2014/10/23

朝日元記者の勤務先脅迫男性逮捕


北星学園で非常勤講師を務める元朝日新聞記者とは植村隆帝塚山学院大教授とは清田治史元朝日新聞取締役のこと。植村は、これ以前にも神戸松蔭女子学院大学への再就職の話が潰されている

元朝日記者勤務の大学脅迫、新潟の64歳男逮捕

いわゆる従軍慰安婦報道に携わった元朝日新聞記者(56)が非常勤講師を務める北星学園大(札幌市厚別区)に今年9月、元記者の解雇を求める脅迫電話があった事件で、北海道警は23日、この電話をかけた疑いが強まったとして、新潟県燕市新生町、施設管理人上村勉容疑者(64)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。

読売 2014.10.23

北星学園大脅迫:北信越の男捜査へ 元朝日記者退職求める

朝日新聞の従軍慰安婦報道を巡り、元朝日新聞記者(56)が非常勤講師を務める北星学園大(札幌市厚別区)に今年9月、元記者を辞めさせなければ危害を大学に加えるとの脅迫電話がかかっていたことが捜査関係者への取材で分かった。電話の発信履歴などから北信越地方に住む男の関与が浮上し、警察当局は近く本格捜査に乗り出す方針を固めた。北星学園大と、別の元朝日新聞記者(67)が教授を務めていた帝塚山学院大(大阪狭山市)には同様の趣旨の脅迫文書が届いており、関連を慎重に調べる方針。

捜査関係者によると、脅迫電話は9月12日夕方、北星学園大の代表番号にあった。男の声で「(元記者を)まだ雇っているのか。ふざけるな。爆弾を仕掛けるぞ」との内容だった。男は一方的に怒鳴り、電話はすぐに切れたという。

一方、北星学園大への脅迫文書は5月29日と7月28日、学長や教授会などに宛てて複数郵送された。「非常勤講師を辞めさせなければ、天誅(てんちゅう)として学生を痛めつける。くぎを混ぜたガスボンベを爆発させる」などとパソコンで打ったとみられる文字で書かれ、茶封筒に計20本以上の虫ピンが入っていた。

更に、帝塚山学院大にも9月13日、「(別の元記者を)辞めさせなければ学生に痛い目に遭ってもらう。くぎを入れたガス爆弾を爆発させる」との脅迫文書が届いた。別の元記者は文書が届いた日に教授を辞職した。

北海道警と大阪府警は一連の脅迫について威力業務妨害などの疑いで捜査していた。

朝日新聞の従軍慰安婦報道を巡っては8月の特集記事で、韓国・済州島で女性を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の証言を虚偽と判断した。帝塚山学院大に勤めていた元記者がこの虚偽証言に関する記事を書いたとされていた。一方、北星学園大の非常勤講師の元記者も慰安婦報道に関わったとされた。

毎日 2014.10.23



追記: 同様の脅迫騒ぎが続いた。

北星学園大に白い粉入りの封書 

北海道警によると、従軍慰安婦報道に関係の朝日新聞元記者が非常勤講師の北星学園大に白い粉入り封書届く。

47ニュース(共同) 2014.10.31

慰安婦報道の元朝日記者、雇用せず「入試心配」

いわゆる従軍慰安婦報道に携わった元朝日新聞記者(56)が非常勤講師を務める北星学園大(札幌市厚別区)に脅迫電話があった事件などを巡り、同大の田村信一学長が学内の会議で、来年度から元記者を雇用しない方針を示していたことが、出席した大学関係者への取材で分かった。


複数の大学関係者によると、田村学長は29日の会議で、「財政的問題」「入学試験が心配」などの理由を挙げ、元記者を来年度から雇用しない意向を表明したという。11月5日の評議員会に諮問した後、理事会の意見聴取などを経て決定する見通し。脅迫電話や脅迫状に対応するため警備員の増員などで費用がかかったことや、新たな脅迫を懸念しての判断という。

同大には今年5月と7月、複数の虫ピンが同封された脅迫状が届いたほか、脅迫電話をかけたとして新潟県燕市の男(64)が北海道警に威力業務妨害容疑で逮捕されている。

同大は31日、読売新聞の取材に「最終的な決定ではないが、学生の安全を守ることを最重要事項として検討している。非常勤講師の雇用は個別の契約であり、これ以上の詳細は控える」と回答した。

読売 2014.10.31

こうした過剰なバッシングを牽制する動きも。

6 件のコメント:

  1. 朝日関係者100人以上に殺害予告 某記者が「身の危険」
    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/312795/

    ツイッター上にネット右翼による朝日新聞記者への悪質脅迫リストが登場し、丹治記者が苦言
    http://matome.naver.jp/odai/2141066644566009201

    当該アカウントは凍結されてるようですね。

    せっかく朝日新聞の見苦しさが露見しているのに、一番の敵は愚かな身内とか。

    返信削除
    返信
    1. こういう人は一定数必ず出て来ますから、そこまで計算しておかないといけませんね。安倍首相が、言論に対するテロは絶対に許さないと予め宣言するとか。

      削除
    2. かって、左翼を誹謗すれば全共闘などの標的になり恫喝された保守の言論人は山のようにいる。
      言論人なら戦うべきだと思うのだが、攻撃されるのは苦手と見える。
      恫喝は卑怯な手法だが、言論人にはつきものじゃないの?

      削除
    3. 匿名と呼ばれた男2014年12月8日 17:07

      >かって、左翼を誹謗すれば全共闘などの標的になり恫喝された保守の言論人は山のようにいる<

      今はほとんどいない。

      1990年ころ、その手の話は終わっている。
      ウヨクに脅迫される人間は山のようにいるが。

      削除
  2. 因果応報、と云っておきましょう。
    「誰それの祖父は強姦魔だった、人殺しだ」と書いたビラを町中に撒いたら、誰かが家に乗り込んでくるのは覚悟しなくちゃならない。
    太平記に出てくる地獄の風景:
    鬼が人を責めさいなんでいる。殴る、斬る、潰す、火であぶる。泣き喚く人に鬼がいう。
    「我らがおのれを責めるにあらず。おのれが罪、おのれを責めるのだ」

    返信削除
  3. 匿名と呼ばれた男2014年12月8日 17:04

    日本軍にソ連軍やドイツ軍と同様に強姦が多かったことは、近現代専門の歴史家なら誰でも認めている事実に他ならない。

    単なる事実を事実として認めるべきだな。

    返信削除