2015/07/22

「サンフランシスコ市議会、慰安婦像を支持?」産経で知った中央日報


サンフランシスコ市議会慰安婦像を支持というニュースは、日本の新聞の報道を引用する形で韓国で報じられた。ということは、慰安婦キャンペーンを繰り広げている韓国系の団体とは接点が無かったということなのだろう。たぶん。・・・中国系による独自の日本軍性奴隷キャンペーンは、これから本格化して行くのだろうか?

サンフランシスコとは、橋下大阪市長発言の時にもイザコザがあった。州立大学で抗日連合会暗躍するなど、かなりの高汚染地区となっている印象。日本人による反対運動も始まっているが、日系(日本)人の一部が推進派についたという話も出ている。これは、グレンデールと同じパターン。

※ まだ多少の紆余曲折はありそう(「『慰安婦像』決議案、賛成・反対両派が陳述 米サンフランシスコ市議会、採決は見送り委員会審議に」産経 2015.7.22)。


サンフランシスコ市議会、慰安婦の像の支持決議を採決…中国系が主導

米国サンフランシスコ市議会が旧日本軍慰安婦像の設置を支持する決議案を推進していることが分かった。

  産経新聞は19日、サンフランシスコ市議会が21日に慰安婦の碑または像の設置を支持する決議案を採決すると報じた。

  報道によると、決議案は「(先の大戦で)日本軍に拉致され、性的奴隷の扱いを受けることを強制された20万人のアジアの女性や少女」を賛えるための碑石または像の設置を支持する内容を含んでいる。決議案は市議員11人のうち8人が共同提案し、エリック・マ議員が14日に市議会会議に代表で提出した。

  サンフランシスコを拠点とする中国系団体は、昨年8月、慰安婦像の設置のための準備委員会を設立したことに続き、ことし3月にはサンフランシスコ中華街に慰安婦像の設置のための署名活動を始めたと同紙は伝えた。

  これまで米国では慰安婦の碑や像は韓国系団体の主導で設置されたが、今回サンフランシスコに設置されることになれば中国系による初めての事例になると同紙は付け加えた



米サンフランシスコ市議会、「慰安婦碑(像)設置支持」の決議案を21日に採択の公算 反日団体の活動を後押しか

米カリフォルニア州サンフランシスコ市議会が今月21日、慰安婦の碑または像の設置を支持する決議案を採決することが分かった。同市では中国系の反日団体が公共の場に慰安婦像の設置を推進する署名活動を展開しており、決議案はこの動きを後押しする意味合いがある。終戦70年を機に、日本政府に圧力をかける狙いもありそうだ。

決議案は、市議11人のうち8人が共同提案し、14日の市議会でエリック・マ市議が提示した。慰安婦を「(先の大戦で)日本軍に拉致され、性的奴隷の扱いを受けることを強制された20万人のアジアの女性や少女」などと説明し、同市に慰安婦碑(像)を設置することを支持している。

決議案の採択は全会一致が原則だが、再審議となった場合は過半数(6人)の「賛成」で採択されるといい、決議案が採択される公算は大きくなっている

決議の採択を受けて直ちに碑や像が設置されるわけではない。ただ、サンフランシスコ近郊を拠点とする中国系反日団体などは昨年8月、慰安婦像設置のための準備委員会を設立し、今年3月には米国最大とされるサンフランシスコ中華街に像を設置しようと署名活動を始めており、こうした動きが一層活発化する恐れがある。

米国では韓国系による慰安婦像や碑が設置されてきたが、実現すれば中国系としては初めてとなる。

同中華街では中国国外で初の「抗日戦争記念館」が8月15日に開館することが発表されている。

産経 2015.7.19[2]

0 件のコメント:

コメントを投稿