2016/06/01

挺対協、裏財団に7400万円確保、像を各地に


挺対協は、正義記憶財団の資金として既に約7400万円を確保したという。野党第一党の共に民主党もこれに寄付していたはずだ。挺対協は、この資金を使って世界中に「少女像」を建てようと画策している。2か月後には、シドニーに一体設置する計画。韓国政府に反発してあちこちに建てるというなら、ますます「少女像」は無垢ではない政治色の濃いモニュメント、ということ。

日韓合意反対 挺対協が独自財団設立へ

韓国で元従軍慰安婦の女性らを支援する「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」の尹美香常任代表は1日、昨年末の日韓合意に基づき韓国政府がつくる財団に対抗し、独自の財団の設立へ向けた総会を6月9日に開くと明らかにした。日韓合意に行動で反対していく姿勢を鮮明にした。

独自の財団は、ソウルの日本大使館前のものと同様の少女像を新たに国内外で建てたり、被害女性を支援したりするとしている。同大使館前で日本に解決を要求する定例の「水曜集会」で話した。

挺対協などは日本が拠出する10億円を基に韓国政府がつくる財団の事業を拒むとし、1月に独自財団構想を発表。これまでに約8億ウォン(約7400万円)の資金が募金などで集まったという。尹代表によると少女像は現在、韓国と米国、カナダに計約30あり、8月6日にオーストラリアのシドニーでも新たにつくられるという。

zakzak(共同) 2016.6.1[2]

2 件のコメント:

  1. タイトルは億円じゃないのでは?

    返信削除
    返信
    1. ご指摘、ありがとうございます。直しました。

      削除