2011/09/26

共同通信英字版:日本では「慰安婦」として知られる性奴隷




共同通信がまたやってくれた。South Korea is seeking negotiations with Japan on the issue of "comfort women," as the sexual slavery victims are known in Japan(日本では「慰安婦」として知られている、性奴隷制の犠牲者の問題について、韓国は日本と交渉することを望んでいる)。共同通信英字版のこの種の問題記事は前にも紹介したが、載せる毎日も毎日である。共同は日本語版では、シレッと注釈なしで慰安婦という用言葉を用いている。

改めて過去記事を読みなおしてみれば、この表現は3月の記事とそっくりである。 sex slaves, known euphemistically in Japan as ''comfort women(日本では婉曲的に「慰安婦」として知られる性奴隷)。世界の常識としては性奴隷なのだが日本では慰安婦という名前で呼ばれている・・・。書いた記者、あるいはチェックしたデスク(?)は同一人物なのだろう。

日本人はあまり英語を読まないから、こうした日本のメディアによる英文報道が野放しになっている。


'Comfort Women' issue raised in Japan-S. Korea diplomatic talks

NEW YORK (Kyodo) -- South Korean foreign minister Kim Sung Hwan on Saturday raised the issue of compensation for Korean women forced into sexual slavery for Japan's World War II soldiers during his talks with Japanese counterpart Koichiro Gemba, a Japanese official said.

Gemba reiterated Japan's stance that the issue was settled by a bilateral treaty in 1965 that normalized diplomatic ties between the two countries, the Foreign Ministry official said.

Gemba also said the issue should not damage the important ties of the two countries, according to the official.

South Korea is seeking negotiations with Japan on the issue of "comfort women," as the sexual slavery victims are known in Japan, following a court ruling saying it is unconstitutional for Seoul to make no specific efforts.

The two ministers also exchanged views on a set of disputed islets, known as Takeshima in Japan and Dokdo in South Korea, the official said, but he refused to disclose what exactly they discussed.

Despite these issues, the official said Gemba and Kim agreed that Japan and South Korea are vital partners in the Asia-Pacific region and will continue to deepen bilateral ties.

They also discussed the latest developments concerning North Korea and bilateral economic issues, the official said.

The meeting was held in New York on the sidelines of the U.N. General Assembly.

毎日デイリーニュース(共同) 2011.9.25

韓国側が慰安婦に言及 ソウル訪問の岡田氏と会談
2011.9.24 22:17
民主党の岡田克也前幹事長が22~24日にソウルを訪問、韓国の与野党代表や外交通商省高官らと会談し、今後の日韓関係強化の必要性や北朝鮮情勢などについて意見交換した。岡田氏によると、一連の会談で韓国側は、日本の植民地時代に従軍慰安婦にされた韓国人女性の問題にも言及した。具体的なやりとりは明らかにしなかった。

岡田氏は23日に与党ハンナラ党の洪準杓代表らと会談。同党によると、洪代表は、日韓が領有権を主張し、韓国が実効支配中の竹島(韓国名・独島)の北西にある韓国・鬱陵島を自民党議員らが8月に視察しようとしたことに関し「政治的なショーであり遺憾だ」と表明した。

元慰安婦の賠償請求権をめぐり、韓国の憲法裁判所が8月に、政府が具体的な措置を講じてこなかったのは違憲との判断を下したのを受け、韓国は慰安婦問題などに関する協議を始めるよう日本に提案している。(共同)

産経 2011.9.24(共同)

0 件のコメント:

コメントを投稿