2016/08/08

豪州慰安婦像、電撃移送で日本側の「棺桶作戦」に対抗?

世界中に慰安婦像を建てると宣言した挺対協
像とキル・ウォノクを提供

公有地が無理なら私有地に、とオーストラリアに慰安婦像を建てようと頑張っている人々。今回は、挺対協と韓国の地方自治体(城南市)が支援に乗り出し、「平和の少女像」を現地に持ち込んだ他、「活動家ハルモニ」キル・ウォノクを除幕式に送り込んだ。像は最終的に協力を申し出たビル・クルス牧師の教会の敷地に建てる計画で、準備が整うまで現地の韓国人会館で展示?されることになっていた。

祝辞を述べる城南市長

この計画を知って現地のオーストラリア・ジャパン・コミュニティ・ネットワーク(AJCN)が抗議の声を上げ、抗議を受けた地元の自治体(バンクスタウン)は、屋外でのお披露目イベントの禁止と、イベント後は韓国会館内に像を塩漬けにする(公衆の目に晒さない)よう命じたという。これをAJCN側は「棺桶作戦」と呼んでいたとか。しかし、必死の懇願が実ったのか、バンクスタウン側は直前になり野外イベントだけは許可した。そこでこの奇妙な踊りである。

屋外イベントは直前になって許可された

さて太陽の下で行われた除幕式には、韓国から城南市長や挺対協の幹部、「ハルモニ」が参加し、それなりに盛況だったようである。参加者250名とも400名とも報じられているが、実際はもっと少なかったという話である。驚かされたのは、式典の後、韓国人会館内にしまい込まれるはずだった像が、そのままシドニー市内のビル・クルス牧師の教会に電撃移送されたことだった。教会側の受け入れ準備は終わっていないはずだが、敷地内の駐車場に仮置きすることで行政の命令に抵抗しているのかもしれない。

クルス牧師が自分の教会に像を電撃移送
行政の指示に反抗?

そしてこのノリ
(今は仮置きの状態)

現地の法律では教会の敷地であっても場合によっては公の場と見なされるとのことで、AJCNは日本の領事館を動かすなどして教会への設置を阻止しようとしている。これから攻防戦は第二ステージに入る。合同教会の関係者の中にもクルス牧師の行動に反対する者もいるようだが、牧師はグレンデールのクィンテロ元市長と同じタイプらしく、聞く耳持たずといった感じ。クルーズ牧師の暴走を上位の教会関係者やシドニー市がどこまで制御出来るのか、余談を許さないといったところか。

この件については、AJCNの山岡さんや江川さんから色々教えて頂いた。慰安婦像などを推進しているグループは行政側から厄介者扱いされているという。確かに、そんな雰囲気である。

オーストラリアのシドニーに「平和の少女像」が建つ。・・・北米以外で初
アッシュフィールド連合教会の前庭に設置、キル・ウォノク・ハルモニなど出席

オーストラリアで初めてシドニーに「平和の少女像」設置される。

外国に建てられた少女像ではアメリカの2ヶ所、カナダの1ヶ所に続き4番目、北米以外では初めて。

「シドニー平和の少女像建設推進委員会」(共同代表パク・ウンドク、カン・ビョンジョ)は6日、韓国人会館で海外同胞とオーストラリア人のシドニーの(?)各国のコミュニティー関係者など約250人が参加する中で「シドニー平和の少女像」の除幕式を行った。

ソウルの日本大使館の前にある物と大きさや形が同じ少女像はイベント終了後、当初予定されていた韓国人居住地(密集地)近隣のアッシュフィールドの連合教会(ビル・クルス牧師)の前庭に移された。

この日のイベントには日本軍慰安婦被害者であるキル・ウォンオク(89)ハルモニをはじめ、ペク・スングク、シドニー韓人会会長とイ・ジェミョン城南市長ユン・ミヒャン韓国挺身隊問題対策協議会代表などが参加した。

オーストラリア側では先月総選挙で原住民女性では初めて連邦下院議員に当選したリンダ・バニーやビル・クルス牧師、日本軍慰安婦被害者であるオランダ系オーストラリア人ジャン・ラフ・オハーンお婆さんの娘キャロル、中国系のアーネスト・ウォン、ニューサウスウェールズ州の上院議員などが出席した。

はるばる訪ねて来たキル・ウォノク・ハルモニは挨拶の中で「辛い歴史を忘れないために少女像を建てたことに感謝します」として「少女像を通じてここの人達も歴史の真実を学ぶことができるようになった。 日本政府が責任を回避しないように力を尽くして欲しい」と話した。

自ら希望して少女像を自分の教会に建てることになったクルス牧師も記念演説で「初めて少女像を見て涙が出た」「日本政府が女性の苦痛を認めて謝り、前に進むことが出来るよう心から望む」と力を込めて話した。

バニー議員はオーストラリア政府が原住民のアイデンティティーを抹殺しようと1910~70年代アボリジニーの子供を白人家庭や布教施設などに強制的に受け入れたことを2008年に謝った例を引き(?)「政府が否認し学校で教えなくても、真実は表れる」と力説した。

特にこの日のイベントでは93才のオハーンお婆さんが、肉声メッセージを通じ、慰安婦になったのは全く自発的なことでなく、このような事実を決して忘れてはいけないと強調し大きな拍手を浴びた。

オハーンお婆さんは「イベントに出席できなくなったのがとても残念だ。いまだ苦痛に悩み、その苦痛は絶対に消えない」「少女像は女性を相手に行われた(?)残酷さの象徴」と語った。

オハーンお婆さんの娘キャロルは、少女像が公共の場や博物館などにもっと들어서야 한다고 と述べた。

この日イベントにはオーストラリアの公営ABC放送をはじめとして地域メディア、中国の新華社通信、日本のNHKと共同通信の記者が来て取材を行った。

一方、少女像は本来韓国人会館内に暫定的に1年ほど置かれ教会の防犯照明(の設置?)作業が終わってから移設される予定だったが、イタスラなど芳しくない事態が発生することが憂慮され電撃的に教会に移された

少女像はまず教会の前庭に設置され、防犯照明作業が終わり次第本来予定された教会敷地の通り側に設置される予定。

シドニーの少女像は挺身隊問題対策協議会と京畿道城南市の後援で韓国で製作された

オーマイニュース(聯合ニュース) 2016.8.6[2]

関連記事:
オーストラリア初の慰安婦像が除幕式 シドニー郊外、地元テレビ「日本兵に何百回も…」と元慰安婦紹介(産経
日本の団体、シドニー少女像関連韓人会「訴える」と脅迫(聯合


호주 시드니에 '평화의 소녀상' 섰다... 북미 밖 최초
애시필드 연합교회 앞마당 설치, 길원옥 할머니 등 참석

호주에서 처음으로 시드니에 '평화의 소녀상'이 들어섰다. 

외국에 들어선 소녀상으로는 미국 2곳, 캐나다 1곳에 이어 4번째며 북미 외 지역에서는 처음이다.

'시드니 평화의 소녀상 건립추진위원회'(공동대표 박은덕 강병조)는 6일 한인회관에서 교민과 호주인, 시드니 각국 커뮤니티 관계자 등 약 250명이 참석한 가운데 '시드니 평화의 소녀상' 제막식을 거행했다. 

서울 일본대사관 앞에 있는 것과 크기나 모양이 같은 소녀상은 행사가 끝난 뒤 본래 예정된 한인 밀집지 인근의 애시필드 연합교회(목사 빌 크루스) 앞마당으로 옮겨져 자리를 잡았다.

이날 행사에는 일본군 위안부 피해자인 길원옥(89) 할머니를 비롯해 백승국 시드니 한인회장과 이재명 성남시장, 윤미향 한국정신대문제대책협의회 대표 등이 참석했다.

호주 측에서는 지난달 총선에서 원주민 여성으로는 사상 처음으로 연방 하원의원에 당선된 린다 버니, 빌 크루스 목사, 일본군 위안부 피해자인 네덜란드계 호주인 얀 루프 오헤른 할머니의 딸 캐롤, 중국계인 어니스트 웡 뉴사우스웨일스(NSW)주 상원의원 등이 나왔다.

먼 길을 찾은 길원옥 할머니는 인사말에서 "아픈 역사를 잊지 않기 위해 소녀상을 세워준 데 감사드린다"며 "소녀상을 통해 이곳 사람들도 역사적 진실을 배울 수 있게 됐다. 일본 정부가 책임을 회피하지 않도록 힘써 달라"라고 말했다.

자청해 소녀상을 자신의 교회에 세우도록 한 크루스 목사도 기념사를 통해 "소녀상을 처음 보고는 눈물을 흘렸다"며 "일본 정부가 여성의 고통에 대해 인정하고 사과해, 앞으로 나아갈 수 있기를 진심으로 바란다"라고 힘줘 말했다.

버니 의원은 호주 정부가 원주민의 정체성을 말살하고자 1910~70년대 사이 원주민 자녀를 백인 가정이나 선교시설 등에 강제로 수용한 일을 2008년에야 사과한 일을 상기시키며 "정부가 부인하고, 학교에서 가르치지 않더라도 진실은 드러나게 돼 있다"라고 역설했다.

특히 이날 행사에서는 93살의 오헤른 할머니가 육성 메시지를 통해 위안부가 된 것이 전혀 자발적인 것이 아니며 이런 사실을 결코 잊어서는 안 된다고 강조해 큰 박수를 받았다. 

오헤른 할머니는 "행사에 참석 못 하게 된 게 너무 아쉽다. 아직도 고통에 시달리고 있고 그 고통은 절대로 사라지지 않을 것"이라며 "소녀상은 여성을 상대로 자행한 잔혹함의 상징"이라고 말했다.

오헤른 할머니의 딸 캐롤은 소녀상이 공공장소나 박물관 등에 더 들어서야 한다고 말했다.

이날 행사에는 호주 공영 ABC 방송을 비롯해 지역 언론들, 중국 신화통신, 일본의 NHK 방송과 교도통신의 기자들이 나와 취재활동을 벌였다. 

한편, 소녀상은 원래 한인회관 내에 약 1년 정도 잠정적으로 자리 잡고 있다가 교회의 조경 작업이 끝난 뒤 옮겨질 예정이었으나 훼손 등 불미스러운 일이 발생할 것으로 우려돼 전격적으로 교회로 옮겨졌다. 

소녀상은 우선 교회 앞마당에 설치됐으며 조경 작업이 끝나는 대로 본래 예정된 길가 쪽 교회 구역 안에 자리할 예정이다.

시드니 소녀상은 정신대문제대책협의회와 경기도 성남시의 후원으로 한국에서 제작됐다.

1 件のコメント:

  1. AJCNのブログで詳細の報告をアップしました。韓国系のメディアはすべて教会の前庭に設置と書いていますが、苦しい嘘です。ブログの写真を見れば教会と慈善団体専用の駐車場の奥に置かれているのが現実です。この悲惨な現状を遠景からどのメディアも撮影していませんがブログの写真でとくとご覧ください。週日の混雑した駐車場の写真を見れば現場がどんなところかわかりますね。人物撮影は避けましたが、ストレージから食料品などを出し入れするスタッフが3名立ち働いてました。フォークリフトの所定の駐車場が慰安婦像の前、パレットなども前に野積み。これから正面公道のそばに移設するとかキャンベラの戦争博物館に展示したいなどと妄言を言い散らかしていますが、実現は不可能。そんなこと言えばキャンベラの日本大使館が動かないはずありませんよね。キャンベラの豪州人の友人に話したら馬鹿なこと言うなと一笑に付されてしまいました。あとは教会側にどんな最後通牒を書くか検討中です。もちろん人権委員会にビルと教会を引き出すことが前提ですが、3年前にsexual abuse問題でマスコミにたたかれ被害者の少年たちにM$2払ったUniting Churchは今度は人種差別で人権活動家が訴えられるんですから嫌でしょうね。

    返信削除