2015/07/01

米軍の公文書は検討済み(187人声明)


一部では慰安婦が自発的な売春婦だということを裏付ける一級の資料だと誤解されている尋問調書第49号』。この誤解の蔓延の原因はテキサス親父だろう。確かに「20万人の女性が日本軍によって拉致された(kidnapped)」という風に聞かされていたテキサス親父ことトニー・マラーノは、この米軍の公文書を読んで目から鱗だったに違いない。しかし、色々な人が指摘するように、この資料は慰安婦が自発的な売春婦だったことを証明する資料とまでは言えない代物である。

藤岡信勝は、187人声明に反論する為にこの文書を持ち出しているのだが、事情に詳しい小山エミは、187人声明の中心メンバーは『尋問調書第49号』を読んでいると言っている(逆に知らなかったらビックリだが)。関係者である彼女が言うのだから間違いないだろう。少なくとも、この資料に関する限り、187人声明側は藤岡の反論に備えが出来ているということ。大丈夫だろうか、藤岡教授。

187人声明側に討論会を提案する藤岡教授
On the basis of these false representations many girls enlisted for overseas duty and were rewarded with an advance of a few hundred yen.(これらの嘘の説明で、たくさんの少女たちが海外での任務<慰安婦>に応募し・・・)


とはいえ、あの文書が慰安婦が自発的な売春婦でなかったことを裏付けるとしても(騙されて売春していたのなら、米国ではsex slave。ただし性奴隷かどうかは別)、どうして「日本軍の犯罪」という所まで飛躍するのかは分らない。例えば元米兵が証言する「女性の多くは、雑誌に掲載された『米軍クラブのウェイトレス 高報酬』といった広告に騙されたと言っていた」といったケースも、アメリカ軍の犯罪になるのだろうか?「日本(米国)は、この極悪無道な人権犯罪について法的にも道徳的にも責任がある(ダデン)」のか、これは是非アレックス・ダデンに答えさせたい。小山エミは、AASのミィーテイングで(参加者の)一致した見解だと言っているから、ダデンだけでなく、サンド教授キャロル・グラック教授にも、この点は確認しておくべきだろう。・・・まさか、戦勝国の場合は罪にならないなどと開き直るようなことはすまいと思うが、どうだろう?

※ 1944年に米軍が慰安婦などに聞き取り調査してまとめたレポート。慰安婦とは単なるキャンプフォロワー(軍隊に付き従う売春婦)であると記すと同時に、彼女たちが業者に騙されていたとも書かれている。これを、慰安婦が自発的な売春婦であったことを裏づける一級資料だと勘違いしている日本人が多い。


25 件のコメント:

  1. >この資料は慰安婦が自発的な売春婦だったことを
    >証明する資料とまでは言えない代物である。
    まあ、そもそも当時は民法による家長制度により
    家長である父や兄らに無断で
    娘は勝手に慰安婦業者と話しをつけて
    慰安婦になることは不可能ですね。
    下手をしたら、慰安婦業者は家長の訴えやらで
    誘拐犯になるし実際に
    摘発されている記事はありますね。
    要するに、騙されたと
    慰安婦らが報告書で言ってるのは
    親がその娘にどう説明したか、あるいは黙っていて
    慰安婦業者らにまかせたか
    おおかた、父親は娘に
    「慰安婦業者は楽な仕事だと言ってる」と
    言葉を濁して説明し、
    娘を同意させたのでしょうねと
    あの報告書はそれを示していると
    私はとらえてますね。

    返信削除
    返信
    1. 米軍捕虜尋問調書を読んでみました。

      評価
      事実◯
      偽りとは言えない△
      偽りとは言えないが十分ではない▲
      偽り×

      《どんな仕事だと応募者が考えていたか》
      ▲(1)「慰安役務」
      この「役務」の性格は明示されなかったが、
      それは病院にいる負傷兵 を見舞い、
      包帯を巻いてやり、
      そして一般的に言えば、将兵を喜ばせることにかかわる仕事
      であると考えられていた

      《業者の誘いの言葉》
      ◯(2)多額の金銭と、家族の負債を返済する好機
      △(3)楽な仕事
      △(4)新天地シンガポールにおける新生活という将来性。

      《結果:このような偽りの言葉を信じて応募し》
      (5)2〜300円の前渡金を受け取った。
      (6)彼女たちが結んだ契約は、家族の借金返済に充てるために前渡された金額に応じて 6ヵ月から1年にわたり、彼女たちを軍の規則と「慰安所の楼主」のための役務に束縛した。

      (1)が不十分なのは、売春業だと明示しなかった事。しかし推測できる情報は与えられている。また、嘘ではない。
      (2)は(5)(6)で事実である事が判明している。これだけでも契約は忠実に履行されたと言える。
      (3)は炭鉱労働や工場労働に比べれば遥かに楽。楽な仕事、簡単な仕事の表現はスポーツ紙の一業広告にあふれている。問題にならない。
      (4)緒戦で勝利した社会情勢を反映していたのであればその通りだろう。敗戦で暗転したがそれは結果論。

      業者の説明は大半が事実。《偽りの言葉》に相当するものはない。売春業だと明示しなかったという一点を指していると考えられる。
      売春業に対する考え方が異なる事が、原因。他の職業ならこの程度の事で偽りとは言わないだろう。

      売春業だと明示しなくても想像できる説明は行われており、全く異なる仕事を言ったのでもない。本人たちもほとんど分かっていたのであれば、今の時代の目から見ても、募集に応募したと自発的就業と評価できます。

      なお、自発的とは好きな仕事を選ぶという意味ではありません。生活に困窮してのアルバイトでも、募集に応募すれば自発的就業です。

      削除
    2. >おおかた、父親は娘に
      >「慰安婦業者は楽な仕事だと言ってる」と
      >言葉を濁して説明し、
      >娘を同意させたのでしょうねと
      >あの報告書はそれを示していると
      >私はとらえてますね。

      「将兵を喜ばす仕事」と認識していたと書いてあります。20歳の女性なら意味するところは分かります。
      日本の場合で考えれば、父は行けと命じるだけ。娘は売春である事は承知しています。
      儒教朝鮮での娘の扱いはそれ以下でしょう。その時代の父親には娘に対して申し訳ないという気持ちはない。

      削除
  2. 米軍報告書の件(その他)については、小山エミ氏には、小山氏の「ask」のコーナーで、下添付の「なでしこアクション」のHPのコメント欄に私がしたコメントを紹介して( 内容は、こちらのコメント欄に概略、何回かコメントさせて貰ったものですが )、どう思うかと質問したけど、まともな回答がなかった記憶が、、、。
    あれは、5月7日の後のことだったか、、、

    因みに、「ask」のコーナーは、質問者側は300文字しか書き込めないので、やりづらい、、、というか、やっている内にイライラしてくる、という、、、( そういう仕掛けかと疑いたくなるようなフォーマットでもある訳ですが )。


    http://nadesiko-action.org/?p=8031
    (前略)
    ・なお、上記米軍報告書に関連して、この報告書では、女性たちは騙されて連れて来られたとの記述もあるが、これについては、同じビルマ、同じ時期(1942年初め頃)についての下添付【引用4】の記事にあるように、このケースでも憲兵隊がそれなりに対応をとっていた可能性がある( 騙された女性が慰安婦業就業を拒否している場合には、他の職を斡旋 )。
    ・また、この騙されたとの関連では、元慰安婦の文玉珠さんも同じ頃の1942年の半ば頃に「騙されて」同じビルマに渡ったと証言しているが、文さんの証言によれば、業者に誘われた時点で「そうした話」だと薄々察しており、そうした女性が結構いたような証言のようでもある(当該書183頁)。
    ・また、別の事案であるが、業者側の証言として、下添付【引用5】のような証言もある( 「騙された」女性たちも、誘った時点で「多少はかんづいてはい」た )
    ・ならば、業者が騙したといっても、実情は千差万別で、「騙された」女性たちも、「そうした話」の可能性を十分に承知したうえで、高給に惹かれたり、現在の貧困、苦しい生活、不本意な生活から抜け出したい一心からとか、あるいは、本人は全く騙されていたが親は売春と承知した上で娘が親に「この人の言う事を良く聞け」と諭されて家を送り出されていたために、(親に)騙されたと悟った時点でも家の借金を返すためとか(当該書38頁))、最終的には「納得」し、旧日本軍の担当者などに意思を確認された際には同意していた可能性も考えられる。
    ・旧日本軍側も、そうした実態(誰の言い分が正しいのかが不明)があることを承知していたので、業者による「騙し」などに対しては、傍から実情も知らずに見ると不十分と思われるような措置しかとれなかった側面も考えられる( 例えば、仮に騙された可能性を旧軍側で一定把握していたとしても、最終的には女性本人も少なくとも外形的には同意している場合、仮に強制的に女性たちを故郷に帰したとしても、借金、貧困については何も解決せず、法制度の抜け穴もあって、女性たちが、より条件の厳しい売春宿でそれこそ一生働かざると得なくなるとか一層困難な状況に追い込まれる可能性を考えるのであれば、女性たちを強制的に送り帰すとの第3者的には最も分りやすい措置はとらずに現地でそれなりの措置を講じようとした可能性 )
    (後略)

    返信削除
  3. お二人が仰るように、「騙された」と言っても、実際の所は複雑だったと私も思います。これは内地の遊郭の場合も同じで、女衒に因果を含められた女性たちは、楼主にも本当のことは言わないので、後で警察沙汰になることを避ける為に、年配の女性が娼婦の身体検査をしたという話もあります。尻の形から、年齢を誤魔化していないか調べるわけですが、そういう事は男の軍人には難しかったでしょう。書類が整い、女衒と慰安婦が口裏を合わせていれば、軍は営業許可を出さざるをえなかったはずです。

    少なくとも、日本軍は就業詐欺を許していなかったというのは間違いなさそうで、これを「日本軍の犯罪」と決め付けた187人声明は、かなり乱暴だと思います。

    返信削除
    返信
    1. 匿名と呼ばれた男2015年7月27日 0:53

      >日本軍は就業詐欺を許していなかったというのは間違いなさそうで<
      ほうー
      根拠は何かあるのか?
      「日本軍は就業詐欺を許していなかった」と言えるような資料は存在していない。

      削除



  4. 引用:

    ”あら捜しは、共産党系/社民党系/反日系に勝手にやらせて置けば良い。”

    http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2015/06/187.html?showComment=1434679810912#c5625233289237238780

    -----------------------------
    Arguing with Korea/Korean-ish
    is like playing chess with a pigeon.
    It'll knock over the pieces, crap on the board,
    and fly back to it's flock to claim victory.

    返信削除
    返信
    1. この声明については、日本側からハッキリ問題点を指摘した方がよいと思います。あら探しと言われれば、そうなんでしょうけどね。

      削除
  5. ビルマの尋問調書は「慰安婦はSlaveと呼べるような代物ではない」というところまで証明できるが、それ以上は無理ですね。ただし、我々が忘れてはならないのは、日本軍/官憲による強制連行の証明義務は訴えている側(韓国とAlexis Dudden一味)にあるということです。

    「187人声明」は、そこを吉見義明ら日本の歴史家による研究により「明らかでbeyond dispute (論争の余地なし)」と決め付けているのだから、これは乱暴極まりないものの言い方だ。

    藤岡教授は再反論を試みる意向のようだが、Alexis Dudden一味は無視する気でいるつもりだろう。私も個人的にDudden, Zeigler, Vogelに反論メールで送りつけているのだが、何かの反論が来るかと待っていたものの、3週間経っても何らの反応も見られない。こいつらにとっては、学者の良心・探究心・事実関係などどうでもよくて、日本を悪者にしておきたいという気持ちしか動機として働いていないと考えるべきだ。

    そういう連中は相手にせず、味方を増やした方がいい。

    日本統治時代に発行された新聞記事
    http://www.howitzer.jp/korea/page09.html

    by 喪黒福造

    返信削除
    返信
    1. >日本軍/官憲による強制連行の証明義務は訴えている側(韓国とAlexis Dudden一味)にある

      まぁその点については、「日本軍が直接関与していた度合いについて、女性が『強制的』に『慰安婦』になったのかどうかという問題について、異論を唱える方もいます。しかし、大勢の女性が自己の意思に反して拘束され、恐ろしい暴力にさらされたことは、既に資料と証言が明らかにしている」・・・と上手くかわしてますからね。議論には乗って来ないでしょう。

      削除
    2. 存在することを証明するのは、その事象の断片でも出せばいいので簡単ですが、不存在を証明することは「悪魔の証明」と云って難しいんですね。

      但し、下記の新聞記事・資料から窺い知れる朝鮮統治の姿は否定できない。私は、これらの記事を水間政憲さんの「ひと目シリーズ」から採録しているのですが、その原典は国立国会図書館(京都)に所蔵されているとのこと。

      とくに、この一番下にある市町村レベルの公務員のうち、朝鮮人が大部分であったという事実の前には、日本軍/官憲が強制連行したという推測は崩れざるをえない。そのうえ、官憲は誘拐犯を追いかけていた。

      日本統治時代に発行された新聞記事
      http://www.howitzer.jp/korea/page09.html

      反日中毒をおこしている朝鮮人など、どうでもよいが、こういう事実を提供していくことが、いつか有利な状況を生むと思います。

      by 喪黒福造

      削除
  6. このレポートについて、コヤマエミのいうような「日本軍」の犯罪の証拠というほどの確たる内容ではない。だれの犯罪可ということについては明言されていない。結局主語のない話の一つなのではないか。

    返信削除
    返信
    1. 「日本軍の犯罪」というのは、小山さんの意見ではなく、アジア研究学会の総意ということらしいですね。

      削除
  7. Voice7月号に、アメリカの学界に異議を唱えた、アメリカの歴史研究者のインタビューがあったが、アメリカのアカデミズムは日本以上にボスの意向が支配していて、異論を唱えると大学に残れないという前近代的な風土があるそうです。

    返信削除
  8. 慰安婦制度の実態については、まだまだ未解明な部分も多いと思われるんですけどね。
    全てが解明されているようなつもりで話を進めると思わぬ墓穴を掘るをことになりかねないことが懸念される。

    漢口慰安所の山田清吉氏、長沢健一氏に十分なインタビューが出来ていたならば、少なくとも漢口慰安所の全容については解明できていた可能性もあり、非常に残念なことと思われますね( 多分、敗戦時に焼却処分された慰安所の運用規則の内容とか、実際の運用とか、前借金の完済の平均的な期間とか、その他いろいろ )。

    返信削除
    返信
    1. >実際の運用とか、前借金の完済の平均的な期間とか

      断片的には残っているようですね。

      削除
  9. 聖ミカエル学園2015年7月2日 16:00

    藤岡信勝氏では、論争に絶体に勝てません。
    彼の慰安婦に関する知識は怪しいものです。
    慰安婦強制徴集の有無について固執しているようですが、
    現在では、それは主要な論点ではありません。
    慰安婦強制連行は捏造だと主張していた池田信夫は、
    知日派のケビン・メアすら説得出来ずに涙目になった
    ではありませんか(失笑)。
    強制徴集の捏造を暴いた小林よしのり氏も、慰安婦問題
    を海外の人たちに理解してもらうことを諦めたようです。
    古森義久氏はアメリカ人研究者が白旗を揚げた、という
    記事を書いていましたが、事実は全く逆です。
    白旗を揚げたのは、日本の強制徴集否定論者の方なの
    です。

    それに、この人は論争にからっきし弱いんですよね。
    今から20年くらい前、朝ナマでドイツ在住のジャーナリスト
    にボッコボッコにされてたのは哀れでした。
    アメリカ戦時情報局の報告書なんぞを持ち出している
    のを見ると、アレクシス・ダデンにすらやり込められる
    でしょう。

    返信削除
    返信
    1. http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2015/06/187.html?showComment=1434713080611#c3380795843166322976

      ところで、エンコリと言う言葉を初めて知った。

      -----------------------------
      Arguing with Korea/Korean-ish
      is like playing chess with a pigeon.
      It'll knock over the pieces, crap on the board,
      and fly back to it's flock to claim victory.

      削除
    2. >聖ミカエル学園さん

      池田氏もあまり討論向きではないですね。ケビン・メア氏とのやり取りは私も見ましたが。
      池田氏はともかく、一般的に保守系の論者は、Jリーグしか経験のないサッカー選手みたいな人が多いですね。W杯で結果を出せるか、ちょっと心もとないですね。

      削除
    3. >almoさん

      enjoykoreaという翻訳掲示板が昔ありまして。日韓のバトルフィールドでした。猛者が大勢いました。私はほとんど関わりませんでしたが。

      削除
  10. 小野田寛郎「私が見た従軍慰安婦の正体」


    首相の靖国神社参拝や従軍慰安婦の問題は、全く理由のない他国からの言いがかりで、多くの方々が論じているところだ。南京大虐殺と同様多言を弄することもあるまいと感じていたのだが、未だに妄言・暴言が消え去らない馬鹿さ加減に呆れている。

     戦後六十年、大東亜戦争に出征し戦場に生きた者たちが少なくなりつつある現今、私は証言として、「慰安婦」は完全な「商行為」であったことを書き残そうと考えた。

     外地に出動して駐屯する部隊にとって、治安維持と宣撫工作上最も障害になる問題は、兵士による強姦と略奪・放火である。そのためにどこの国もそれなりの対策を講じていることは周知の通りである。大東亜戦争時、戦場には「慰安婦」は確かに存在した。当時は公娼が認められている時代だったのだから至極当然である。

     野戦に出征した将兵でなくとも、一般に誰でも「従軍看護婦」と言う言葉は常識として知っていたが、「従軍慰安婦」と言う言葉は聞いた者も、また、使った者もいまい。それは日本を貶める為に後日作った造語であることは確かだ。

     淫らな言葉だが、中国戦線では「ツンコ・ピー」「チョウセン・ピー」と呼んでいた筈であるが、他の人の見ている所でする筈のないことだけに、「慰安所」のことも「慰安婦」のことも、公の場で自己の見聞を正確に発表する人が少ない。あまり詳しいと「よく知ってるね」と冷笑されるのが落ちだろう。

     では何故、君は、と私に聞かれるだろうが、幸い私はその実態を外から観察出来る立場にあったから、何も臆することなく、世の誤解を解くために発表することが出来るのだ。

     ◆漢口の「慰安所」を見学

     商社員として十七歳の春、中国揚子江中流の漢口(現武漢)に渡った私は、日本軍が占領してまだ五カ月しか経っていない、言わば硝煙のにおいが残っている様な街に住むことになった。当時、漢口の街は難民区・中華区・日華区・フランス租界・日本租界・旧ドイツ租界・旧ロシア租界・旧英国租界に分かれていて地区ごとにそれぞれ事情に合った警備体制が敷かれていた。

    日華区とは日本人と中国人とが混じって住んでいる地区で、そこに住む中国人は中華区に住む者と同様「良民証」を携帯しており、そうでない者は警備上難民区に住まされていた。

    難民区は日本兵も出入りを禁止されていて、私たち在留邦人は届け出て許可を得なければ出入り出来なかった。それだけ危険な場所だった。

     私は、仕事が貿易商だから、難民区以外はよく歩いた。ある日、.............................................

    http://www4.airnet.ne.jp/kawamura/enigma/2005/2005-01-16-onoda_ianhunoshoutai.html

    返信削除
  11. 欧米人であろうと日本人であろうと、歴史学者に共通してあるのは日本政府が史料を全部開示していない、特に慰安婦募集に一番関わったであろう警察の文書を未だに隠し続けている事は「慰安婦問題の真相に迫られたくないからだ」という心象が根底にあるのだと考えます。
    もしアメリカのIWGのような調査チームが発足すれば、アメリカと違い相当多くの新証拠が出てくると思います。
    それが為されないのなら、いくら反論しても日本の誠実度は低いと見做されるのがオチです。

    返信削除
    返信
    1. 欧米人であろうと日本人であろうと、普通の国民に共通してあるのは、この歴史家たちが自分たちがたった今出した声明にすら忠実でないところに、過去の歴史評価もこれに劣らず、偏見と捏造にまみれているのだろうという心象だ。
      もし、名誉毀損などの刑法犯に問われれば、相当の量刑が求刑され、処罰されるだろう。
      それがなされなければ、いくら反論をしても歴史学者の誠実度は低いとみなされるのがオチです。

      削除
  12. 江戸時代の新井白石の言葉

     「それ朝鮮は狡猾にして偽り多し。利のある所、信義を顧みず」

    引用:
    “最近の人は新井白石の「折りたく柴の記」という本を読んだ人は少ないだろうが あの本を読むと江戸時代から朝鮮人はキチガイだったということが良くわかる。
     とにかく些細なことにもイチャモンをつけては自己満足に浸りたがるのが朝鮮人の 習性だったようだ。
     一例として朝鮮に宛てた日本側の文書の中で「七代前の朝鮮国王の名前に使われた漢字」が 見つかったということでイチャモンをつけてきたらしい。
     新井白石が、儒教の慣例を引用して、「そもそも諱(いみな)を避けるのは自国の国王の場合の 慣例であって、しかも五代までがその限度である」と言ったが、なおも朝鮮側がイチャモンを つけてきたので、新井白石が、朝鮮からの文書にも日本の将軍の諱が使われている例を指摘して 「朝鮮側の文書から改めなければ要求には応じない」と言ったら、朝鮮人は已む無く自分たちの
     間違いを認めて朝鮮側の文書を訂正したらしい。
    朝鮮人というのはすでに数百年以上も前からこういう民族性を持っているのです。
    日本にたった36年間統治されたこととは何の関係もないのです。騙されてはいけません。”

    http://tomoya-jinguuji.tumblr.com/post/46962344746

    ---------------------------
    Arguing with Korea/Koreans
    is like playing chess with a pigeon.
    It'll knock over the pieces, crap on the board,
    and fly back to it's flock to claim victory.

    返信削除