2016/06/28

日本の金で少女像は記念館へ?


韓国政府が慰安婦像を撤去させるには、おだて作戦しかないだろう。もっといい場所があると「ハルモニ」と挺対協をその気にさせるのだ。場所はソウル市内に計画されていた慰安婦追悼公園になるのではないかと予想していたが、日本からの10億円の一部で記念館を建てその中に安置するというアイディアが出ているらしい(追記:日韓関係専門家の専門家の中にも、追悼公園を移築候補地と見ている者もいるようである)。とんだ面の皮だが、それでも日本政府は問題解決の為ならと我慢するだろう。そういうものである。追悼公園の方も順調らしい。29日起工式とのこと。
「成果」迫られる朴大統領=日韓慰安婦合意から半年

.・・・財団の活動としては、日本から供与される約10億円による元慰安婦支援のほか、慰安婦の追悼事業も検討されている。

日本大使館前に設置されている慰安婦を象徴する少女像については、韓国政府や財団の準備委関係者は表向き、「財団の事業とは関係ない」という立場で、切り離す方針を示している。ただ、非公式には、追悼事業の一環として、財団主導で記念館を建て、館内に移転する案も浮上している。

準備委関係者は「記念館が建てられることになれば、少女像は館内に移転する方向で検討されるだろう」と語った。ただ、「現段階でその話を持ち出すのは難しい」と指摘。元慰安婦への支援など財団の事業がある程度進んでから具体的に協議していくべきだという見解を示した。

時事(一部) 2016.6.27

5 件のコメント:

  1. 財団設立準備委が像移転に10億円を使いたいと言った場合、日本政府は承認しないと思います。その理由。
    (1)安寧と威厳の侵害と明記したウイーン条約違反を止めてもらうためにお金を出す行為は国際法を否定しています。国際司法裁判所に提訴して損害賠償請求をするか、外交関係を解消するのが、国際社会が認める方法です。
    (2)日韓合意では【慰安婦の心の傷を癒す措置】と【慰安婦像による安寧と威厳の侵害解決努力】はリンクせずに別々に記述されています。リンクさせれば合意に反します。

    返信削除
  2. 我々は、もう何もやらない。もちろん、慰安婦像を撤去させるために何か特別な努力をするということもしない。それはウィーン条約に違反している韓国政府の責任においてやるべき事柄だからだ。

    とにかく、日本人はこのクソ虫どもに心の底から愛想が尽きた。李氏朝鮮時代に戻りやがれ。

    返信削除
    返信
    1. 慰安婦問題合意より、ウイーン条約違反を韓国政府が事実上認めたことの方がはるかに重要です。韓国にとっては外交上の大失態です。集示法第11条にも【安寧】の文字が入っている事が判明しました。大使館100m以内での屋外集会とデモ禁止はウイーン条約の規定に合わせて作られたものです。したがって国内法違反も対外的に認めた事になります。

      慰安婦像前集会は国際法違反です。これに参加する日本人や米国自治体の議員や市長も国際法に違反する行為を行っているのですから、自国で公人としてに責任を問われなければなりません。

      水曜集会に合わせた世界各国の集会も、大使館前の慰安婦像を総本山とする各国での慰安婦像設置も国際法違反で、日本国と日本人に敵対する行為です。それでもするのなら外交的な報復措置を覚悟すべきです。

      ウイーン条約違反を主張する事は慰安婦問題とは無関係ですから国際社会で徹底的に批判しても構わないのに、なぜしないのかと思います。繰り返しますが、慰安婦問題と無関係ですよ。批判は簡単です。歴史経緯も関係ありません。撤去されないうちは批判し放題です。なぜ利用しないのかと思います。さっさと撤去されたら言えなくなります。貴重な時間を半年も無駄にしています。

      削除
  3. 謝罪して金はやるからあとは好きにしろ、というのが日本政府の立場なのでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. 日本側の声明は【お詫びと反省、心の傷を癒す措置、国際社会で非難しない】の3項目からなっています。韓国側の声明は【日本側の措置に協力、安寧と威厳の侵害解決努力、国際社会で非難しない】の3項目からなっています。

      心の傷を癒す【措置】は《日本側が実施し、韓国側が協力する》なので、金も出すし口も出す事になっています。
      その【措置】は具体的には次の3つがありますが、全体は日本側の【措置】なので財団の設立・運営には心の傷を癒すという名目に合致する必要があり、日本側の承認も必要です。
      a:韓国政府が,元慰安婦支援財団を設立
      b:日本政府予算資金拠出。
      c:日韓両政府が協力し,元慰安婦の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行う。

      削除