2016/10/06

首相の「毛頭考えていない」発言に河野洋平「人間性の問題」

韓国はともかく、欧米の反日報道にも利用される危険性があった

「4日の会見では、安倍首相の発言を『外交的欠礼だとの評価も(韓国では)ある』と韓国メディアの記者が指摘し、韓国政府の立場を何度もただした」(産経10.4)。

実際の安倍首相の答弁を録画で見ると、想像よりさらっとしたものだった。しかし、安倍首相といえば「強制性はなかった」発言で、国際社会での日本の立場を決定的に悪くした前科がある。国益を損ねたという点では河野洋平以上かもしれない。「毛頭」発言は、彼の危なっかしさが変わらない事を印象づけた(だいぶ改善はしているが)。余計な一言である。

小川淳也(民進党) 「先ごろ慰安婦問題に関する日韓合意に基づいて、今年8月、元慰安婦を支援する財団に10億円の拠出をされています。それに加えて韓国から、更に安倍総理からのお詫びの手紙、を求めるという事があるようですが、総理、この件について現時点でどうお考えですか」

安倍首相 「内容を・・えー、合意した内容をですね。両国が誠実に実行して行くことが、今求められているわけで、ございます。今、あー(外務)大臣から答弁をさしていただいたように、小川委員が指摘された事(手紙)は、これは内容の外で、ございまして。これは毛頭考えていないところです」
※岸田外務大臣の答弁はカットした。
衆議院予算委員会 2016.9.30

日本談児さんも紹介しておられたが、「シンシアリーのブログ」によると、韓国では話が一部「謝罪する気はない」にすり替わっているらしい。河野洋平もテレビで首相を批判した

「『毛頭ないよ』と言い切っちゃうのはですね多少、まあ、言葉はきついけど人間性、の問題かなという風に思いますねえ」

これに対し産経の阿比留記者は、むしろ河野のような人間が慰安婦問題を拡大し安倍はその尻ぬぐいをしているのだと言っているが、それはその通りでも、安倍もまた功罪半ばといったところである。

18 件のコメント:

  1.  これに関しては、ブログ主さんとはちょっと違う考え方です。
     そもそも日韓合意自体、日本政府が韓国政府に後始末を押し付けるために10億円という血税を支出したわけで、合意内容にないものはしないと突っぱねるのは合意した時からのシナリオでしょう。ゆえに10億円もさっさと払い交渉の余地をなくしている。
     
     個人的には日韓合意自体反対です。事実と異なることを認めたという印象を世界にふりまくとともに、韓国にあらぬ期待を抱かせる行為だからです。真の和解は真実のもとにしか成り立たない。ゆえに必ず合意は破綻し、日韓の国民感情は最終的にもっと悪化すると思っていたからです。

     慰安婦像についてもウィーン条約を盾に大使召還すべきことを延々と許してきた外交欠礼への妙な配慮が起こしたこじれであり、しばらく断交する覚悟を見せるべきだと思っている。仮にアメリカが怒るとしても、アメリカ大使館であんなことされれば間違いなく大使召還はやりますからね。それはアメリカも認めざるを得ない。

    ここでお詫びの手紙を出しても、韓国世論に間違ったシグナルを出すだけです。

    返信削除
    返信
    1. こういう時、トップは外務省に韓国側に厳しく詰め寄らせるべきです。相手が恐縮するくらい。合意にない事を要求するのは約束違反だと。

      しかし、本人は涼しい顔で「合意にない事は出来ない」と言っていればいいのだと思います。安倍氏には性格的に無理なのでしょう。

      削除
  2. この合意を結ぶにあたって安倍総理にどれだけ忸怩たるものがあったかをよく表している言葉だという気がしますね。よっぽど嫌々だったんでしょうね。アメリカから大きな圧力でもかかったのかも知れませんね。

    返信削除
    返信
    1. 米国の圧力もあったでしょうが、どうでしょう、安倍氏にも考える所があったのでは?

      削除
  3. 質問は事前通告が慣例です。応答も事前に決まっています。冷静に発言されたのであれば、興奮して口走ったわけではなく、官房長官・外相とも打ち合わせ済みです。

    その発言が及ぼす影響や効果も検討した上での事です。「強制制はない」と言ったときはどうだったかは知りませんが、今回は失言の類のものではないでしょう。日本政府の姿勢の変化と見るべきだと思います。

    私は、慰安婦像撤去に期限を切ってくるのではないかと思っています。大統領の任期が切れれば合意もうやむやにされる可能性が出てきます。期限を切れば、期限を過ぎた時の制裁措置も決めておかなければなりません。米国の承認や黙認も必要になります。

    韓国はスワップなどのおかわりを撤去の条件に出してくるでしょう。毛頭発言がスワップ要求にも暗雲となって韓国にのしかかってきます。

    返信削除
    返信
    1. 「毛頭」というのは官僚の作文ぽくないので、あれは首相のアドリブではないかと。もちろん、手紙は出さ(せ)ないというのは、政府方針として決まっていたでしょうが。

      削除
    2. 「無礼」な発言で外交上、公式なものとしては考えにくい事は確かです。事前に決めたとしても外務官僚を押し切った首相の強い意志でしょう。アドリブとしてもその点は変わらないでしょう。

      菅官房長官は記者会見で「首相のご自分の発言ですから、付け加える事はありません」と言っています。官房長官<外相<首相と強行度が上昇するのも日本では珍しい。

      削除
  4. アジア女性基金終了後のフォローアップ事業が韓国分のみ打ち切りです。

    元慰安婦支援、日韓合意踏まえ打ち切りへ 日本政府事業
    http://www.asahi.com/articles/ASJB55RCYJB5UHBI01C.html

    慰安婦のもとを巡回したり、人脈維持や医療支援などを行ってきた外務省の
    「アジア紛争下での女性尊厳事業」の来年度予算概算請求が前年度の13342000円から4453000円に減少。韓国分が無くなった為。

    韓国分の内訳
    平和友好交流計画関係謝金 6748000→0
    諸外国調査及び会議等派遣旅費3204000→0
    合計9952000円打ち切りに。
    アジア女性基金でお金受け取った人は癒し財団からまた貰うのだろうか?

    返信削除
  5. 「安倍首相の拒否は問題な、応じると期待した韓国政府外交の失敗」と韓国紙が社説言っています。無礼な発言に怒るよりも、なんで拒否されて当然な提案を政府がしたのかと怒っています。

    京郷新聞 社説
    http://m.khan.co.kr/view.html?artid=201610042044015&code=990101
    -----。国家間の懸案に必要以上の荒い用語を動員した安倍総理の無礼な仕打ちは遺憾なことである。しかし、そのような態度とは別に謝罪の手紙の要請に対する彼の対処方式には大きな問題がないように見える。

    韓日間慰安婦合意は日本政府が被害おばあさんの心の傷を癒やす措置として10億円の資金を拠出することを条件に慰安婦問題が最終的、不可逆的に解決されるものであると明示している。したがって、日本政府が10億円を拠出した今、日本が韓国政府の追加的措置の要求に応じなければならない理由はないという彼の考えを非難することはできない。

    問題は韓国政府である。慰安婦合意をしながら追加的な問題提起の道を封じ込めておいて、新たな要求をするのは話にならない。安倍総理の謝罪の手紙が重要なのなら交渉当時に日本に要求し、貫徹しなければならなかった。今になって被害おばあさんと世論の反発が激しくなると一歩遅れて日本にすがるのは拙速合意を認める格好である。、、、、

    政府は安倍総理が謝罪の手紙の要請に応じると判断したようだ。そうでなければ外交部(省に相当)報道官が記者会見を通じて「期待する」と公式に要求をするわけがない。過去に日本政府主導で創設された『アジア女性基金』が歴代の日本総理の『おわびと反省の手紙』を渡してきた点を考慮し、楽観的な予測をしたという話もある。

    しかし、安倍総理の一貫した反歴史的行為を見ながらもそのように考えたとすれば、深刻な判断の誤りに他ならない。

    安倍総理の謝罪の手紙の拒否は対日外交の失敗を証明する。安易で一面的な発想と行動で日本に恥をかかされ、市民にまで屈辱を感じさせる政府に本当に失望した。対日外交をこのようにしか出来なかったのか。

    返信削除
    返信
    1. 日本の世論もマスコミも味方してくれないと分かれば、向こうも冷静になるわけです。

      削除
    2. 結局、事態を複雑にし、長引かせてきたのは、日本のマスコミと人権派と政府の姿勢にあったという事が今回の件でよく分かります。
      韓国に対する外交姿勢は他国と別にする必要がある。

      削除
  6. まあ、安倍政権自体、この合意で韓国政府が国内を説得できるなんて思ってないので、予定通りの突き放しですよ。お手並み拝見です。慰安婦像移転も、努力しろといってるけど、朴政権の実行能力からいって、無理だと知っての話。

    まあ、政権が告げ口外交黙ったという効果はありますが、次期政権は掌返すでしょうね。まさかそんなことはっできないという人もいますが、そういう常識があるなら、とっくに問題を収束させていますよ。「未来志向」という言葉を歴代大統領が言う端から、慰安婦問題が燃え盛る。

    アメリカもさすがに韓国に対して怒ってますが、といって中国にすり寄っても、中国からの経済的援助はなく、北朝鮮を何とかする気もない。国民はすぐに炎上祭するし、八方ふさがりということですよ。

    返信削除
    返信
    1. 韓国の野党は再交渉で盛り上がってますからね。「いっぺんやらせてみて下さい」状態。

      削除
    2. 韓国のことですから、見栄っ張りのようで恥は直ぐ忘れる。
      何度でもいってきますよ。

      削除
    3. 韓国のことですから、見栄っ張りのようで恥は直ぐ忘れる。
      何度でもいってきますよ。

      削除
  7. 元慰安婦への「おわびの手紙」、首相「考えていない」
    2016年10月3日17時55分
    http://www.asahi.com/articles/ASJB34TL9JB3UTFK00H.html
    と、なぜか朝日は毛頭をタイトルから外したようで
    笑ってしまいました。
    記事の文中には入れてるようでしたがね

    返信削除
    返信
    1. 昔の朝日新聞だったら、「毛頭」の語だけでご飯三杯いけましたね。
      徹底的に安倍首相の「妄言」を非難し、それが韓国メディア、欧米メディアへと飛び火し・・・といったパターン。

      削除
  8. 10/6東京で国政監査が行われ、駐日韓国大使が呼び出されて議員の質問に答えている。合意以降日本は頑なになり、私たち(韓国)は怯え、被害者加害者が入れ替わったようだと野党議員が発言し、与党議員は韓国国民は胸を針で刺される痛みを感じたと発言している。妄言だとか糾弾するとか言っていたのはいつの事かと思われるほどに、韓国側の姿勢が一変している。

    外交部の感性的措置発言について、大使館は事前に相談も連絡も受けていなかったという事実がイ大使の発言で明らかとなった。

    財団が手紙を要望したときに(日本政府にどう伝えようとしたのかは明らかではないが)韓国政府は大使館を通して
    (1)日本政府に財団の要望として伝える
    (2)日本政府に韓国側の要望として伝える
    の二つの方法があった。どちらもやらずにいきなり、記者会見で公表要求した事が確定した。日本政府が怒るのもやむを得ない。それこそ外交的欠礼だ。

    ハンギョレ日本語版
    http://japan.hani.co.kr/arti/international/25327.html
     イ大使は同日、東京の韓国大使館で開かれた国政監査で、安倍首相の発言が「一国の首相の国会での公式発言としては、最小限の品格も備えていない不適切な発言ではないか」とする共に民主党のパク・ビョンソク議員の質疑に対し、「日本に現地駐在する大使として、その発言の具体的な表現については言及を控えたい」と答えた。イ大使はまた、韓国政府が謝罪の手紙などを要求する前に駐日大使館と意思疎通を行ったかを尋ねられ、「謝罪の手紙は望ましい要求だが、私たち(駐日大使館側)との事前協議はなかった」と答えた。イ大使は、日本政府が拠出した10億円の資金が慰労金なのか、それともか賠償金なのかを尋ねるカン・チャンイル議員(共に民主党)の質疑には最後まで答弁しなかった。

     同日の国政監査では、安倍首相の「毛頭考えてない」との発言に対する糾弾が相次いだ。ムン・ヒサン議員(共に民主党)は「被害者ハルモニ(おばあさん)宛に手紙を一通送る問題について、一国の首相がそのような(毛頭のような)表現を使ってはならない。12・28合意以降、日本は次第に頑なになっており、私たちは何かに怯えているように縮こまっている。加害者と被害者が入れ替わった状況」だと指摘した。ソ・チョンウォン議員(セヌリ党)も「安倍首相のこのような発言は、韓国国民に針で胸を刺されているような痛みを与えた。非常に不適切な発言だ。(駐日)大使館側が日本政府にこのような憂慮を伝えてほしい」と述べた。ユン・サンヒョン議員(セヌリ党)は、「政府が安倍首相に謝罪の手紙を書いてもらうことを政府の(公式)立場にしなければならない」と要求した。

    返信削除