2015/04/07

韓国政府外交白書に反発「強制的に連行され傷を負った」


どこが、海外では女性の人権問題として捉えられているなのか。少なくとも韓国では・・・肝心の韓国は「強制的に連行」≒「強制連行」問題として扱っているのは火を見るより明らかである。

外交青書の“慰安婦”記述に韓国が非難声明

7日の閣議で報告された今年の「外交青書」の内容について韓国政府は反発し、在韓日本大使館のナンバー2を呼び出し抗議した。

外交青書には、いわゆる従軍慰安婦問題について「韓国が日本の対応を求めているが、政治問題、外交問題化させるべきではない」と記述されている。これに対し、韓国外務省の報道官は7日午後、「慰安婦の被害者が強制的に連行され傷を負ったという歴史は消すことも修正もできない」と非難する声明を発表した。

その上で、ドイツのメルケル首相が「ドイツには過去の残虐行為を記憶する責務がある」と述べたことを引き合いに出し、「ドイツがなぜ尊敬を受けているか日本は自問すべきだ」と主張した。

韓国外務省は7日午後、日本大使館の金杉総括公使を呼び出して抗議した。

日テレNEWS24 2015.4.7 [2]

4 件のコメント:

  1. 予定通りの行動だが、メルケル首相はそんなこと言ってなかったけどね。

    返信削除
    返信
    1. >「ドイツがなぜ尊敬を受けているか」

      ギリシャのクレームを一蹴したあの断固たる態度?

      削除
  2. 「ドイツを見習え」の虚構 ユーロがあぶり出すギリシャとドイツの戦後問題
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20150125-00042531/
    >「過去に目を閉ざす者は、結局のところ現在にも盲目となる」というヴァイツゼッカー大統領の戦後40年演説はあまりにも有名だが、際限のない賠償・補償請求を回避するため、ドイツは「謝罪」を行わず、人道的立場を貫いている。

    >しかし、ギリシャに対して「法的責任」も「道義的責任」も認めていない。

    しかし、ドイツがギリシャへの支払いがあったのは事実らしいですね。

    ギリシャ「ドイツへの戦時賠償額が決定した、36兆円だ!」 海外の反応。
    http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51886442.html

    >一方、ドイツは1960年に1億1500万ドイツマルクの支払いを行い、ギリシャへの義務を果たしたと繰り返し主張している。

    これは知りませんでした。よく言われる「ドイツが賠償したのはユダヤ人だけ」みたいなのも違うようですね。

    いずれにしても海外の反応もドイツ寄りみたいですね。

    返信削除
    返信
    1. >「ドイツが賠償したのはユダヤ人だけ」みたいなのも違うようですね。

      ネット右翼の言うことも当てにはなりませんねw

      削除