2015/06/01

キム・ボクトン「自由のために戦う英雄100人」に 国境なき記者団


ネットには何とか繋がるものの、まともにブログの管理など出来ない環境から、二三日東京に戻っています。忙しさも今週がピークなので、コメントに返事せずにいる無礼をもう暫くお許し下さい。

「国境なき記者団」は・・・「1938年から45年まで日本軍に連行され、性的奴隷として過ごしたアジアの女性20万人のうち大部分は韓国人だった・・・」と説明

コリア・タイムズを信じるならば、The majority of 200,000 Asian women taken by the Japanese military to provide sex to Japanese troops between 1938 and 1945 were Koreans.というのがキャプションだったらしい。この写真では小さすぎて確認出来ないが、それが世界の常識というものだろう。性奴隷とは書いてないようだが、日本軍によって連れて行かれたとは書かれている。

「自由のために戦う英雄100人」に元慰安婦・金福童さん

「国境なき記者団」が選定
過去にはマンデラ氏やキング牧師も

フランス・パリに本部を置く「国境なき記者団」と同国のAFP通信が共同で選定する「自由のために戦う英雄100人」に、旧日本軍の元慰安婦の金福童(キム・ボクトン)さん(89)が選ばれた。言論の自由の擁護を目的として設立された非政府組織(NGO)の「国境なき記者団」は最近、創立70周年を迎えるに当たり、全世界で「自由のために戦う英雄100人」を選定し、その写真を掲載した画報を出版している。金さんは南アフリカで初の黒人大統領になった故ネルソン・マンデラ氏や、米国の黒人人権運動家の故マーティン・ルーサー・キング牧師などとともにこの「100人」の中の一人とされた。

金さんは現在も、在韓日本大使館(ソウル市鍾路区)の前で元慰安婦と支援者が行っている「水曜集会」に毎回欠かさず出席している。「国境なき記者団」は、2011年12月14日に行われた1000回目の水曜集会で金さんが発言する場面の写真を画報に掲載し、その下には「1938年から45年まで日本軍に連行され、性的奴隷として過ごしたアジアの女性20万人のうち大部分は韓国人だった。生存している元慰安婦たちは92年以来、相次いで日本政府の謝罪や補償を求めているが、日本政府は応じていない」という説明を加えた。

「国境なき記者団」のクリストフ・ドゥルアール事務局長は画報の中で「この画報は国境なき記者団が過去30年間、情報公開など自由を守る過程で共に歩んだ英雄的な人物を称える頌詩だ」と述べた。


11 件のコメント:

  1. パリで朝鮮戦争で日本軍ガーと言い放った方でしたね

    返信削除
    返信
    1. イ・ヨンスでなくこの人が選ばれたのは、最近の露出度ですかね?

      削除


  2. 挺対協は、平昌冬季オリンピックでも頑張ってくれるのかな。

    アーメン

    返信削除
    返信
    1. 平昌のオリンピック公園に慰安婦像が建ちましたね。そういえば。

      削除
  3. 無知蒙昧な婆あどもが、おだてられてチンドン屋をかって出てるとしか思えないんですがね。

    マグロウヒル社教科書の記述に対抗するページを作りました。
    http://www.howitzer.jp/korea/page43.html

    返信削除
    返信
    1. マグロウヒル社も意地になっているようで。

      削除
  4. 結局は挺対協のシナリオ通りにふるまうことが唯一老後の生活保障である老婆を、いい様に使役しているのが挺対協というわけだ。
    老婆を責めるより、挺対協を責めるのが正しい。

    返信削除
    返信
    1. win winの関係のようにも見えますね。

      削除
  5. https://twitter.com/Hazama_Hisatake/status/605692331384184832

    うんざり。

    歴史を悪用した被害者ビジネスは、”いい加減にしろ” と言うことだ。

    The Holocaust Industry:
    Reflections on the Exploitation of Jewish Suffering
    by Norman G. Finkelstein

    http://www.goodreads.com/book/show/48836.The_Holocaust_Industry


    返信削除
    返信
    1. 参照:

      米国の「うんざり」が「嫌韓」に変わる時:日経ビジネスオンライン

      http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150520/281380/?P=1&rt=nocnt


      削除
    2. 朝日新聞、今のところ全然「さまざまな意見を取り上げ」ているといった状況ではないですね。

      削除