2015/05/17

マグロウヒル社、正誤訂正表に反論出来ず


学者らから公式に「正誤訂正表」を突きつけられ、内外のメディアにも報道されたにも関わらず、自社が抱える執筆者に反論させることが出来なかった。どう取り繕うと、マグロウヒル社は敗北を認めたのである。

「慰安婦」教科書問題で米出版社、記述変更せず 「ぶれぬ執筆者を支持」

【ニューヨーク=黒沢潤】米国の公立高校で使われている米大手教育出版社「マグロウヒル」の世界史教科書に、史実と異なる慰安婦の記述がなされている問題で、同社は14日、産経新聞の取材に対し、記述変更の意思はないとの回答を示した。

同社はコメントで「日本政府の代表者や他の人々が最近、マグロウヒルに対し、出版物の1つである『伝統と交流』の慰安婦部分の記述変更を求めてきた」と指摘。「学者たちは慰安婦の歴史的事実をめぐって立場がぶれることはないし、私たちも執筆者の著述や研究、発表を明確に支持する側に立つ」と強調した。

この教科書には、「約20万人の女性を慰安所で働かせるために強制的に徴用した」「慰安婦を天皇からの贈り物として軍隊にささげた」などの記述があり、外務省が昨年11月以降、数回にわたり表記是正を申し入れた。一方、執筆者を含む米国の歴史学者19人は「いかなる修正にも応じない」との声明を発表。これに対し、現代史家の秦郁彦氏ら日本の有識者19人が3月中旬、明確な事実誤認部分8カ所について、同社に訂正を求める声明を発表した。

【秦郁彦氏のコメント】

訂正を申し入れた19人の歴史家を代表する私にはまだ回答がない。無視するつもりなのか。マグロウヒル社に送ったのは「正誤訂正表」である。1+1=3と書いてあっても直す気はないのか。アメリカの良識ある歴史家たちの見解を聞きたいと考えている。

産経 2015.5.16

12 件のコメント:

  1. このマグロウヒルの教科書の当該部分と正誤表は、どこかで手に入らないかな。

    いやー、秦さんが孤軍奮闘していた1990年代とは、ずいぶんと様子が違ってきましたね。韓国人が騒ぐ、日本人が対応する、というイタチごっこがあちこちで続いている。私も知人から、もっとやれ、もっとやれ、米人学者に反論書を送れ、とせっつかれている。

    手持ちの仕事が終わるまで、かんべんしてくれー。

    返信削除
  2. 追伸:

    Mr.Booの特集ページを作りました。

    Mr. Boo
    http://www.howitzer.jp/korea/page42.html

    返信削除
    返信
    1. 拝見しました。力作ですね(笑)

      削除
  3. いつか、このブログでコメントした小野田寛郎さんの記事をアップしました。

    バ韓国資料室
    http://www.howitzer.jp/korea/page01.html

    返信削除
  4. マグロウヒル社教科書の当該部分と秦先生以下19人の日本人歴史家有志が出した「訂正勧告書」を入手しました。下記にアップしてあります。

    バ韓国資料室
    http://www.howitzer.jp/korea/page01.html

    返信削除
    返信
    1. 「天皇からの贈り物」の批判はimpoliteですがもっと強く書かないと。例えば、、、、
      「この記述は日本の国家元首を侮辱することによって日本人の対米感情に深刻な影響を与えている。」(昭和天皇は現憲法の国家元首)

      (google訳)
      This description has a serious influence on the against the US feelings of Japanese by insulting the head of state of Japan.

      削除
    2. ”「この記述は日本の国家元首を侮辱することによって日本人の対米感情に深刻な影響を与えている。」”

      こ文章は妙におおげさに聞こえますね。(南北朝鮮の声明文みたいです。) 蛇足になると思います。

      削除
    3. 訂正:
      こ文章 ---> この文章

      この文章は妙におおげさに聞こえますね。(南北朝鮮の声明文みたいです。) 蛇足になると思います。

      削除
    4. 歴史学者が礼儀の正誤訂正をするとは思えませんので、その意味ではこの項目が蛇足です。それを延長しました。

      政治的な記述には無視という選択肢もあります。

      削除
    5. >喪黒さん

      ありがとうございます。

      削除
  5. この記事とは別件ですが、
    「日本女性の会 そよ風」に、元朝日新聞記者・植村隆氏のニューヨークでの講演について藤岡信勝氏のフェイスブックに記載された記事を紹介しています。

    http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/51849763.html

    返信削除