2016/10/16

ベトナムピエタあって韓国軍慰安婦像なし


「少女像」の製作者、キム・ウンソンとその妻キム・ソギョンによるベトナム・ピエタ像。ベトナム戦争における韓国軍の蛮行を反省する・・・挺対協もよくこれを口にするが、半分は韓国の左翼の本音であっても半分は慰安婦像やら水曜デモで日本を叩いている事の言い訳だろう。

”韓国軍”慰安婦像を韓国大使館の前に建てるとか、アメリカやオーストラリアに建てようとか本気で言い出さない限り、偽善と思われても仕方ない。実際にキム・ウンソンらは、「少女像」をアメリカでもっと増やすと宣言していたはずである。

韓国平和財団、ベトナム戦争時の行為謝罪のピエタ像を贈呈

韓国・ベトナム平和財団は11日、南中部沿岸地方ダナン市のダナン博物館に、母親が赤ちゃんを抱く姿を表した彫刻「ベトナム・ピエタ像」を贈呈した。この像には、ベトナム戦争時に韓国軍によって虐殺された被害者を慰霊し、謝罪する思いが込められている。

「ピエタ」はイタリア語で「哀れみ」や「慈悲」などの意味がある。ベトナム・ピエタ像は、韓国のキム・ソギョンとキム・ウンソンの2人の彫刻家が共同で製作した。韓国・ベトナム平和財団は、ベトナム戦争の歴史的な責任を追及する活動を行っている。

同財団はピエタ像と共に、「ベトナムへの謝罪」運動に関する写真19点、韓国軍による虐殺の記憶に関する写真11点、虐殺被害者を追悼する絵画6点、ベトナム戦争に関する書籍やディスク14点、韓国の生徒らが平和と戦争反対のメッセージを手書きで記したカード多数を贈呈した。

ダナン博物館のフイン・ディン・クオック・ティエン館長は、韓国・ベトナム平和財団に感謝の意を表し、贈られたこれらの資料を博物館に展示する考えを示した。

ベトジョー 2016.10.14[2]

2 件のコメント:

  1. 4月に韓国 - ベトナム平和財団の設立準備委員会が発足しピエタ像が公開したときに、大韓民国ベトナム戦参戦子会は大統領、首相、国防部、外交部に対して、2014年のク氏が文春インタビュー記事で韓国軍が性的暴行を行ったと話した事などが問題だと対策を求めたところ、5月になって検察から告訴の意思があるかとの問い合わせがあり、ク氏を名誉毀損で7月に告訴した。ク氏はベトナム留学で韓国軍の民間人虐殺を知り1999年韓国で初めて事実を公表した人物。9月に発足した韓国 - ベトナム平和財団の理事。

    ハンギョレは日本と韓国政府に打撃を与える事を目的とする左派新聞のようなのでこの目的に沿って記事を書いている。ピエタ像と慰安婦像の作者は同じです。

    韓国軍と韓国政府に法的責任と賠償を認めさせる為に訴訟も考えているようで挺対協の主張と似ていますが、戦闘行為中の犯罪と非戦闘行為中の犯罪とは異なるので正当性主張も以下に示すように、ベトコンが民間人に偽装していたとなります。

    また国際法が占領地での性的暴行を国際法違反と認定した後なので性的暴行主張は容認できないのでしょう。

    さらにベトナムでの韓国軍慰安婦問題は別に存在する。

    記事によるとベトナム政府は韓国軍を米軍の傭兵とみなし、韓国が参戦したととらえていないとあります。韓国に抗議しない理由だそうです。講和条約も結ばれておらず、締結後は戦時中の犯罪を問わないという国際慣習法も適用されない。

    http://media.daum.net/politics/all/newsview?newsid=20161025050603332&RIGHT_REPLY=R6
    【ハンギョレ] [ボブ&法]法の前に立っ「ベトナム民間人虐殺」(google訳)
    被害者を老若男女を問わず、「民間人に偽装したベトコン」と断定した。これらのベトコンは当然殺すことまであった。性暴力は全くなく、女性の犠牲者のおっぱいを退屈させたのはベトコンだったのが彼らの主張である。

    返信削除
  2. 原爆・空襲被害が一般の戦争被害と区別されるように、ピエタ像も慰安婦像とは区別されます。

    ピエタ像:戦争犯罪であり、ハーグ陸戦条約の賠償対象★
    韓国軍慰安婦像:ハーグ陸戦条約の賠償対象外★、戦争犯罪☆
    日本軍慰安婦像:ハーグ陸戦条約の賠償対象外★、戦争犯罪ではない☆

    ☆1950年文民条約で強姦・強制売春は戦争犯罪となった。
    ★平成12.11.30 宗 神道 慰安婦裁判東京高裁判決
    https://www2.gwu.edu/~memory/data/judicial/comfortwomen_japan/SongShindo%20-%2011.30.00.pdf
    控訴人の被害は、旧日本軍の交戦によって生じたものではなく、いわ ば旧日本軍の内部的違法行為に類するものであるから、これについて までヘーグ陸戦条約の各規定が及ぶものとはいえない。

    返信削除