2011/09/07

再びPKOの性スキャンダル[ハイチ]




Democracy Now! 2011.9.6

ユーゴ紛争時の国連PKOの性スキャンダルを扱った映画「ザ・ホイッスルブロワー」を紹介したばかりだが、またしてもPKO部隊員によるこの種のスキャンダル。ハイチでは2007年にもスリランカ部隊がスキャンダルを起こしているが、今回はウルグアイからの要員が18歳の少年に性的虐待を加え(動画参照/モザイク処理あり)、その時の映像が流出したとされる(調査中)。「大義のない侵略戦争だからレイプが起こる」というわけではないのである。

もっとも、国連はPKOに対してZero tolerance(許容ゼロ)政策を課している。すなわち、たとえ現地で合法であろうと買春は絶対に許されない。だから、「慰安婦は単なる売春婦」といった抗弁は、国際的に顰蹙を買うのである。


カリブ海のハイチでは、国連平和維持活動(PKO)のウルグアイ軍兵士4人が7月、ハイチ人の少年(18)に性的暴行を加えたとする疑惑が浮上し、大きな問題となっている。

事件は、PKOのウルグアイ海軍兵士4人がハイチ人少年を性的に暴行している映像がインターネットで流れたことで表面化。事件が起きたとされる南西部ポールサリューでは5日、数百人規模の抗議デモが発生した。

同国のマルテリー大統領は、「ハイチ人少年に集団レイプを行った加害者」は必ず罰せられるとの非難声明を発表した。またハイチ当局、国連ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH)、ウルグアイ国防省は現在調査を行っており、容疑者4人は拘束されたという。

MINUSTAHの広報担当者は、事件をとても深刻に受け止めているとし、事実と証明されれば、容疑者に対し必要な措置を講じると語った。

ハイチに展開するPKO部隊は約1万2000人超。昨年に同国でコレラ感染が拡大したときには、PKOのネパール部隊が感染源との情報が流れ、暴動が起きている。

ロイター 2011.9.6

0 件のコメント:

コメントを投稿