2016/06/05

台湾でも異端審問「慰安婦は強制か?」


台湾の首相が、慰安婦は強制されたものだったか自発的なものだったかという質問に、一概には言えないと答えて謝罪に追い込まれた。

強制連行(日本政府による徴用)があったかなかったかという話がエスカレートして、ついに台湾までもが17世紀のイタリアのような有様に。異端狩りの標的にされた林全行政院長は「社会構造」などという言葉を持ち出して話を合わせたが、「それでも地球は回っている」と呟きたい心境だったろう。

台湾行政院長、慰安婦発言で謝罪

台湾の林全行政院長(首相)は4日までに、慰安婦をめぐる発言が不適切だったとして謝罪を表明する声明を発表した。

院長は3日の立法院(国会)で、野党、国民党議員から「慰安婦は自発的になったのか、強制的に慰安婦にされたのか」と問われ「どちらの可能性もある。これだけ多くの慰安婦がいるのだから全てがどちらかとは言えない」などと答弁した。

この答弁に対して一部で反発が高まったため、3日夜の声明で「発言が不十分で関係者を傷つけたりした可能性がある」と謝罪を表明。女性の自主性や尊厳は体制の暴力や社会構造によって損なわれてはならないと強調した。(共同)

産経 2016.6.5[2]

3 件のコメント:

  1. <朝鮮人捕虜>米調書発見 日本の支配、 過酷さ記録 慰安婦「志願か身売りと認識」 
    毎日新聞 2016年6月10日

    太平洋戦争終盤気に日本軍と行動を共にし、米軍に捕らえられた民間の朝鮮人捕虜が、戦時動員に基づく慰安婦や強制労働の被害について米軍の尋問に答えた調書が、米国立公文書館で発見された。 朝鮮人慰安婦について「志願か親による身売り」との認識を示す一方、日本への労務動員については「連合国の捕虜より待遇が悪い」などと述べていた。朝鮮の人々が感じた日本の植民地支配の過酷さを包括的に伝える内容で、議論を呼びそうだ。

    尋問調書は、慰安婦問題に取り組むアジア女性基金が資料委員会を作り、1997年に米国で真相究明の調査をした際、捕虜の回答を発見した。 回答はその後所在不明になったが、今年それが見つかり、資料委員会の委員だった浅野豊美・早稲田大教授(日本政治外交史)と毎日新聞が3月、さらに米軍の質問と関連の資料を発見した。

    返信削除
  2. <朝鮮人捕虜>米調書発見 日本の支配、過酷さ記録 慰安婦「志願か身売りと認識」 その2
    毎日新聞 2016年6月10日

    米軍は、朝鮮人捕虜約100人を尋問した後、3人を選び、米カリフォルニアにある秘密尋問センターに移送して、1945年4月11日に改めて30項目の詳細な尋問を行ったと見られる。

    調書は3人の捕虜と米軍の尋問者の名前を明記し、3人分の回答を一つにまとめている。「反日感情は約100人ともほぼ同じ」としながら、「(米国から見ると)日和見主義者が多い中、3人はまじめで信頼できる」と評している。

    慰安婦については、日本軍の募集を知っているか、この制度に対する朝鮮人の態度はどんなものか、それで生じた混乱や衝突を知っているか、が質問された。3人は「太平洋で目撃した朝鮮人慰安婦は、志願したか親に売られた者だった。 (軍による)直接的な徴集があれば暴挙とみなされ、老若を問わず朝鮮人は蜂起するだろうと答えた。

    返信削除
  3. <朝鮮人捕虜>米調書発見 日本の支配、過酷さ記録 慰安婦「志願か身売りと認識」 その3
    毎日新聞 2016年6月19日

    労務動員に関連しては、日本本土に送るのはどんな手続きか、徴用か志願か、家族と手紙のやりとりをできたか、が尋ねられた。3人は「朝鮮人は炭鉱、鉄鉱山の労働や飛行場の建設に従事し、常に鉱山の最も深く厚い場所で最悪の仕事を要求された。通信は許されたが、手紙は全て検閲を受けた」と語った。また機会があれば日本と戦うかと問われ、「日本に忠実な者も日本が戦争に負けると知ればたちまち態度を変えるだろう」と答えた箇所もあった。

    米軍の捕虜尋問は日本人が多く、朝鮮人だけの調書は珍しい。慰安婦を対象にした尋問には、ビルマ(現ミャンマー)で捕らえた朝鮮人慰安婦の報告書がある。今回の調書はその延長線上で米軍の朝鮮占領をにらみ日本の植民統治に対する朝鮮人の反抗心を探ろうとしたものと考えられる。 [岸俊光] 

    返信削除