2013/01/04

安倍談話で村山談話修正へ


これは村山談話に関するニュースであるが、河野談話についても、撤回するのでなく新たな談話で事実上の修正を図っているという話は第一次安倍政権の頃から漏れ聞こえて来ていた。

新談話もまさか太平洋戦争を純粋なアジアの開放戦争だとは言わないだろうし、慰安婦についても金目当ての売春婦などとは言わないだろう。朝日新聞やニューヨーク・タイムズは懸命に牽制しているが、出してしまえば批判も沈静化するだろう。そうなれば、狼少年達はどんな顔をするか。

韓国や欧米紙は安倍を狂信的右翼と思いたいようだが(日本の進歩的メディアがそう印象づけて来た)、実際には外交にも歴史認識についても安部は穏健派である。

村山談話に代わる安倍談話発表へ…菅官房長官

 菅官房長官は4日、読売新聞などのインタビューで、過去の植民地支配と侵略について謝罪した1995年の村山首相談話について、「(政権として)引き継ぐと同時に、安倍内閣として、21世紀にふさわしい未来志向の新しい談話を発表したい」と述べた。

 新たな「安倍首相談話」の実現に向け、有識者会議を設置し、内容を検討する考えも明らかにした。

 村山談話は95年に閣議決定された。当時の村山首相(社会党)が昭和戦争を「国策の誤り」と認め、「アジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」として、「痛切な反省の意」と「心からのおわびの気持ち」を表明したものだ。菅氏の発言は、閣議決定による村山談話の取り消しは行わないものの、新たな安倍談話によって、事実上、歴史認識の修正を図る考えを示したものとみられる。菅氏は安倍談話の内容について、「アジアとの友好、経済連携、文化などが含まれる」と語った。

読売 2013.1.4

2 件のコメント:

  1. 聖ミカエル学園2013年1月6日 13:47

    池田信夫氏ブログで狭間さんが述べられていた、あらゆる「慰安婦」を対象にした「女性のための世界平和基金」の設立。
    かなり有効な戦法かもしれませんね。しかし、その前提となる共通認識が国際的に形成されていません。
    彼らは、「従軍慰安婦などというおぞましく非人道的な制度を作ったのは極悪非道な日本軍のみだ」と考えているからです。
    この問題の火付け役である吉見義明ですら、ドイツ軍に同等の施設が存在し、アメリカ、イギリスなどの連合国軍もそのような施設を利用していたことを著書の中で認めているんです。
    第二次大戦中に兵士のための売春施設は日本軍のみならず、他国の軍隊にも存在したことを世界に知らしめるのが先決でしょう。
    山田孝男氏も述べていましたが、秦郁彦『慰安婦と戦場の性』のような研究成果を英訳して国際的な偏見、誤解を解くことがまず求められているのではないでしょうか。
    現時点で河野談話の見直しに動くのなら、安倍首相は6年前と同様、歴史修正主義者のレッテルを貼られ世界中から大バッシングを受けることは自明です。

    返信削除
    返信
    1. あれはショック療法として正道を外れたやり方を提案してみたものです。共通認識がないからこそ、アメリカや韓国、ドイツも謝罪しよう!と呼びかける事によって、世界中が???となる事を期待してのことです。もちろん実現性は低い提案と承知しています。

      河野談話の撤回は事実上不可能です。政治的なコストが高すぎるからです。特に歴史修正主義者のレッテルを貼られた安部氏には一層ハードルが高いはずです。そこで上書き消去法を考えているのでしょう。あまり効果があるとは思えませんが(07年の強制連行を否定した閣議決定のように無視されるでしょう)、出してしまえば反発もそれほど大きくないのではないかと。ただし、文面によります。この辺は、有識者の知恵に期待したいところです。

      英訳の話、まったく同感です。権利を買い取り、全文を英訳してネットに無料公開したいくらいです。お金があれば。

      削除