2013/04/28

戦争犯罪美化・安倍首相にハルモニ抗議文

キル・ウォノク(中央)とキム・ボクトン(右)

日本の安倍晋三首相の妄言に抗議するとしてハルモニ(韓国人慰安婦)二人が挺対協のユン・ミヒャンに付き添われて日本大使館を訪れた。抗議文を持つのがキム・ボクトン。 [参考 挺対協ブログ 2013.4.26]


侵略の歴史を否定し
戦争犯罪美化する
安倍政権に送る
抗議文


4 件のコメント:

  1. 挺対協みたいな、名前自体がねつ造を象徴する団体が、老女を経済で縛り、こういう活動に協力しないと社会的に抹殺される。韓国政府も人権は守ってくれないので、「ハルモニ」たちは逆らえない。
    現代の国家強制による政治的奴隷なのではないのか?

    返信削除
    返信
    1. 自分たちが利用されているという意識も無いんでしょうね。とにかく大事にされていますから。

      削除
  2. 慰安婦問題は火種は日本の左派と韓国が作ったもので、日本の右派が下手打って問題を大きくしましたが、靖国問題の火種を作ったのは日本の右派です。

    一部の人たちが英霊を盾に靖国神社を皇国史観の宣伝機関にしているように見えます。韓国から文句を言われる筋合いはないですが、日本人の意思として遊就館を分離して、英霊の鎮魂の場に戻すべきだと思います。

    返信削除
    返信
    1. 世代的に私の印象に強く残っているのは、中曽根首相時代の靖国問題なので、どうしても左派が焚きつけたという印象が拭えないのですが、右派の責任も間違いなく大きいですね。

      削除