2015/10/16

[メモ] 安倍総理 「登録を阻止する」


こういう言い方は誤解を招かないだろうか?

特攻隊の遺書、従軍看護婦や慰安婦の記録が世界記憶遺産に登録されること自体は問題ではない。ただし、プロパガンダ目的で、印象操作を目的としてユネスコの権威を利用しようとしている中国に対しては、毅然として批判していかねばならない。それでも、「登録を阻止する」というのは、言い方として適切でない気がする。

安倍首相は、「南京事件」に続き、ユネスコ・世界記憶遺産への登録を目指す、いわゆる「従軍慰安婦」の資料について、「今回の経緯を検証し、2年後の審査で登録されることがないように、今から万全を尽くすことが大切だ」と自民党幹部に指示した。

FNN 2015.10.16 [2]

3 件のコメント:

  1. この問題の根幹は登録プロセスの透明化を主張することです。登録される資料などの信ぴょう性を公開議論出来れば、南京事件も一方的にやられることはなかった。プロセスが非公開なので裏金も使いやすい。中韓共同申請で慰安婦登録は避けられないだろう。改革しないならユネスコ脱退と言う手がある。米英も一時脱退していたから将来復帰もできる。
    中国の不正に関しては快く思わない国も多いはずなので、そういう正々堂々とした主張をするべきで、個別案件を前面に出すべきではない。

    返信削除
    返信
    1. 問題にすべきはユネスコのあり方ですね。

      削除
  2. 「言い方として適切ではない」
    他で書きましたが自民党幹部の1人は外交部会長です。
    外務省に指示したのであればそういう心配はありますが、指示した相手は自民党です。指示したのは首相ではなく、総裁です。

    自民党総裁→自民党文教部会→文科省→文科相ユネスコ派遣
    と動いた可能性があります。首相が文科相に直接ユネスコ訪問を指示する事との違いを見て下さい。

    返信削除