2011/09/19

若き日本人女性の贖罪の旅



こういう日本人を根拠なく在日認定したり、安易に反日と罵ってみても、慰安婦騒動の本質は解明できない。

とはいえ、いつの間にか中国人慰安婦だけで20万人。韓国人の主張の中には、80%が韓国(朝鮮)人だと言っているものもあるから、「日本軍性奴隷」の総数は軽く100万人を超えそうだ。

「慰安婦」贖罪の旅を続ける若き日本人女性

18日は、旧日本軍による中国侵略が始まった「九・一八」事変(満州事変)から80年目にあたる。80年経った今も、戦争の痕跡は決して消えてはいない。約20万いたとされる中国人慰安婦のうち、28人が存命している。東方早報が伝えた。

慰安婦という歴史的事実が忘れ去られることのないよう、東方早報記者は、彼女らを探しに海南を訪れた。彼女たちは、屈辱と偏見という重荷を背負って生きており、多くが貧困の中にあった。歴史は常に前に進んでいる。「80後(1980年代生まれ)」の日本人女性・米田麻衣さんはここ数年、海南、上海、ハルビンなど中国各地に何度も足を運び、「慰安婦」生存者の自宅に入り、食事と寝泊まりを共にし、真心と笑顔で彼女たちに接しているという。

人民網日本語版 2011.9.19  

0 件のコメント:

コメントを投稿