島に、数日私はいたことがある。昭和の大戦がまだ太平洋戦争に突入しなかった、昭和十三年十一月下旬であったと思う。この島の雨はふとさが細引き縄ぐらいあり、たちまちのうちにそこら中が海のごとくなるほどの降雨量であると、上陸した途端に海軍の士官に聞かされ、また、ここは百歩蛇・コブラのような毒蛇七種がいると、道案内の海軍下士官におどかされた。

[...]

しかし私たち数人の小説戯曲映画関係のものは、幸いに縄のような雨や百歩蛇や胴まわりが四斗樽ぐらいの大蛇などには、お目にかからないで済んだ。

この島で私たちの世話をしてくれたのは、詩人の主計中佐(後に大佐)矢野兼武であった。その矢野中佐に頼んで私と他に一両人が、同島に出来ている三種の売女がいるところを視察につれて行ってもらった。

[...]

その見送りの一般日本人とは別なところに、一群の女がいて、あるものは笑って嬌声ともども手を挙げ、ハンカチを振り、手拭を振り、あるものはトラさんとか、杉村さんとか呼びかけ、呼んだ軍夫君が振りむいて、手をあげたり袋入りの日本刀をあげて見せたりすると、女は涙を頬に走らせて再び呼びかけるのが、明かに別離を惜しむものであること、疑う余地がなかった。その女たちが遠目にも白粉臭い女とわかり、かつ服装がやや正常を欠いてケバケバしいので、居合わした下士官に尋ねたら、あれは慰安所の女でありますと答えた。それ以来、私たちは戦地には慰安所の女というものがあるのを知っていたので、この島にもそれがあるのをちらりと見かけ、矢野中佐に案内を頼んだという訳であった。

ここが士官用の慰安所ですと矢野中佐がつれて行ったところは中国風家屋に手を少し入れて無理やり日本的にした家で、白粉の女たちは一人も顔をみせなかった。がしかし私は、入口の壁に鉛筆で、「泣かせてよ泣かせてよ、泣かずにいられないわたしじゃないの」と書いてあるのを見た。

慰安所の宿舎に女がいないのを、矢野兼武中佐は、きょうは検査日で、ただ今がその折柄ですと説明した。

ここは下士官兵の慰安所女の宿舎ですと、矢野がいいながら門口に近づくより早く、宿舎の奥から飛び出して来た芸者くずれらしい大年増の女が、「主計長さんまた帰って参りました。どうぞよろしく」と立ち身のままで挨拶した。矢野は「今度はゴタゴタを起さんでくれ」といった。この女の引っかけていた黒縮緬の羽織の紋が汚れていた。とまた、もう一人、二十六、七歳の女が赤大名のお召の袷に、二本独鈷の伊達巻で出てきて、「また来ちまいました」といって、人を食った笑い方をしてみせた。このどちらの女も、私どもには用がないので無視してかかっていた。矢野は「君も来たのか、今度はおとなしくしろ」と歎息まじりにいった。

あとで聞いたところによると、きのう来たばかりの黒縮緬古羽織の女は、抱え主を困らせることが達考で、こんな時にこんな島へ女をつれて来るほどの抱え主が、何に彼につけて阿婆ずれの巧みさに負かされるので、遂に金をいくらかやって、募集地の台湾まで帰ってもらったのだという。

赤大名の女の方は、仲間の女の間に波瀾を起させるのが上手で、そのテにかかって、陰性と陽性と二種の喧嘩が、当番交代のようにたびたび起るので、抱え主が往生して、これも募集地の台湾まで帰した。それがやって来たのは、台湾でまたもこの募集に応じたので、偶然というものがやる奇妙さで、もとのこの島へ舞戻ったのだという。

この種の女はそのとき二十余人いたが、数週間の後に、約十人やって来ると、これは徴用工と下士官兵のうちの或る二、三人がいったことである。女の名を呼ぶことは非公式だが禁止してある、その代り番号で呼ぶ。しかし、十三番の女のことを客の男はジュサ(十三)ちゃんと呼び、二十三番の女のことはおフミ(二三)さんと呼ぶ、という式でやっているので、女の名を呼ばせないという趣意は無効になっている。女の名を呼ばせないのは、情意の深入りをふせぐためであるとか聞いた。ところが、非情な番号を人人は、有情な呼び名に呼び改めたのだから、何もならない。

将校は五円の入場券がいる。下士官兵と徴用工の入場券ぱおなじく二円で、夜十時になると銅羅を打って、その打ち終りと同時にこの種の女のすることは、ことごとく止めとなる。行間はもちろんこの種のところは閉鎖し、夕食時から開店だそうである。

 [...]

女の前借金は多きは千二、三百円で、少ないのは五、六百円である。募集は台湾基隆とか高雄とかでやるが、実際に女を集めるのは、募集の特約者で、つのりに応じてくる女も勧誘の手をのばす相手の女も、俗にいう玄人がいいとされている。素人は戦地向げのタマには適さないという、例外はある由。前借金のもっとも少ないのは百円の飯焚きである由。

こうした者たちは、初めは将校向きの五円の女を希望するが、ほどなく下士官兵向きか徴用工向きの二円の女に転向したがる。五円の女では相手が少数で稼ぎ高が低い。相手が人多数の二円の女だと荒稼ぎが出来るからだという。女の手取りは五円も二円も率は一つで、二円の女でいえは半分の一円は前借金へ入れ、残る半分の一円が手取りとなる、とこう聞かされたが、表面はそうだろうが、陰では勘定が別にあるらしかった

私どもが南シナ海で短時日のうちに、二度も乗せてもらった紀州の第二江口丸という

海上トラックの船長が、今いったような女たちをあわれんでいった。

「ああいう女たちはみんなだまされて来ているのでねえ、この船でつれて来た女たちの顔というものが、当分のうち眼に残りましてねえ」

[...]

前にいった三竈島に再びやって来た二人の泥水を飲みつづけて来たらしい女達と、一つ船で来た二十歳の女があった。島へあがってすぐ軍医が、同時にやって来た女だちと同様に、検査をやったところ、軍医はその二十歳の娘が意外にも処女であることを知った。驚いたがそれを色にも出さなかった。

それから暫くし正午になり、食事にかかる前に矢野兼武(主計)中佐は、軍医から相談をかけられた。午前中に検診した慰安所の女のうち一人の処女がいる。これをおれはおれの良心に問うたところ、お前がその女を助けないでだれが助けるか、その女が処女であることを知っているものはお前だけではないかと答えた。そこでおれは助ける決心をつけたが、方法がわからないのみならず、救出に必要の金も、おれが受取る戦時加算付きの今月分では足らぬらしい。こういう時はどうすればいいのか、相談に乗れ、というのである。矢野はよろしいと引受けた。

昼食がすむと矢野が、食卓についたそのときの将校たちに呼びかけ、今日午前中に軍医によりて発見された娘を、救出するか放置するかを問うたところ、救出せよと一人残らず答えた。無論、この答えを求める前に、軍医の臨床報告と所感とが述べられたのである。

救出資金がみるみる矢野の軍帽の中へ集まった。軍医はその月の受取り分をそっくり出した。集まったそのときの総額は、確か八百何円かであったと憶えているが正確を欠いている気もする。矢野は時を移さず、慰安所関係の責任者と、女の監督や金銭収支の担当者を、司令部の主計長室に呼び、軍医の検診報告書をつきつけ、生娘をこんなところへ持ってくるからは話に聞く誘惑の嫌疑をかけると叱りつけ、娘に関する書類一切の即時提出をもとめ、その書類を検討して、前借金返済の金額をその場で決め、娘の身柄を酒保の責任者に預けた。悪い仲介人があって売り飛ばされたこの娘は喜びのあまり、顔をくちゃくちゃにして泣いたこと、いうまでもない。

矢野は第十四空防備の中少尉以下の寄付金は断わったが、司令阿部弘毅少将はじめ、大尉以上の寄付金を受けて、救出資金は満額を超えた。超えた方の金はその娘の新出発の資金にさせた。この娘がこの島を去るとき、莫蓮とか阿婆摺れとが人もいい私もいった慰安所女が、わがことの如く泣いて喜び、帰って後の身のもち方について助言するのを見ていると、姉か従姉に違いない真実さが溢れていた。そしてその次の時間には、莫蓮女になり阿婆摺れ女となる。

この島にも水兵中に悪徒がいて、夜中に原住民の家に押入り、強盗した外に、女を汚して逃げたイヤな事件が起っていた。この犯人は当夜の風紀衛兵の責任者であった兵曹が、夜が明けて二、三時間の中に捕えた。犯人は佐世保で後に重く罰せられた

[...]

矢野はその後、茨城県の航空隊に転じ、それは短期で、東南方の戦場へ出ていった。矢野には『十二月八日未明』(仮題)という真珠湾攻撃前を描いた戯曲と『海戦後の筏』(仮題)という珊瑚海戦を描いた戯曲とがある。私たちが知っているこの二つの原稿は、矢野の最後の任地の室に置いてあったのではないかと思う。矢野のその室には私たちが贈った伊東深水作の美人画があった筈である。この方は英・豪・米どこかの者が、記念品に持ち去ったことであろうが、戯曲の原稿の方は見棄てられたことだろう。矢野はサイパン島にかりの宿を求めたその日、そこで戦死した。大佐であった。

生きている小説 長谷川伸 P.101-110

15 件のコメント:

  1. この話を以前に読んだ気がして、探しておりました。
    よろしければ、原文がどこでよめるか教えて頂ければ幸いです。

    しかし、日本を貶める方の中には、
    騙された慰安婦を全て探して故郷に返し、関係者を処分すべきで
    それをしなかった日本の管理責任を問う意見もありますが、
    それをどのように私の中で位置づけるか、そこが悩みどころです。

    処女でもない限り、戦地での告発は難しかったとみるべきか。
    それとも、業者ぐるみ騙しの輪のなかにいたとみるべきか。
    NYTの記者などは、後者の認識なのでしょうが。

    返信削除
    返信
    1. 長谷川伸の 「生きている小説」の中にあります。文末にamazonへリンクを張っておきました(中公文庫版)。

      宮尾登美子の本の中には、慰安婦ではありませんが、自らの意思で遠く中国大陸まで行きながら、現地に着いてからゴネる者もおり、警察官が業者と女の間で板ばさみになるといった話があったように記憶しています。最終的には契約書がものを言う世界なのでしょう。

      >NYTの記者などは、後者の認識なのでしょうが。

      T記者のことですか?あの方はそうは思っていないでしょう。あの人は確信犯です。

      削除
  2. こんにちは

    毎日、貴重な情報ありがとうございます。

    さっそくですが、本記事にも関連して、下引用【1】、2チャンネルで最近目にした記事ですが、ご存知かもしれず、また、既出かもしれませんが、ご参考までにと思い。

    原典に当たっていないので、正確な引用かどうかは未確認ですが、正確であると仮定して、この記事を書いた記者の感想を除き、事実と思われる事項を抽出するなら、

    1)騙された少女たちは、憲兵隊によって、当人たちの納得のうえ別の職をあてがわれた可能性がある。

    2)騙された女性も、不本意にせよ売春業への就業に(本当の理由は分らないが)外形上同意、納得していた可能性がある。

    といったところでしょうか。

    その上で、本ブログ記事、および、上の方のコメントにも関連して、騙されたとされる事案について、実態はどうだったのかですが、その辺のところ、余り学術的調査、研究も進んでいないようにも思われ、軽はずみな結論を出すべきではないようにも思えるのですが、その一方で、下引用のような事案も含めて、以下のような推論も十分に成り立つということはないでしょうか?


    まず、女性側が騙されたと証言している場合においても、秦郁彦『慰安婦と戦場の性』の第6章にも取り上げられていた、いわゆる「女郎の身の上話」の類である可能性 ( この可能性については、以前、別の記事でコメントさせて頂きました )

    また、騙された事実があったとしても、女性側も、そうした詐欺、、、というか裏がある話と薄々気づいて、そうしたことなることも前提に応募していた可能性。
    ( 文玉珠さんの例。同書(183頁)によれば、連れてこられた女性の一部は「騙された」と業者に抗議したが、彼女も含め少なからず裏のある話であると事前に察していた可能性 )

    一方、仮に本人は全く騙されていたとしても、親には「この人の言う事をよく聞くように」と諭されて送り出されたりしてて、騙されたと悟ったときにも( 親もそのことは承知の可能性もあり )親の借金のためと思い不本意ながら、慰安婦業に従事する判断をした可能性

    更に、帰郷しても貧困の中で一家離散、餓死するくらいならと思い、不本意ながら、慰安婦業に従事する判断をした可能性( 同書38頁 )

    他方、騙されたので慰安婦業は絶対に嫌だという場合には、下引用の記事にも有る通り、憲兵などがそれなりの対応をした可能性( そうした例は、同書にも散見される訳ですが )

    また、慰安婦として就業した場合においても、旧日本軍側の業者に対する監督によって、借金については1,2年で完済して、あとは貯金して帰郷したり現地で結婚したりして、「人身売買」とか「奴隷」と呼ぶのが妥当だとは思われないような扱いを受けていた可能性。
    実際、例の米軍報告書でも、1942年夏頃に慰安婦登録をした女性たちの一部は1943年後半には借金を完済していたの記事ありますし、結婚の話もありますし( 同書にも同様な話が関係者の証言として漢口の例で挙げられている )。
    因みに、下引用記事、上記の文玉珠さんの例、そして米軍報告書の例、いずれも、同時期(1942年夏頃)のビルマの事案ですね。

    なお、騙されたとされる案件について、旧日本軍が認識しても対応が簡単ではなかったかもしれない理由としては、hazamaさんの指摘のような確信犯的?なゴネの他に、ひとつには前借金をどうするか、もうひとつは親は了解していた可能性がある場合などが挙げられるのではないでしょうか?( 仮に、そうした場合には、旧日本軍側が( 本人を無条件に帰郷させるとか )十分な対応をとれなかったとしても一概には非難はしがたいでしょうし 、、、とうか、そうした場合、本人を無条件に帰郷させた場合、事態は一層悪くなる可能性もある訳ですし )

    いずれにせよ、以上、騙されたとする事案については、その実態を解明する余地はまだまだ残されているようにも感じられ、「騙された」との事実があることだけをもってして旧日本軍側の責任を一方的に追及できるのかどうか、、、この辺、実態を明らかにして、欧米側に具体的に( 一般の公娼制度でのケースとは異なり、旧日本軍側が慰安婦の女性に様々な便宜を図っていた可能性のある実態を )説明していけば理解を得られる可能性は十分にあるようにも思えるのですが

    、、、いずれにせよ、下引用記事、ご参考までにということで失礼致しました。

    【1】
    ※出典 小俣行男著『戦場と記者 - 日華事変、太平洋戦争従軍記』冬樹社(1967年)より

    「読売新聞の従軍記者 小俣行男氏の記録」 
    1942年5月か6月頃 ビルマ(現ミャンマー)

    (朝到着した貨物船で、朝鮮の女が四、五十名上陸したと聞き、彼女らの宿舎にのりこんだとき)
    私の相手になったのは23、4歳の女だった。日本語は上手かった。公学校で先生をしていたと言った。
    「学校の先生がどうしてこんなところにやってきたのか」と聞くと、彼女は本当に口惜しそうにこういった。
    「私たちはだまされたのです。東京の軍需工場へ行くという話しで募集がありました。
    私は東京に行ってみたかったので、応募しました。仁川沖に泊まっていた船に乗り込んだところ、
    東京に行かず南へ南へとやってきて、着いたところはシンガポールでした。そこで半分くらいがおろされて、
    私たちはビルマに連れて来られたのです。歩いて帰るわけに行かず逃げることもできません。
    私たちはあきらめています。ただ、可哀そうなのは何も知らない娘達です。16、7の娘が8人にいます。
    この商売は嫌だと泣いています。助ける方法はありませんか」

    考えた末に憲兵隊に逃げこんで訴えるという方法を教えたが、憲兵がはたして助けるかどうか自信はなかった。
    結局、8人の少女は憲兵隊に救いを求めた。憲兵隊は始末に困ったが、将校クラブに勤めるようになったという。
    しかし、将校クラブ(将校専用の慰安所)がけっして安全なところでないことは戦地の常識である。
    その後この少女たちはどうなったろうか。

    返信削除
    返信
    1. おっしゃるように、騙されたと申し出たケースでも色々だったはずです。また、軍が強制的に送り返したとしても借金は残るわけで、そうなると娘はその道に戻らざるを得ない。二三年で年季が明けるという好条件が軍の慰安所以外であったのかどうか、それを考えると・・・。

      『戦場と記者 - 日華事変、太平洋戦争従軍記』について、ありがとうございました。

      削除
  3. 生娘は売春婦になれないという国内法はないはず。飢饉で色街に売られた東北の農民の娘に生娘はいなかったのでしょうか?何を根拠に救出したのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 法的に禁止されたという話ではないでしょ。
      人情として戦地の慰安婦は厳しいので、経験者のほうが向いているということ。
      それに、だましたという恐れがあるので助けてやろうというのだが、正規の契約書がある以上、お金を出して違約金を払う必要があったわけで、軍がすべて管理しているなら、指令が命令出してけりがつく。
       それを前借金返済との交渉から入っているということは、明らかな商行為です。

      削除
  4. 「生娘をこんなところへ持ってくるからは話に聞く誘惑の嫌疑をかけると叱りつけ、娘に関する書類一切の即時提出をもとめ、」娘に関する書類とはなんでしょうか?どのような書類の提出を求められて、慰安婦として軍内あるいは軍関係で働くことを認めていたのでしょうか?軍関与の証拠だと朝日新聞ならいうでしょうが、商売人を軍内に抱える時に審査や認可があるのは当たり前のことです。

    返信削除
  5. 質問の意味が不明?
    軍内に抱えなくとも、戦地では軍が警察機能も兼務するので、風俗営業の取締してただけでしょ。

    返信削除
  6. >娘に関する書類とはなんでしょうか?

    吉見義明 (編)従軍慰安婦資料集に色々載っています。

    業者の側にも言い分はありそうですね。

    返信削除
  7. 匿名という名前にしたはずだが定かではない2014年10月29日 11:00

    まだこんな事をやってるの?
    ●慰安所経営者は、「軍属」または「軍属待遇」
    ●慰安所は、軍の兵站後方施設である。(永井論文による)(公文資料)
    ●慰安婦は「軍従属者」として扱われる。(公文資料)
    ●『海の家』という元慰安所経営者の息子(本人も手伝っていた)によると、上海海軍の慰安婦も「軍属」の証明書を持っていたという。
    ●軍直接経営の慰安所では、軍人がそのまま帳場にたち経営。このような場合の「慰安婦」は、あきらかに軍に直接雇われていると言える。
    ●戦後議会では「無給軍属」と表現。

    これを単なる”風俗”扱いとは?無知にもほどがある。

    返信削除
    返信
    1. なら、阿部弘毅少将が国に帰れと一言言えば解決ですね。メデタシメデタシ。

      削除
  8. 匿名という名前にしたはずだが定かではない2014年10月29日 11:23

    「生きている小説」は、小林よしのりが「送り返した例」資料として使っていたが、小説でしかない。もちろん、単純な小説ではなくリアリティを出しているのは体験談や取材調査がなされているからだろう。しかしどこからどこまでが造り話か?はっきりしないのが問題。
    小説といえば『秘められた女の戦記1―太平洋戦争哀歌』というのもあるが、これは60年代に書かれた男の劣情を催すいわいるエロ本のたぐい。しかしそれなりのリアリティがあり、道具立てはちゃんと取材しているものと思われる。
    小説というのはリアリティを出すために工夫するものであり、完全に自伝小説だと分かっているもの以外は、リアル研究の題材にはなりにくい。

    返信削除
    返信
    1. 事実残存抄が小説(創作)だと言い切る根拠はなんですか?

      削除
  9. 匿名という名前にしたはずだが定かではない2014年11月4日 1:27

    正確には長谷川伸の 「生きている小説」は”小説のタネ集”。本人の体験ではなく、聞いた話をメモしたものと思われるが、どの程度ストーリーが入っているのかはわからない。いづれにせよ「口述筆記しただけの話は、公文資料の”裏付け”がないと信用することができない」というのが確か、君らの基準じゃなかったか?

    http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784122016934
    内容説明
    見聞のはしり書き、人の語った挿話の留め書き、読んだ新古の書籍からの抄記など、手控帖に書きとどめられた数多くの覚え書きから選ばれた、心にしみる生きた小説のタネ集。<


    返信削除
    返信
    1. >本人の体験ではなく

      貴方、読んでませんね。

      削除