2015/06/19

藤岡信勝187人声明に反論(強制リクルートなし)討論会を提案

Forced recruitment(強制リクルート)は無かったという藤岡
海外の日本研究者たちを納得させられるか

日本軍の慰安婦問題を「その規模の大きさと、軍隊による組織的な管理が行われたという点において・・・特筆すべきもの」と断じた世界の日本研究者らによる187人声明に対し、藤岡信勝教授が賛同者の全員に反論書→[日本語版 強調引用者]を送ったという。

声明の賛同者は最終的に450人を超えた。多くは、勧められるまま良く分らずに署名したのだろうと思われるので、一人一人にこうして問い質すのは良い考えだと思う。藤岡教授がこの機会を「好機到来」と捉えたのにも同感である。エズラ・ヴォーゲル、ジョン・ダワー、アンドルー・ゴードンといった日本研究者が名指しされているが、こうなってしまった以上、彼らは署名してしまった事実に、これから向き合って生きて行かねばならない。大量破壊兵器の存在を信じてイラク攻撃を支持した人々と同じ十字架を背負ったわけである。

敗戦と同時にこの問題から開放された日本軍と、基地村売春、ベトナムの「慰安所」など、アメリカ軍には半世紀を軽く超える買春の歴史がある。そんな彼らが生み出した「被害者」が、20年足らずの日本軍慰安所による「被害者」より少ないと何を根拠に言うのか、彼らは自分の口で説明しなければならない。「アメリカの『日本研究者』よりも、日本の、多少とも啓蒙された国民のほうが、慰安婦問題の真相を知っている」というのは、藤岡の言う通りだろう。日本研究者の面目丸潰れである。


一国をこのように断定して非難の対象とするからには、よほど慎重な事実の検討と、比較作業の積み重ねが必要です。質問しますが、皆様方はそのような慎重な作業をなさったのですか「187人の歴史家声明」に対する応答と提案 強調引用者)


藤岡が反論の為に持ち出す米軍の公文書
実は強制リクルート説に有利な内容でもある

ただ、藤岡の反論には危なっかしさもある。「吉見義明は、日本のテレビの討論番組で、『朝鮮半島における強制リクルート英語版)の証拠はない』と述べています」という説明には、外国人はポカンと口を開けるかもしれない。


the only Japanese scholar who the nineteen American historians cited as endorsing their viewpoint was Yoshimi Yoshiaki, who stated on a Japanese TV talk show that, “There is no evidence for forced recruitment of comfort women on the Korean peninsula.”

A Counter Response and Proposal to the “Open Letter” written by 187 Historians

吉見教授の発言は、当時の日本においてこそ衝撃的だったが、(韓国だけでなく)アジア中から集められた女性が強制売春に従事させられていた問題と聞かされている欧米人のニワカ集団(日本研究者)には、問題の矮小化と受け取られるかもしれない。そもそも、吉見は著書の中で朝鮮半島でも強制リクルートはあったと書いているではないか、と彼らは思うだろう(吉見曰く、騙されて慰安婦になるのも強制)。日本人に通じる説明がそのまま外国人にも理解出来ると考えない方がいい。

藤岡が反証のつもりで持ち出している『尋問調書第49号』や朝日新聞の過去記事撤回だが、アメリカでは逆に、強制リクルートと安倍政権下の言論弾圧の証拠と見なされている。

「日本人男性が特筆すべき強い性欲の持ち主でないことだけは確か」であるとか「日本人には・・・猟奇的な趣味はなく(い)」というのも、何だろう?性欲の問題があるから慰安所を設置したのであるし、日本人だけが残虐性とは無縁というような物言いは相手にされないだろう(四肢切断という文化についてはともかく)。「現地での強姦事件が殆どなかった」という主張は、藤岡自身が文中で何度も引用している秦郁彦の見解とも矛盾する。秦は、著書の中で(第二次大戦に限れば)日本軍は英米軍よりこの点で「お行儀が悪かった」と言っていたはずである。

それでも、日米の研究者による討論会をという提案は歓迎したい。「植民地と占領地から、貧しく弱い立場にいた女性を搾取した」日本軍(本当は内地人が多かったらしい)は問題だが米軍は敗戦国(日本)の女性を搾取したのだから非難には価しないと言うなら、とんだ知日派である。


結論として、私は最後に、日米の研究者の間の真摯な、一連の討論会の開催を提案します。テーマは、日本軍の慰安婦制度とは何であったのか、戦場の性処理問題の国際比較、現在の世界で繰り広げられている深刻な人権問題、などについてです。討論は、証拠と論理に基づく冷静で学術的なものとします。

そうした場を日本の外務省がつくってもいいし、民間の財団が旗を振っていただいてもよいと思います。相手の視点から学ぶ相互対話が今ほどふさわしい時はありません。
私達が力を合わせれば、21世紀を「希望の世紀」とすることができるはずです。


20 件のコメント:



  1. あら捜しは、共産党系/民社党系/反日系に勝手にやらせて置けば良い。


    ---------------------------
    Arguing with Korea/Koreans
    is like playing chess with a pigeon.
    It'll knock over the pieces, crap on the board,
    and fly back to it's flock to claim victory.

    返信削除
    返信
    1. 共産党系/民社党系/反日系は藤岡教授の失敗を願っているでしょうから、バグを指摘するような事はしないのではないでしょうか?

      削除
  2. 外交では事実認識が大事
    米ハーバード大学名誉教授エズラ・ヴォーゲル氏に聞く
    2015年6月19日(金)
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/061700002/
    インタビューの後半のほうで、歴史認識について語ってました。

    林・吉見教授らの歴史認識のほうが、
    欧米人の学者らは心地いいのでしょう。

    ヴォーゲル博士って一見知日派に見えますが全く違いますね。
    結構、日本を罵倒しているようなことをやんわりと
    表現しているだけのただの親中派の学者の面が強い。
    日中でうまくやってるつもりでしょうが、
    もうボーゲル博士のメッキは剥がれましたね。

    谷山雄二朗氏の動画を知ってか知らずか
    米国も、ネイティブアメリカンや黒人に対してやってきた
    過去の間違いを認める必要があります、と
    いってはいるものの、例の声明文では
    日本軍慰安婦数が確定していないと米国教科書の
    間違いを暗に認めてるくせに、それを黙ってるずるさは
    米国人の傲慢さをくかんじざるえませんね。

    あの声明は、日本 が植民地時代に行った過ちについて
    研究したり、発表したりしている日本の学者が
    最近、大学の職を奪われたり左遷されたり、
    右翼の攻撃を受けたりしている現状を聞き
    とありますね。
    これって、元朝日新聞の植村さんのこと?と思いました。
    どうりで、植村さん、米国で講演行脚をして
    そのコーディネートを米国人の女性学者がしてたわけですねと
    植村氏になんの問題もないような口ぶりに呆れましたわ

    返信削除
    返信
    1. 堂々と討論に応じて欲しいですね。エンコリ出身のネトウヨでも簡単に言い負かせそう。

      削除
  3. やつらは藤岡教授が提案する討論会には、出てこないと思いますよ。

    なぜなら、奴らの目的が学問的研究ではなく、日本を貶めることにあるからです。もしも学問的研究に目的があるなら、Herbert Zieglerは、マグロヒル社の教科書のような文章が書けるはずがない。Alexis Duddenが呼びかけた187人の学者声明のような文章も書けるはずがない。エズラ・ヴォーゲルが自民党でほざいた事も言えるはずがない。

    そもそも、こいつらの声明も文章も発言も、昨日今日始まったことではない。韓国ロビーの延長上に米韓合同セミナーのようなものを何度も開き、そこでは藤岡教授のような日本側代表による抗弁の機会を奪ったうえで、駐米韓国大使には自由に発言させた、その一連の欠席裁判の中から出てきたものです。そのことは産経の古森義久が何度も指摘してきた。今更、藤岡教授と討論なんか、するわけがない。つまり、こいつらは途方もない卑怯・卑劣なやつらだということです。

    私は、この三人に頭にきたので、それぞれのメールアドレスに抗議文を入れた。ええずらはまだ日本にいるのかもしれないが、1週間経つが何も反応がない。きっと、こいつらは何も反応せず、機会があればまたヲタ声明を出すと思います。

    のれんに腕押しの相手に論戦を挑むより、味方を増やすほうがいい。私がwebsiteの充実に力を入れている理由も、そこにあります。慰安婦像を見て、この問題に興味を持った層は、必ずネット情報を調べるだろう、そこで理解を深めてもらおう、という心積もりがあってのことです。

    by 喪黒福造

    返信削除
    返信
    1. >藤岡教授が提案する討論会には、出てこないと思いますよ。

      出て来ないでしょうね。ですから、公開質問状のような形で追い詰めるしかないでしょう。

      削除
  4. 但し、「望み」もあることは、付け加えておこうと思います。

    なぜなら、今回、藤岡教授が書いた反論書は、送った相手が187人と多いことです。このことは、藤岡教授に近い人からの別ルートで私も聞いています。

    Dudden, Ziegler, Vogelの三バカトリオのスチャラカ・アメリカ人には望みはないけれども、単に名前を連ねただけの連中から、まじめな研究に取り組もうと考える奴が、でてくるかも知れない。

    それから、187人声明に疑問を呈したJason Morganという人物、この人は桜井よしこ氏と接触を持ったことが、氏の国基研のページに書いてあります。

    そういうふうにして、少しずつ輪が広がっていくと、ある日、突然に良い事がある、これは、私の経験則から言えることです。

    by 喪黒福造

    返信削除
    返信
    1. >単に名前を連ねただけの連中から

      そういう意味で、今回手紙を出したのは正解だと思います。

      >少しずつ輪が広がっていくと、ある日、突然に良い事がある

      私もそのように考えて楽観的です。

      削除
    2. 私にとって良い事とは、プロパガンダ発信基地であるトンスル国にブーメランが飛来してきて脳天にグサッと突き刺さることです。

      ---------------------------
      Arguing with Korea/Koreans
      is like playing chess with a pigeon.
      It'll knock over the pieces, crap on the board,
      and fly back to it's flock to claim victory.

      削除
    3. 注釈:
      トンスル国とは

      http://www.dailymail.co.uk/health/article-2398130/Ttongsul-bizarre-traditional-Korean-rice-wine-uses-human-POO-heal.html




      トンスル人とは

      http://imageshack.us/a/img443/7208/bmqi.jpg;large

      削除
  5. 四肢切断ですが、、、
    下院121号決議の該当部分をgoogle翻訳すると
    sexual violence resulting in mutilation
    傷が生じる性的暴力

    ネット上にある決議訳ではただ「身体切断」となっていて、「性的暴力の結果」という部分の訳がありません。それがあれば、切断を目的とした中国の刑罰とは異なる事が分かります。

    mutilationは「(手足などの)切断」とネット辞書にあります。性的暴力の結果として切断になった女性の身体の部分とは、一体どこだと米国人は想像するのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. sexual violence resulting in mutilation

      これって、誰かの証言が元でしたっけ?

      削除
    2. 121号決議を作成した専門家グループがいるそうです。毎日新聞が吉田証言に関連して最近インタビューしたようです。

      議会報告書を見れば何を根拠にしたのかが分かるでしょう。
      http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-3084.html
      「われわれは、121号決議の考察、草案作り、弁護において、吉田証言と朝日の記事は要因ではなかったと記者たちに明確に語った」
      「われわれが強調したのは、ひとつの信用のおけない情報源で、議会向けリサーチの論拠は作り上げられないという点だった」
      「インドー太平洋地域全般において、帝国日本が軍、植民地の役人、ビジネスマン、海外労働者のために性奴隷制度を組織し、運営したことを立証する書類や証言による証拠はたっぷりとあった」

      削除
    3. マイケル・ヨンが言っている米政府の議会への報告書では膨大な費用をかけて調査した結果、日本軍や日本政府が慰安婦問題に組織的に関与した証拠は見つけられなかったという事でした。
      「証拠はたっぷりあった」というこの専門家グループの報告と時期は同じ。嘘をついているのはどっち。

      米国の専門家や議会やマスコミに対する信頼性は韓国や開発途上国並。もっとも日本も似たようなものですが。それにしても米国がこんなにひどいとは思わなかった。日本人にはショックでしょう。

      削除
    4. 外国特派員協会を仕切るデイヴィッド・マクニール(David McNeill)記者とは:
      https://twitter.com/catbsky/status/608609035697295362

      日本会議をネオナチの如く悪魔化するエコノミストの記事「Right side up」に記者の署名は見当たらないが、マクニール本人が書いたとツイートしている。
      https://twitter.com/catbsky/status/610258631070593024

      削除

    5. 外国特派員協会と蔓延る外国人左翼活動家の実態

      http://togetter.com/li/793676


      削除

    6. I(マイケル・ヨン) asked McNeill(デイヴィッド・マクニール) for evidence, and his response was "piss off."

      https://www.facebook.com/MichaelYonFanPage/posts/10152509606695665


      削除


  6. 20 yo son gets penis cut off by his mother when sleeping
    Read more at

    http://www.liveleak.com/view?i=ba4_1405485992#D88kQ03c7GYOYclQ.99

    -------------

    A Woman Drugs Husband, Cuts Off His Penis

    http://www.dailymotion.com/video/xjwmq2_ca-woman-drugs-husband-cuts-off-his-penis_news

    -------------

    She Cut Off His Penis And Threw It In The Garbage Disposal
    https://www.youtube.com/watch?v=D9MB0TZLmZc

    返信削除
  7. 通州事件の真実というビデオを拝見しましたが想像していた以上にショックを受けました。

    それにしても興味深いのは、構図が今現在起こっている事と非常に似通っていることです。
    朝鮮人が口にまかせて様々なデマ(日本人に対する悪口雑言)を第三者に吹聴して回り、それが騒動を創り出し残虐な事件へと発展してゆく。

    また、コミンテルンがアメリカ内部に潜り込んでデマを拡散、浸透させ日本/日本人への憎悪を創り出して行ったのとも似通っている。



    通州事件の真実 01 Sさんの体験談 1-5
    https://www.youtube.com/watch?v=U7vJtEzXo_g

    返信削除
    返信
    1. 決定的な違いは、今はインターネットが在るということ。
      捏造は暴かれる。

      ---------------------------
      Arguing with Korea/Koreans
      is like playing chess with a pigeon.
      It'll knock over the pieces, crap on the board,
      and fly back to it's flock to claim victory.

      削除