2014/06/20

河野談話検証結果を公表「理解を得たい」→韓国「国際社会と対抗措置を取る」

「国際社会と対抗措置を取る」韓国外交部
多国籍軍による空爆か、国連の経済制裁か?

これに関しては色々と報道が出ているが、後でまとめるとして、とりあえずこうなりましたと。

文言調整の事実を非公開とすることで一致していたから、谷野作太郎もすり合わせについて「根も葉もない噂」と言い張っていたわけだ。しかし日本側が約束を守っても、韓国政府は誠意に誠意で答えなかった。日本側は、本当のところを公表せざるを得なくなったということか。

河野談話、韓国と文案調整=「元慰安婦」に裏付け調査せず-政府が検証報告書

政府は20日午後、従軍慰安婦問題への旧日本軍の関与を認めて謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話の検証結果に関する報告書を、衆院予算委員会理事会に提出した。報告書は(1)談話作成時に韓国側と文言調整していた(2)元慰安婦とされた女性への聞き取り調査では、事後の裏付け調査を行わなかった-ことを明記した。

談話発表の直前に、日韓両政府が文言調整の事実を対外的に非公表とすることで一致していたことも明らかになった。

政府は4月下旬から、菅義偉官房長官の下に設けた有識者5人のチーム(座長・但木敬一元検事総長)で談話の作成過程の検証作業を実施。当時の資料などを基に調べた。20日の予算委理事会には加藤勝信官房副長官が出席し、報告書の内容を説明した。

安倍政権は、日韓関係の改善を重視する立場から、談話の内容は見直さない方針。菅長官は20日の記者会見で、河野談話に関し「継承するという政府の立場は変わらない」と改めて強調した。

ただ、韓国側は検証自体が談話の見直しにつながる動きだとして反発している。今回の検証結果を受け、さらに日韓関係が冷え込む可能性がある。

時事 2014.6.20
http://www.peeep.us/8bc8e8af

公表に先立ち、岸田外相は「韓国側にも今回の検証の意味やありようを理解してもらい、日韓関係を前向きな方向で捉えられるよう、しっかりと努力したい」と、韓国側に丁寧に説明し理解を得られるよう努力すると。

河野談話検証結果 外相「韓国にも説明」

岸田外務大臣は、閣議のあとの記者会見で、20日に公表される、いわゆる従軍慰安婦の問題を巡る河野官房長官談話の作成過程の検証結果を、韓国側にも丁寧に説明し、理解を得られるよう努力する考えを示しました。

いわゆる従軍慰安婦の問題を巡り、政府は、謝罪と反省を示した平成5年の河野官房長官談話の作成過程を5人の有識者に依頼して検証し、20日に開かれる衆議院予算委員会の理事会に加藤官房副長官が報告書を提出して、内容を説明することにしています。

これに関連して岸田外務大臣は、閣議のあとの記者会見で「報告が行われれば、韓国側にも、さまざまなルートを通じて丁寧に説明していかなければならない。今回の検証は作成過程の事実の確認であり、談話そのものの見直しは全く考えていないということをしっかりと説明したい」と述べました。そのうえで、岸田大臣は「韓国側にも今回の検証の意味やありようを理解してもらい、日韓関係を前向きな方向で捉えられるよう、しっかりと努力したい」と述べ、韓国側の理解を得られるよう努力する考えを示しました。

NHK 2014.6.20

追記: 韓国政府は「国際社会と共に」「対抗措置を取る」と。

韓国「深い遺憾」表明…「国際社会容認しない」

河野談話の検証結果について、韓国政府は20日の声明で、「深い遺憾」を表明した上で、「国際社会とともに適切な対応措置を取る」と強調した。

 いわゆる従軍慰安婦問題について、同政府は今後、国際社会への宣伝攻勢をかけ、日本への圧力を強める構えで、慰安婦問題を話し合う日韓の外務省局長級協議でも、強い対応に出てくるとみられる。

 声明は、談話の文言を日韓で事前調整した点について、「日本側からの再三の要請に応え、非公式的に意見を提示しただけ」と主張。慰安婦の動員を巡る強制性については、「被害者の生々しい証言こそ、強制性を証明する明確な証拠だ」と強調した上で、「検証という口実のもと、被害者の傷を再びえぐった行為で、国際社会は決して容認しない」として、検証作業そのものを批判した。

読売 2014.6.20

6 件のコメント:

  1. まだすべてを読み切っていないが、まずは当時の関係者の方々は本当にお疲れ様でしたと労いたい。

    意外だったのは、朝日新聞の「軍の関与」報道より前に、資料を政府が把握していたことでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 吉見教授が発見!と報じた朝日の紙面にも、その事について政府関係者のコメントが載ったと思います。その資料は知っていたが、朝鮮人慰安婦(の強制連行)に関する資料を探すよう命じられていたので、報告しなかったとか、そんな事を言っていたように思います。ご存知のように、吉見教授が発見(?)したのは朝鮮人慰安婦とも強制連行とも無関係な資料でした。

      削除
    2. ネットで検索しても件の紙面は画像が粗く、また政府関係者のコメント部分は切られてますね。どこかで読めるかご存じですか?

      >朝鮮人慰安婦とも強制連行とも無関係な資料でした。

      だったらどうして専門家のコメントとして吉見教授は

      「日韓協定で、補償の請求権はなくなったというが・・・」

      等とのたまい、さらにはわざわざ

      「主として朝鮮人女性を挺身(ていしん)隊の名で強制連行 した。
      その人数は 8万とも20万人 ともいわれる。」

      と解説欄で補足説明をし、翌日の社説で

      「『挺身隊』の名で勧誘または強制連 行さ れ、中国からアジア、太平洋の各地で兵士などの相手をさせられた」、「植民地 支配 の朝鮮から多くの人をかり出し、男性には労務や兵役を、女性には兵士の慰安を 強要 した」

      と謝罪と賠償を求めたのか。

      朝日新聞は何がしたかったのだろうか。

      削除
    3. >政府関係者のコメント部分

      手元にコピーがありますので、紹介します。
      正しくは防衛研究所図書館の資料専門官の話として、
      ----------------------
      こういうたぐいの資料があるという認識はあった。しかし、昨年暮れに政府から調査するよう指示があったが、「朝鮮人の慰安婦関係の資料」と限定されていたため、報告はしていない。軍がこれらの慰安所を統制していたと解釈してよいが、「軍が関与した」と解釈するかどうかはコメントできない。(朝日1992.1.11 1面)
      -----------------------

      削除
  2. 1970年8月14日、ソウル新聞が「挺身隊に動員された韓・日の女性はおよそ20万。そのうち韓国の女性は、5~7万名」と報道したところから始まり、1973年、大連生まれの元毎日新聞記者 「千田夏光」 が「ジューグンイアンフ」という言葉を創造、「従軍慰安婦」を出版。  「『挺身隊』として動員された朝鮮人女性20万人のうち、5~7万人が『イアンフ』にさせられた」と捏造したわけですよね。韓国は1970年の報道とその後の経緯を否定しようがないと思うのですが。

    返信削除
    返信
    1. そうなんです。その上、吉見教授も慰安婦が20万人であってもおかしくない、みたいな微妙な事を言っていたのが、20万人説のベースになったのではないかと。この辺の経緯を説明している英語の文献が(たぶん)ないのが、日本側にとっては痛いですね。

      従軍慰安婦という言葉は千田以前からあるにはあったようなのですが、彼の著書から広まったというのは事実なのでしょう。

      削除