2015/06/30

キム・ボクトン蝶基金に550万円寄付

「平和と人権を叫ぶ活動」?

やや鮮度落ちだが、キム・ボクトンが550万円を蝶基金に寄付したというニュース。蝶基金(butterfly fund ナビ基金とも言う)についての説明は省くが、この20年間でこの人たちはかなりの財産を貯めたものと思われる(口に出して言わないが、皆分っている)。これは慰安婦がナショナルヒーローとなった韓国特有の現象だろう。フィリピン人慰安婦は相変わらず質素な格好でデモをしている

名誉だって。キム・ボクトンが国境なき記者団によって「自由のために戦う英雄100人」に選ばれたというニュースは紹介済みだが、今日も、彼女がソウル市女性賞なる賞を受賞したというニュースが(どういう賞かは知らないが)。金も名誉も手に入れた彼女たちは、余生をジャパンバッシングに捧げる。ある意味、気の毒な人たちである。

慰安婦被害キム・ボクトンお婆さん、生涯集めた5000万ウォン寄付

日本軍慰安婦被害者キム・ボクトン(89)ハルモニが戦時性暴行被害者のために使って欲しいと全財産5,000万ウォンを喜んで寄付した。

キムおばあさんは24日ソウル、鍾路区の日本大使館の前で開かれた第1184回日本軍慰安婦問題解決のための定期水曜集会で蝶基金後援支援金伝達式を執り行ない(?)5,000万ウォン(550万円)を寄付した。 蝶基金は2012年3月8日の世界女性の日に戦時性暴行被害女性を助けるために出来た基金。 満14才で慰安婦として中国、広東などに行き、そこで言いなりになって苦痛を味わったハルモニは、1992年政府に被害者として登録した後、ウィーン世界人権大会などに参加し平和と人権を叫ぶ活動を受け継いできた。 最近では国際言論団体が選定した「自由のために戦う英雄100人」に世界の著名人たちと並んで紹介された。

韓国日報 2015.06.24[2]

위안부 피해 김복동 할머니, 평생 모은 5000만원 기부

일본군 위안부 피해자 김복동(89) 할머니가 전시 성폭력 피해자들을 위해 써 달라며 전재산 5,000만원을 쾌척했다.

김 할머니는 24일 서울 종로구 일본대사관 앞에서 열린 제1,184차 일본군 위안부 문제해결을 위한 정기 수요집회에서 나비기금 후원금 전달식을 갖고 5,000만원을 기부했다. 나비기금은 2012년 3월 8일 세계여성의 날을 맞아 전시 성폭력 피해여성들을 돕기 위해 마련한 기금이다. 만 14세에 위안부로 가서 중국 광둥 등지로 끌려 다니며 고통을 겪은 할머니는 1992년 정부에 피해자 등록을 한 후 비엔나세계인권대회 등에 참석해 평화와 인권을 외치는 활동을 이어왔다. 최근에는 국제언론단체가 선정한 ‘자유를 위해 싸우는 영웅 100인’에 세계 저명 인사들과 나란히 소개되기도 했다.

4 件のコメント:


  1. 元慰安婦のチンドン屋婆さんら(金福童・李ヨンス・吉元玉・姜日出)を見ていると、「バカの壁」とはどういうことか、について根本的に考えさせられますね。

    婆さんらは、朝鮮という狂気の池で生息するガマガエルのようなもので、その姿はとても醜く、やっていることも醜悪だ。

    自分たちが表に出て世迷言を並べるたびに、それだけ日韓双方の国と国との間が引き裂かれ、若い世代にも反目を生み、韓国の未来さえも壊している、そのことに、どうして気がつかないのだろうか。

    最近、「すごくヤバイ!韓国経済」(別冊宝島)というものを読んだのですが、かなり悲惨なデータが並んでいます。

    1)サムスンのスマホ大不振(営業利益10%減)、IT・移動通信部門の営業利益42%減
    2)現代・起亜自動車の国内シェア80%→60%に低下。現代自の累積赤字3500億円。
    3)鉄鋼大手ポスコの海外子会社165社のうち73社が赤字。粗鋼生産量も世界2位から6位に低下。
    4)韓国製造業の収益性は主要46カ国中、12年の29位から14年は33位に低下
    5)韓国を訪れる日本人観光客が2012年のピーク時(352万人)に比べ、14年は230万人と、2年間で122万人減(35%減)。
    6)日韓通貨スワップ終了
    7)対GDP比債務総額286%で世界ワースト1(うち、家計債務比は80%で114兆円)
    8)資金不足の平昌五輪、工事進捗率10%

    このうち、1)2)3)を足すと韓国のGDP(約110兆円)の3割ぐらい行くはず。
    4)は韓国の製造業が付加価値の高い製品を作っていないので、価格競争に晒されると収益性が低下することを示す。
    5)と6)は明らかに反日政策の影響。
    7)8)はその他。

    1)から4)まで、日本から技術導入をしないと、中国や他の途上国から数年で追いつかれてしまうが、これだけ反日で凝り固まると、そう簡単にはいかないだろう。元々技術開発力の劣る韓国が自国の産業のみで世界企業と競争していくのは困難。
    6)は、アメがドル金利を引き上げると外貨不足に陥り、ギリシャみたいにデフォルトに陥る危険を増幅させる。

    韓国の経済を調べていて特徴的なことは、好材料が一つもないことだ。日本のように、現状で強い分野(例:燃費効率の高い発電機/製鋼技術、精密・正確な機械、耐久力のある素材)や水平線にある技術分野が見えない。エンジンのない飛行機に空を飛べというようなもの。あえて唯一の好材料として挙げるなら、「日本からの支援」があったが、それを自ら潰してしまっている。

    反日を続ければ続けるほど、自国に未来を壊す状態にある韓国だが、もはや反日は薬物中毒と同じなので、行くところまで行くしかなかろう。

    by Moguro Fukuzo

    返信削除
    返信
    1. そうですよ。

      今、政経分離だツートラックだと言い出している。

      でも、もう遅い。アメリカや他の外国まで行ってジャパン・ディスカウントをする態度に、日本人がぶちきれてしまっている。

      これまでになかった事象は、日本人が嫌韓感情を爆発させ、「韓国切捨て」に走る姿勢に転じたことです。このことがもたらす韓国の不利益は計り知れないものがあります。

      典型例は、新日鉄住金とポスコの間で紛争になっている「方向性電磁鋼板」です。エコノミストとして、私も学生時代からずっとファンの長谷川慶太郎氏によると、ポスコは紛争に敗れるだろうという。ポスコは、この技術を上海宝山製鉄に売り込むときに「日本から得た技術だから確かだ」と宣伝してしまっている、というのですね。間抜けな話です。泥棒が、有名ブランド店から盗んできたものだから高価な名品に間違いないと宣伝しているようなものです。

      ちゃんとロイヤリティーを払ってライセンス生産すれば何も起きないのに。で、新日鉄住金は、この技術をアメリカのUSスチールのような他の鉄鋼会社にライセンス生産させるようになった。ポスコにとっては、本家になかなか及ばないだけでなく、他の分家が競争相手として登場してくるわけです。ハイテンションスチールのように、現在水平線に登場してきている技術も、もうポスコは得られない。

      日本の企業は、こういう世界の先進工業国でもマネのできないライセンスを、たくさんもっているのです。

      ちょっと前なら、東芝のDRAM、三菱自動車のギャラン(現代自動車の技術体系の基礎になった車種)のように、技術を吸い取られても日本人は我慢していた。反共の砦として、アメリカに韓国経済のテコ入れを要請されていたからだと思います。でも、もう我慢しない。日本の企業人が急速に態度を硬化させていることは、サムスンが事務機でシャープと提携しようとして、ソニーとパナから横槍が入って実現しなかったことを見ても明らかです。スマホの次が見つからないサムスンが、いずれ人件費の安い中華企業に追いつかれ没落していくことは明らかです。

      削除
    2. それから、韓国は、もう一つバカをやった。

      戦時徴用工問題で、韓国の裁判所は、三菱重工に賠償金の支払いを命じましたよね。もちろん、徴用工のことも1965年の日韓基本条約で終わっていることです。これも、韓国内の反日感情が暴走した狂気の沙汰なわけです。

      で、企業の側からすると、こういう「政治リスク」のある国には、誰も進出したがらないのです。戦争当事国が、賠償金の支払いについて交渉をして平和条約を結ぶということは、過去をもって現在と未来を壊さないためです。まして韓国は日本と戦争をしたわけでもない、日本統治下で、日本から多大の恩恵を受け、朝鮮窒素や朝鮮鐘紡のように、向こうにおいてきた企業資産も多かった。それらを「敵産」として没収して山分けをしておいて、そのうえ、北朝鮮に対して優位に立つためと称して日本からカネをふんだくり、なおかつ、技術カッパライ放題でやってきて、そのうえ徴用工の賠償金だなどと、ふざけるのもいい加減にしろ、という感情は当然です。

      私も鹿島建設の社員でしたから、重工業を歩いた人間の一人として断言しますが、重工業にいる人間は、他の業界にいる人間よりも国家意識が強いのです。多かれ少なかれ、国の政策と企業の構造が結びつき、「政商」として発展してきていますからね、上から下まで、国を背負って立っているという意識が強い。一朝、事あれば、災害復旧に命をかけることも重工業にいる人間の特徴です。

      そのうえ、重工業は、莫大な初期投資やノウハウの蓄積を必要とします。鉄道車両でも発電機でも、でかくて重い物を工場内に置いておき、大量の資機材と技術者・人員を動員して最終製品を作るのですから、そういうものを70年以上も前のことを持ち出して差し押さえられたら、困るどころの話じゃない。

      建設業だって、トンネルボーリングマシンとか、100トン吊りクレーンとか、特注品の高価な機械を大量に現場においているのです、それらを、戦前・戦中のことを持ち出して差し押さえられたら、どうなるか。

      いずれにせよ、三菱重工に賠償金の支払いを命じたことで、韓国には今後、重工業が育つ見込みはなくなったと言えます。商船三井の船を差し押さえて戦前の傭船費用の支払いを命じた中国も同じです。一社だけでなく、業界を超えて、中国・韓国のカントリー・リスクはイラン・イラク戦争当時の中東諸国並みの危険な国と認識されたはず。ミサイルが飛んできて現場が吹っ飛ぶかもしれない国だ、ということです。

      重工業の基礎を全く欠いた韓国で、日本企業が差し伸べた手にかみ付いたら、いったいどうなるか。予見しうる未来が20年と考えれば、原発から発電機、鉄道車両から航空機まで、韓国企業は、その間、全く未来を失いますよ。20年発展しなければ、その先の30年もダメです。都合半世紀、韓国に重工業は育たない。

      韓国人が意識しているかどうか知りませんが、反日狂気は、ここまで韓国の未来を奪っているのです。

      削除