2015/02/04

93歳、死の半年前に慰安婦登録の不透明感


90歳を超える女性が死の半年前に元日本軍慰安婦として登録された。本人は「慰安婦の『慰』の字を口にするだけでも驚」くような有様であったのに、妹たちを通じて経歴を確認し認定された、と。果たしてメダタシメデタシと言ってよいものか。

ちょっとメモが見つからないのだが、韓国では最近になって親族による申請も可となった(要確認)。本人が何も言っていなくとも、親族が勝手に(?)申請してしまうのもアリなのだ。そして親族を介しての聞き取り調査で認定、という流れ。なんか引っ掛からないだろうか?

TV朝鮮の中で参考映像として出た写真
慰安婦と何か関係あるのだろうか?

2013年の話になるが、韓国政府では「被害者237人中149人の強制動員当時の年齢も把握できずにおり、被害者10人の出身地域を間違えているだけでなく、日本軍慰安婦被害者の年度別受付・処理件数も一部整理されていない」といった状況で、20万人(!)の被害者のうち243人しか確認されていない、被害者を積極的に探せ国会議員にせっつかれていた。問題は、現在の韓国の異常な雰囲気の中で慰安婦の登録申請を政府が棄却することが果たして可能なのだろうか、ということである。なお、例によって韓国メディアは「日本政府の謝罪を受けられないまま息を引き取った」などといい加減なことを言っている(中央日報TV朝鮮)。

「パクさんは婦人科疾患に悩まされ、死にもつながった」・・・93歳なら寿命だろう。

訃報:パク・ウィナムさん93歳=元慰安婦

ファン・ソンスンさんの死から5日、生存者は53人に

旧日本軍の元慰安婦だったファン・ソンスンさんが死去してからわずか5日後、また1人の元慰安婦がこの世を去った。今年に入ってから2人が亡くなったことになる。これにより、韓国政府に登録されている旧日本軍の元慰安婦238人のうち、生存者は53人にまで減った。

韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)は2日、韓国政府に登録されている元慰安婦のパク・ウィナムさん(93)が先月31日に持病のため亡くなったと発表した。女性家族部(省に相当)と挺対協によると、パクさんは16歳だった1938年「満州(中国東北部)の軍需工場に行けば金を稼げる」という近所の人の話にだまされ、慰安婦として連れていかれ、7年にわたって辛酸をなめた。光復(日本の植民地支配からの解放)とともに帰国したが、慰安婦として働いたことによる身体的・精神的な後遺症のため苦しい生活を強いられた。女性家族部によると、パクさんは婦人科疾患に悩まされ、死にもつながったという。生活保護を受給していたため病院の費用は免除されたが、まともな収入がないまま江原道や慶尚北道などでたびたび引っ越しを繰り返し、子どもを産むこともできず、妹の息子を養子にした。

亡くなる6カ月前の昨年8月、ようやく政府に旧日本軍の元慰安婦として登録された。遺族は「故人の過去の記憶を呼び覚ますのはとてもつらかったため、登録が遅れた」と話した。パクさんの元慰安婦としての登録を支援した女性家族部の関係者は「慰安婦の『慰』の字を口にするだけでも驚かれたため、調査も容易ではなかった。妹たちを通じて過去の経歴について聞き、ようやく登録できた」と話した。

パクさんの遺族は葬儀を身内だけで行い、遺骨は忠清南道天安市の「望郷の丘」に安置した。「望郷の丘」は1976年、祖国への埋葬を願う海外在住の韓国人100万人のために開設された国立墓地だ。

挺対協はこの日、パクさんの死去について公表し「1日も早く慰安婦問題が解決し、残された時間があまりない被害者たちが真の意味で解放されるようにしてほしい」と訴えた。

0 件のコメント:

コメントを投稿