2015/05/24

玉虫色の「人身売買」発言は、第二の河野談話か


前回「おそらく(ケリー国務省)長官は日本軍が人身売買を行ったとは言わなかったのだろう」と書いたが、どうやら間違っていたようである。ケリー長官は「trafficking of women for sexual purposes by the Japanese military(日本軍による性目的の人身売買)」と言っているから、日本軍による人身売買というのが彼の認識なのだろう。アメリカ政府の認識と断言していいかは分らないが、その公算も小さくないのではないか。

「日本軍による人身売買は言語道断」 ケリー長官

安倍総理は、アメリカ政府と慰安婦問題を人身売買問題とすることで手を打ったと思われるが、これは河野談話の時と同じく政治的な解決である。あの時は、慰安婦の強制動員(≒強制連行)を日本政府に認めさせたい韓国政府と、強制連行(行政機関による正式な動員)は確認出来なかったという日本政府、双方の面子が立つよう玉虫色にしたわけであるが、今回も、アメリカ政府は日本軍による人身売買、日本政府は業者による身売り(≒人身売買)と解釈するという具合に、やはり曖昧なのである。もっとも、アメリカ政府は韓国政府のように手打ちの約束を反故にするようなことはしないだろう。

QUESTION: (Via interpreter) Thank you. This morning, President Park and Minister Yun, both of them have talked about – and I have a question whether Japan was mentioned many times during the conversation with President Park and Minister Yun. We have a very souring opinion of the public, especially from last week. There is no negotiation or talk with Japan without the apology on the wartimes slavery, and 60 percent of the people in the opinion said that there is no dialogue with Japan. And also during the summit meeting between Korea and Japan it should be mentioned.

And also the public opinion getting soured and so on, and also there was a mentioning that was a wartime atrocity. And also, do you think that mentioning was appropriate and also wartime sex slavery was the same meaning as the wartime atrocity? And that was my first question.

Secondly, about the defense guideline between Japan and Korea, there was a respect for the state sovereignty. Although it was not mentioned there, does it mean that if there is a military action that can affect Korea, does it mean that the prior consent should be made by Korea? And there was an – that was an interpretation. However, there was no direct mentioning of that interpretation, but in Korea 70 percent of the public opinion says that, that there is no consent for the military action to be made in Korea. So that is a question for me. So what is your view on that?

FOREIGN MINISTER YUN: (Via interpreter) Was the question for Secretary Kerry only?

SECRETARY KERRY: I thought it was for Foreign Minister Yun. (Laughter.) Is the question for Foreign Minister Yun or for me?

QUESTION: (Via interpreter) The question was for Secretary Kerry.

SECRETARY KERRY: Well, yes, we did discuss – of course, we discussed the issue of Japan. And we are very mindful of the critical role that all of us play in this region – Japan, South Korea, the United States. That’s why we’ve hosted trilateral meetings both to improve the coordination among close allies, our close allies, but also to ease the tension between them. Constructive relations between Japan and the Republic of Korea, our most important allies in East Asia, are critical to being able to promote peace and prosperity in the region. Only three countries – our three countries – share quite as much as we share in common: democracy, a commitment to human rights, free markets. And when we work together there’s a great deal that we’re able to achieve. And we have stated many times that we believe that strong and constructive relations between the countries in the region are in everybody’s interest, so we are – we continue to emphasize the importance of approaching historical legacy issues in a manner that can promote healing and reconciliation. And we’re interested in seeing the parties be able to do that. We understand there will be a meeting before long, a bilateral meeting, and we hope that Japan and the Republic of Korea will be able to find a mutually accepted solution through that kind of meeting.

Now with respect to the powerful and important part of reconciliation that comes from the events of World War II, particularly the trafficking of women for sexual purposes by the Japanese military during that war, we have said many times that that was a terrible, egregious violation of human rights. And the apologies that have been extended by previous Prime Minister Murayama and former Chief Cabinet Secretary Kono marked a very important step forward, a chapter really, in Japan trying to improve relations with its neighbors. We take note of Japanese leaders’ repeated statements that the position of the Abe government is to uphold the Kono and the Murayama statements. The United States has continually encouraged Japan to approach this and other issues arising from the past in a manner that is conducive to building stronger relations with its neighbors. And we urge both Japan and the Republic of Korea to handle these sensitive historical issues, as I said, with restraint, and continue to engage in a direct dialogue towards a mutually acceptable resolution that promotes healing while facilitating a future-oriented relationship. And that is our policy and that is our goal.


国務省 2015.5.18

11 件のコメント:

  1. ところで、WJFさんが発狂したようです。

    http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-741.html

    返信削除
    返信
    1. 現地の情報では、谷山氏のやり方はアメリカ人には非常に評判が悪かったようです。
      ただ、WJFさんもいろいろ批判されたせいか、火病っているようです。
      心配なのは冷静な反省が無く、日本サイドで単なる罵り合いになることです。

      削除
    2. WJFさんの動画ではあれだけ丁寧に慰安婦問題を説明しているのですが、安倍政権を批判する態度が陰謀説とも言えるような全否定ですから、ずっとご無沙汰していました。

      谷山氏の講演は、かっての意見広告(すぎやまこういち氏など)の反響と似ていると思います。日本人が日本人の知識と感覚で正しいと思っていても、アメリカでは評価されなくて逆効果になるということです。
      マイケル・ヨン氏は櫻井よしこ氏に警告をしていた。おそらくアメリカ人に受け入れられないということを危惧したものと思われる。事実関係を批判するのではなく、谷山氏のディベート方法が、アメリカ人の反感を買うという指摘のようだ。

      削除
  2. 単に売春と言ってしまうとこの問題、被害者にとって日本人が思う以上に語弊が大きいのでしょうね。
    ヨーロッパでの事例をかじって、日本とは売春に関する考えに性質的な隔たりがあるというか、売った(とされる)方が一方的に道徳的に罪が重いとみなされるのかもしれない、だとすれば環境が過酷だったことを認めるだけでは却って被害者の救済にならない可能性に昨夜行き当ったのですが。
    (とにかく何らかの形の強制性があったとしないと、被害者の立場がない、というか、、日本政府がすべて強制だったとすると不利益になるのとちょうど裏表のような)
    被害者の国や集団の属する宗教によっても被害者に対しての扱いが違うだろう、その名誉を一括して「救う」にはこういういい方になるのかな…と。

    逆に「当時女性に割とよくあった職業(雑役婦とかよりちょっと下程度)で、それを戦地勤務にしただけ」という感覚でものを言うのはひどく危険なのかもしれません。
    (日本人が売春にあまり「罪」は見ないが文化圏によってはひどく思い「罪」を見るため、こっちに悪気はなくても、相手に「罪を着せている」とみられるのかも…うまく言えませんが)

    返信削除
    返信
    1. 以前ここでも取り上げていたと思いますが、日本人は女郎上がりでも、花魁などは商家の嫁に入ったりするし、年季が開ければ職人などと所帯を持つこともあり、家族のために苦労したことに一定の同情心があるのですが、キリスト教などでは教義に反するものとして悖徳の意味合いが強いのでしょう。

      削除
  3. >Eiji Nakano様
    お返事ありがとうございます。
    >女郎上りでも所帯を持てた
    そうです。そういう感覚の違いです。

    日本でも全く蔑視がなかったとは思いませんし、江戸より時代の近い戦後すぐにはパンパンをダニのよう、と言った人もいるので、買う側より売る側が悪いという感覚はあったのでしょうけど、職業の一つとしておおむね認めてはいるのではと思います。
    生理的嫌悪はあったとしても、キリスト教イスラム教の罪とは違うような…。(イスラムで売春は死刑だと何かの本で読みました。)

    そういうことにも気を配って、日本人の感覚と別文化の感覚の差に鋭敏になって発言しないと墓穴掘りになるのだろうと思います。(私自身含めて)

    返信削除
  4. 年季奉公を人身売買と表現したことは、国際法的に致命傷になりませんかね。

    返信削除
  5. 誤用される可能性がありますが、幸い半島の方は火病ってますので、利用してこないでしょう。

    返信削除
  6. アンドレ・ザ・ジャイアントと娼婦たちの逸話は微笑ましい。


    Left on his own, Andre felt an affinity with society’s castaways, particularly prostitutes, who offered him life advice and friendship. Brito remembers standing with Andre outside Montreal’s Ritz-Carlton as the wrestling star summoned over an overweight street walker: “He gave her $700. He told me when he was on his own, these girls looked after him.”

    During a visit to Paris, Vachon recalls hanging out with Andre in the Pigalle, the city’s red-light district. “The business girls liked having him around. He wasn’t a pimp, but they felt safe when he was there.”

    http://bleacherreport.com/articles/1930105-remembering-andre-the-giants-larger-than-life-career-and-complexities

    返信削除
  7. "Ich bin SexarbeiterIn"






    https://www.youtube.com/watch?v=kwHX7ktoIpo


    返信削除
  8. 欧米には奴隷市場があったから、国が人身売買を認めたとか、日本軍が人身売買したとかデタラメに解釈してる。アジアの人身売買の中心は朝鮮と中国、慰安婦として性風俗に従事するか、中国人に買われるかのどちらか。これは、儒教を悪用した女性を蔑視する家父長制との関係が大きい。親の犯罪の身代りに娘は奴婢に。親に命令されれば、はむかえずに売春婦になる家父長制。

    返信削除