2015/07/17

「性奴隷だったというのが私の研究の中心的命題」(吉見義明)


「慰安婦制度は性奴隷制度だったというのが私の研究の中心的命題」(吉見義明)
「強制連行か否か」「性奴隷か否か」こういった議論には巻き込まれないこと。論争を挑まれても相手にしないこと。時間の無駄。結婚は人生の墓場か否かを論じるようなもの。「お前の中ではな」で終了。

慰安婦問題を研究する吉見義明・中央大教授が「記者会見で自著の内容を捏造(ねつぞう)と言われ、名誉を傷つけられた」として、桜内文城・元衆院議員に対して1200万円の損害賠償と謝罪広告を求めた訴訟の第8回口頭弁論が13日、東京地裁であった。

この日は吉見氏に対する原告本人尋問と、被告の桜内氏側が申請した現代史家の秦郁彦氏に対する証人尋問があり、慰安婦問題を長年研究してきた両氏による論戦が展開された。

旧日本軍の慰安婦は性奴隷かという争点をめぐり、秦氏は「彼女らの働いた生活条件は性奴隷と言われるほど過酷ではなかった。職業として割り切った女性もいる中、軽々しく比喩的に使うべきではない」と否定した。これに対し、吉見氏は「慰安婦は居住、外出、接客拒否、廃業の自由がない無権利状態にあり、慰安婦制度は性奴隷制度だったというのが私の研究の中心的命題」と主張した。

訴状によると、日本維新の会共同代表だった橋下徹大阪市長が2013年5月27日に慰安婦問題をめぐって東京都内で記者会見した際、同席した桜内氏が司会者の発言についてコメントし、「吉見さんという方の本を引用されておりましたけれども、これはすでに捏造であるということが、いろんな証拠によって明らか」などと発言。吉見氏が提訴したのに対し、桜内氏は「『これは』は原告の著書ではなく『性奴隷』を指したもの」と主張して争っている。

朝日 2015.7.13

2 件のコメント:

  1. 吉見教授も再婚は妄想モードに入っているな。老害の域に足しているとおもう。

    返信削除
    返信
    1. 最初からこんな感じじゃなかったでしたっけ?

      削除