2015/06/04

キャンベル前国務次官補ら 「日本は慰安婦に思いやりを」


アメリカとしては、とにかく日米韓の同盟を強固なままにしておきたい、その一念だということは理解出来るが、慰安婦に対して思いやりを示した(唯一の)国に対して、それをして来なかった国が物言う資格はないだろう。アメリカに出来ることがあるとすれば、自ら模範を示すことである。東洋には率先垂範という言葉がある。なお、キャンベルらも日本に法的責任を問うのは無理だと承知しているようだが、挺対協は諦めず頑張って欲しい

米国は日本でも韓国でも慰安婦のお世話になったが、
思いやりを示す気はないようである

追記: 時事は触れていないが、この催しは国際戦略問題研究所(CSIS)と韓国国際交流財団(KF)の共催だったらしい。韓国の元駐米大使も参加し発言したが、日本側からの参加者はいなかったらしい(要確認)。

「元慰安婦に思いやりを」=日韓の関係改善促す―米高官ら

キャンベル前米国務次官補は3日、ワシントン市内のシンクタンクで講演し、日本と韓国が対立している従軍慰安婦問題について「法的なレベルではなく、日本の人々や政治指導者が思いやりを持って元慰安婦に関与してほしい」との立場を示した。

キャンベル氏は、安倍晋三首相が4月下旬の米議会演説で、旧日本軍がフィリピンで米兵捕虜らを歩かせ多数が死亡したとされる「バターン死の行進」に言及したことを称賛。「その思いやりを韓国の友人らにも示してほしい」と注文した。

ラッセル国務次官補(東アジア・太平洋担当)も同じシンクタンクでの講演で、日韓の対立について「東アジアの主要な民主主義国家が仲たがいする余裕はない」と関係改善を促すとともに、米国として協力する考えを強調した

exciteニュース(時事) 2015.6.3[2]

26 件のコメント:


  1. "Ich bin SexarbeiterIn"


    https://www.youtube.com/watch?v=kwHX7ktoIpo


    返信削除
    返信
    1. 売春を仕事として割り切っている人もいますね。

      削除
  2. 「めそめそ」です。
    色々とアメリカ政府にツッコミたい気持ちもありますが、事態の収拾に出てきてくれてる感じだと思っていいんでしょうか。

    結局中国・北朝鮮と対立関係がなくならない限り、日本・韓国ともに軍事的な結びつきがあるのだから、この二国が拗れたらアウトですものね。

    某大学でやった講演でひんしゅくを買ったりした某氏の動きやら、今までこの件で自爆してきた数多の日本人活動家の動きを思うにつけ、アメリカが出てくるまでジッとしてればよかったのかなあ……と。
    (某氏に関しては、英語圏で一時育ち、英語理解能力もあるにもかかわらず結局海外の事情を理解した上での、ちゃんとした日本弁護のプレゼンができなかったというのが意外でした。これほどまでに文化的な壁を超えるのは難しいのかと。)

    政府とこの前の187人声明系の学者さんではズレが出る(言論の自由がある以上当然)ですが、政府系の人が動いてくれればとりあえず安心できるかな……と思ってます。

    返信削除
    返信
    1. WJFさんの受け売りに聞こえるが。


      http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2015/05/blog-post_10.html?showComment=1431703488454#c1933540794694921418

      削除
    2. めそめそ です

      確かマイケル・ヨン氏関連のブログでの情報で、私自身彼の動画を見て問題だと思ってた点(服装・態度など)が問題にされてたのと、あの動画からわからない、観客席の様子などについて言及されてたことが根拠です。

      WJFさんのも拝見していますが、ブログの方で政権批判などにも手を広げていることと、この前のブログの大爆発を見て、あちらも完全に評価するわけではありません。

      どんなに不条理だと感じても、感情的にならないことが、この件に関わる人の必須条件なんだな…と。

      削除
    3. めそめそです
      多分このページです
      http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/05/cwu.html

      削除
    4. 日本の保守系の政治家たちが外に向かって反論する度に状況を悪化させて来たのは事実で、自分もそれを批判して来ました。ただ、谷山氏に関しては、私はちょっと違った印象を持っています。彼の3時間超のDVDを見ていないので、論評は控えますが。

      削除
    5. 私も映画そのものは見ていなくて、講演会(?)の動画を見ただけです。

      非難するというより、自殺点にならないような主張の仕方が難しいというのが趣旨です。
      私自身、海外での慰安婦像設置反対のネット署名を考えつつ、その国以外の住民の署名が多ければ却ってそれを根拠に足を引っ張ってしまうのではと思ったり、頭が痛いです。

      アメリカ・韓国と一言で言っても一人ひとりバラバラな個人集団の集まりですからひとくくりにするのは難しいですけど、多分軍事系の人は今の同盟あるいは軍事的協力にひびが入りかねない状況に危機感を持ってるのかなと思います。(この前の記事の池萬元氏も元軍人ということですし)

      削除
    6. >その国以外の住民の署名が多ければ却ってそれを根拠に足を引っ張ってしまうのでは

      そういったジレンマは常に感じますね。

      削除
  3. しかし、ここのブログ記事は本質的にも内容的にも同じことの繰り返しのように感じてきたので、コメントも過去に気に入っているものがあったらどんどん再使用すればいい。(時間とエネルギーの節約のために)
    Life is too short to be eaten by Korean Propaganda.


    とにかく、コリアとは可能な限り距離を置きたい。

    返信削除
    返信
    1. 最初は自分の意見は控えるという方針だったのですが、同じことばっかり言っていますね(笑)

      削除
  4. 以外にアメリカもバアランス取ろうとするなあ。
    しかし、過去のそういったポーズが韓国をつけ上がらせてきたことを反省するべきだろう。

    返信削除
    返信
    1. 一番反省すべきは日本でしょうね。でも、懲りない日本人。

      削除
  5. 今日、Herbert Zieglerのメールドレスに、下記のWebsiteを作ったこと、該当の記述は事実ではないので、撤回もしくは不実記載の声明を出す事、ならびにマグロウヒル社に、引用箇所の削除を求めることを強く勧告する旨のメールを出しました。何か反応があれば、このブログに報告します。

    McGraw-Hill Textbook Hoaxes
    http://www.howitzer.jp/korea/page43.html

    Herbert Ziegleはこれと思われる。
    http://manoa.hawaii.edu/history/people/herbert-ziegler

    それから、私のコテは「喪黒福造」なのですが、コメント欄で「人の操作であることを確認」にチェックを入れる際、文字の半分から上しか表示されない(下半分が表示されない)ので、確認のための文字記入ができません。やむなく、google accountの登録名でコメントを記入しています。

    操作が悪いのかブログの設定に問題があるのか分かりませんが、従来どおり、喪黒福造>URL>「人の操作であることを確認」(数字記入+確認ボタンクリック)でコメントができるようにしてもらえませんか。>ブログ主様

    PS
    シリカ太郎さん、マイケル・ヨンのblogでお目にかかりましたね。谷山作品に粘着している彼の心境は理解できませんでした。

    返信削除
    返信
    1. コメント欄の設定は以前と変わっていないと思います(私に分かる範囲では)。ブログスポットの仕様が変わったのかもしれません。

      削除
  6. 私の直感だが、マイケル・ヨンの日本語担当部門とWJFは繋がりが在るのだと思う。

    最初からではなく、タイミングを見計らって擦り寄っていったのだろう。そして次第にマイケル・ヨンの記事がゴシップ週刊誌みたいになってきた。 その日本語担当部門が何か要らぬ事、挑発的なことを吹き込み焚付けたのかもしれない。

    そして今度は Yamada Taro という(おそらく共産党系あるいは民社党系の)紛争屋がにわかに現れた。 どこか ”エミ小山” に似ている。 

    返信削除
    返信
    1. 谷山氏を含めて、私は三氏のうちの誰に対しても特に大きな不満はありません。基本的に右派に厳しいと言われる自分ですが。

      削除
  7. 山路 敬介2015年6月6日 6:12

    本記事の最初の5行はまったく同感ですね、感動すらおぼえました。
    特に最後の「挺対協は諦めず頑張って欲しい。」には激しく同意です。
    米国(世界中ですかね?)は残念ですが真実や正義で動いているワケではないので、さらに挺対協には頑張って墓穴を掘ってもらわないと日本側の「主張の正しさ」が決定的にはなりませんものね。
    しかし米国の政策はどうなんでしょう。ギリギリまで日本に譲歩させて日米韓の間を取り繕う努力を続けることは米国らしいやりかたなんでしょうが、成果が出ないんじゃないかな。

    保守派のこの件に関する米国における発信の顛末について、私はhazamaさんと見解が少々異なります。
    例えば、The factの広告など外面的にはお粗末であわれな抵抗のように見えはしましたが、効果はあったのです。
    米国(というより、米国人ですかね)に対しては反発を恐れず決定的な対立でないかぎり可能な限り主張していくという姿勢が大事です。
    強力な主張と打ち合いを経ないと米国人ってのは、心にひびきません。
    日本側の反論が不十分で真剣味がない為招いた米国における「慰安婦問題」とも言えます。


    PS:喪黒さんのような症状が小生にも度々生じます。



    返信削除
    返信
    1. 韓国サイドの期待を煽ると制御不能になるから、こういう期待持たせる発言は慎むべきなんですけどね。それで揺り戻しがあるとさらに「恨」が増幅する。最初から厳しくしつけなくてはいけない。

      削除
    2. 山路さん

      私は、躊躇なく、そして諦めずに反論すべきという考えです。日本は反論の作法、テクニックを学んでいる過程なのだと思います。

      削除
  8. 今、アレクシス・ダデンのメールアドレスには、次のようなメールを出しました。
    これも、何か反応があれば、ここで報告します。

    Please be advised that there is a following webpage.

    False Accusations of Comfort Women
    http://www.howitzer.jp/korea/page03.html

    History distortionists and life-long Japan-bashers like you unreasonably cultivate hatred between Japan and Korea even after 70 years have passed since the end of the war in the malicious attempt to tarnish the reputation of the present-day Japanese.

    As the result, the investment of the Japanese companies in South Korea has sharply dropped, and the number of the Japanese tourists visiting S. Korea has also dropped sharply, making the country poor and poor every year.

    返信削除
    返信
    1. 返事がありましたら、教えて下さい。

      削除
  9. キャンベルらも中古品ですよ、中古品。

    こないだ「三面楚歌にようやく気がついた韓国」(鈴置高史 日経BP)を読んだのですが、韓国を取り巻く外交情勢が思った以上に悪いので驚きました。

    今や、米中は南シナ海で一触即発の危機にある。局地紛争もあり得る状態であって、韓国は日米に付くのか支那に付くのか、態度を明確にしなけりゃならない。「慰安婦」で日本を攻撃している場合じゃない。「三面楚歌」は今年3月に出版されて、米中冷戦という新情勢で韓国が非常に苦境に陥ることを指摘しているわけですが、わずか2ヶ月余で、冷戦どころか明確な対立になってしまっていて、鈴置氏の予言よりもずっと状況が悪くなっている。

    そのうえ、今、米国の外交の第一線にあるアッシュ・カーターとかダニエル・ラッセルのような国防を担当している人々は、韓国の姿勢に大きな疑問を抱くに至っている。アメリカの対中政策は日本を取り込んで東アジアの平穏を保ちつつ、自国経済の回復を待つことにあるのに、韓国はそのアメの同盟国たる日本の悪口ばかり言っている。いいかげんにしろ、という感情は当然に芽生えるわけです。

    たとえば、今度、朴クネが訪米する際に、THAARDミサイルシステムの設置問題は必ず話題になる。設置を容認すれば中国から攻撃目標にするぞと恫喝され、設置を拒否すれば米韓同盟はおしまいだ。

    そのうえ、北朝鮮の情勢が流動的で、金正恩は少しでも不審を抱く幹部を殺しまくっているようだから、いよいよ北朝鮮の体制が崩壊するかもしれない。そのときには38度線には穴が空いてしまって、北から大量の難民が南に流れ込むかもしれない。金正恩がこれまでに二回、暗殺未遂に会っているというのは西岡力教授が云っていることで、相当にヤバイみたい。

    米や石油など、それら難民を70日は持ちこたえる備蓄はあるというけれど、それを超える備蓄はなくて、日本しか頼る先がないわけです。日本には350万トンの米と日本経済が消費する半年ぶんの石油備蓄がありますからね。これから生産・輸送するという食糧・石油ではなくて、港の近辺にある備蓄で、にほんがOKすればすぐに使える備蓄です。 なのに、日韓関係は最悪の状態にある。だから、朴クネが来日してTV出演して日本国民に謝罪でもしない限り、日本の世論が韓国支援を許さないだろう、というのが長谷川慶太郎さんが「朝鮮崩壊」で述べている意見なわけです。これは、当たっていると思う。

    韓国が置かれている立場は非常に切迫していて、「慰安婦」という反日オモチャで遊んでいる場合じゃないのですよ。

    返信削除
  10. 思いやりの立場に立つ加害者は受け入れられない。
    加害者は被害者に土下座して謝罪せよと言うのが慰安婦の主張なんだが、、、なーんにも分かっちゃいない、韓国人を。

    本題とは無関係な投稿です。
    「ですが殿下、妓女(キーセン)を廃止し医女まで使えぬとはあんまりでございます。臣下の士気低下はもちろん、厳しく禁じれば婦女子に意図せぬ被害が及びます。慣行は尊重すべきかと、、、」(大長今ー宮廷女官チャングムの誓い 第33話33:10〜 Gyao)
    NHKでも放送された韓流ドラマ。さっき無料配信みてたら、こんな場面が、、、臣下には文官と武官がいるので軍人も含まれます。「婦女子に意図せぬ被害」とは強姦ですか?キーセンは慰安婦でもあったってことでしょうか 。

    ちなみに宮廷内の女医は王妃や女官の治療をするのですが身分は官婢。技術者の評価があまりにも低く、無能な両班が取り仕切るから、MERSが蔓延する。
    キーセンにも、韓国人売春婦にも思いやりを!

    返信削除
    返信
    1. 「婦女子に意図せぬ被害」

      う~ん。

      削除