2015/07/30

申し訳ありませんが言えない河野洋平 自民党特命委員会に反発

「強制連行はあった」
先月9日の記者会見でも


「私は記者会見で、総じて本人の意思に反し、断れない状況も強制連行だと説明した」

うんうん、そうだろう。そうだろうと思った。

自民党の特命委員会に批判され、河野洋平が名古屋市内で河野談話発表時(93年)の自分の発言(質問に、強制連行はあったと回答)につい弁解した。

・・・しかしそれでは、1993年当時、宮沢政権(官房長官:河野洋平)が探し回った挙句「強制連行」を裏付ける資料は見つからなかったと結論づけたのは何だったのかということである。外務省の交渉担当者たちが、韓国政府に対して朝鮮人慰安婦の「強制連行」を確認出来なかったと懸命の説得をしていたのは何だったのか。

自民党の特命委員会の主張も、何だかなぁという感じだが

「強制連行(徴用)」と言ってしまったのは、自分の言葉足らずだった。誤解を招いたことを詫びた上で、意に反して慰安婦として働いていた女性はいたと言えば良かったのである。「なぜ『申し訳ありませんでした』とできないのか」と河野。その言葉は自分に向かって言うべき。

河野氏「強制連行あった」 自民の慰安婦提言を批判

河野洋平元官房長官は29日、外国の報道や教科書に慰安婦に関する事実誤認があるとして、自民党が日本政府に訂正の働きかけを求める提言をまとめたことについて、「なぜ『申し訳ありませんでした』とできないのか。そこから新しい日本の行くべき行動をとるのは当たり前ではないか」と苦言を呈した。名古屋市内での講演で述べた。

提言では、河野氏が「河野談話」を発表した際の記者会見で強制連行を認めたことが「事実に反する認識を広めた大きな原因になった」と指摘した。

河野氏はこれについて「私は記者会見で、総じて本人の意思に反し、断れない状況も強制連行だと説明した」と反論。その上で「オランダ政府が正式に、インドネシアにいた女性が強制的に日本軍に連れて行かれたと発言している」と指摘。「強制連行があったことは、否定することのできない事実だ」と語った。

朝日 2015.7.30

さて、河野が29日の講演で正確に何と言ったかは分らない。SBSニュースは、先月9日の記者会見での河野の発言を紹介している。SBSのニュース動画は途中がカットされているので断言は出来ないが、河野は、よくある「強制的な連行」を「強制連行(徴用)」とすり替える手法を用いている。もしも河野の言う通りなら、なぜあの時、河野談話に「強制連行はあった」と明記しなかったのかという話である。

軍が行って強制的に、もうそれは明らかに強制的に、えー連れ出してですね。そして慰安婦として働かせた。(中略)強制連行ということも、あった」 (2015.6.9?)

24 件のコメント:

  1. 私はずっと河野洋平を国会に参考人招致してとっちめれば、なんとか河野談話に穴を開けられる、つまり、河野談話とは政治の妥協の産物に過ぎず、調査事実に基づかない一片の紙切れにすぎないことを満天下に示すことで2007年の対日非難決議の根拠を失わせることができると考えていました。

    しかし、コトはそう簡単ではない、というのが最近の感想です。

    1)河野洋平の言動を見るに、この男は村山富市と並ぶ真性の国賊である。「あの談話を出したことは間違っていた」と国会で述べるはずがなく、かえって言を左右にしてロクでもないことをしゃべるに違いない。

    2)外務省の役人どもに「仲良くするのが外交だ」と勘違いしている奴らが多い。西岡力教授は昨年夏ぐらいから、クマラスワミ報告への英文ほかでの反論書公開を外務省に求めているが、今も実現していない。自民党の特命委が外務省に即時公開を求めたのが昨年12月の初めであった。その後、衆議院の解散があってウヤムヤになっているが、外務省の無作為の罪は明らかである。外務省は、なぜここまで国益を守り、祖先に着せられた汚名を晴らそうとしないのか。ことは日本人の尊厳に関わることであり、まずは外務省が慰安婦問題に積極的に取り組み、韓国による言われなき誹謗中傷に対抗していくべきではないのか。

    3)マスコミも腐れ団塊左翼に毒されている。朝日に対する集団訴訟も端緒についたばかりで、松井やより・植村隆の時代に遡っての検証は、むしろ、これからである。

    以上のことを考えると、河野談話は安倍談話で「上書き」するほうがてっとり早いのではないか。マイク・ホンダあたりは大騒ぎするだろうけれども、アメリカはもう、慰安婦問題を大げさに取り上げて政治問題化することはないだろうと思う。

    今回の世界遺産登録の際の韓国の裏切りと特命委の報告を受けて、外務省の体質が変わるかどうか。

    by 喪黒福造

    返信削除
    返信
    1. 私は、河野氏を純真故に周囲に迷惑をかけてしまうタイプと思っていましたが、最近少し印象が変わりました。彼の弁解を聞いていると。

      削除


  2. 私の直感だが、この匿名さんは "Hazama Hisatake" 本人だと思う。

    http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2015/07/28-20ngo.html?showComment=1438184312923#c5982824278308231603

    返信削除

  3. そうはいっても、前のレスで書いたように、大局的な観点から見れば慰安婦問題は収束に向かう、というのが私の見立てです。

    室谷克美氏が指摘しているように「韓国が中国と共同で日本を叩くことはない」でしょう。これをやると中韓vs日米の構造がはっきりしてしまう。韓国に、そこまでの度胸はない。

    中国の問題が鮮明でなかったときは、アメリカにも、お気楽に日本非難をする連中が生息できたのだけれども、南シナ海での中国の不穏な動きが明らかになり国際問題になってくるにつれ、日本の軍事プレゼンスが求められるようになった。米国としては、日本を陣構えのなかに取り込んで中国に対抗する戦略を取らざるを得ない。そのことから、これまでのように日本を粗略に扱えないことに、ようやく彼らも気づいたものと思います。

    げんに、グレンデールに碑が立ってからこの方、碑の建立が何の反対もなく一本調子で進んだケースとしてはNJ州のユニオン・シティしかない。完全ではないにせよ、最近のケースになればなるほど、一定のブレーキがかかっている。

    グレンデールに碑が立って、これから先、どれだけこの動きが全米に広まってしまうのだろうかと不安にかられていた2013年7月の、あの危機感は、もうありません。

    その頃から始めた私のサイトFalse Accusations of Comfort Womenも、アクセスが14,000を超えました。二重アクセスはカウントしない方式なので、延べアクセス数は、この何倍もあるでしょう。何よりも、内容が充実してきたから、この先いくら碑が立っても、関心のある層をネットで受け止めることができるようになった。今の人は分厚い本を読む前にネットで下調べをしますからね。カナダのバーナビーで慰安婦碑建立の話が持ち上がったときは1日のアクセスが500を超えた日があります。私のサイトも少しはブレーキの役に立っているのではないか。

    False Accusations of Comfort Women
    http://www.howitzer.jp/korea/page03.html

    それでも、アメリカのマスコミはまだ反日の論調を続けていますから、河野談話から二十年間も問題を放置してきた朝日新聞の作為の罪と外務省の無作為の罪は重い、といわざるをえません。

    PS
    前から気になっているのですけど、このブログには韓国の新聞記事がよく上がります。ブログ主さんはハングルができるのですか?

    それから、慰安婦問題は、残務がまだあるにせよ、遠からず手仕舞いになると思います。その後のプロジェクトは、どうされるのでしょう。

    by 喪黒福造

    返信削除
    返信
    1. ハザマさんのこちらのブログもそうですが、
      喪黒福造さんもブログでコツコツとされていて
      頭が下がるおもいです。

      削除
    2. 喪黒さん

      ハングルはまったく読めません。よって、エントリーの日本語訳も参考程度に留めておいて下さい。複数の機械翻訳の比較、辞書、検索の繰り返しで精度を高めようと努力はしていますが。

      私も、騒動のピークは越えたと思います。総理が交代すれば更に下火になると予想しています。
      このブログは、元々「人々がこの問題をどう語ったか、報じたか」を記録するのが目的でした。下火になっても、内外の識者やマスコミの言いっ放しにはさせません。掘り起こすべき古い発言や記事は沢山あります。・・・それから、まとめを作り、海外の人にも分かり易いサイト作りというような事を考えています。

      削除
    3. シリカ太郎さん

      シリカ太郎さんのご努力にも頭が下がります。

      削除
    4. >まとめを作り、海外の人にも分かり易いサイト作り

      それは良いお考えですね。「慰安婦騒動の顛末」というようなサマリがあることは、後の人々にとって、とても貴重なことだと思います。

      南鮮人の日本叩きは、それなしでは現実のウサを晴らせない一種の薬物中毒のようなものでしょうから、慰安婦問題に限らず、これからも手を替え品を替えて続いていくでしょうけれども、ダマシの手口は、そうそう変えられるものではないと思います。

      南鮮人特有の卑怯な手口を解明しておくことは重要です。

      例えば、政治決着と思って事実でないことにも謝罪した河野談話のようなものを出してしまうと、今度はそれを反日の材料に使われてしまう、といった手口。外務大臣どうしが約束したことでも平気で反古にしてしまうといった手口。いわゆる「動くゴールポスト」や「離間事(イガンジル)」の手口。記者や政治家に女をあてがう手口。そこから、油断もスキもない、恐ろしく噓つきでイカサマ師である南鮮の文化の姿が浮かびあがってくる。

      これらは李朝500年の間に、両班貴族が「朋党の争い」のなかでやってきたことなのでしょう。日本のように「花は桜木、人は武士」というような、正直さや公明正大さを求める爽やかな姿勢は、そこには微塵もない。

      だから、ここで一合戦やって、その記録を残しておくことは、今後のために貴重な教訓を残すことになります。

      ところで、慰安婦の問題がちょっと落ち着いてきているので、私はしばらくの間、「南京事件」の解明のほうをやろうと思います。もともとは戦史研究が趣味で、アメリカ南北戦争を研究していたのですけれども、2012年に上海の反日暴動があったとき、南京事件や支那事変を放っておけない気持ちになった。お国が深く関わった戦争であるし、私のなかにあった支那についての了解事項にコペルニクス的変化が生じてしまいましたからね。で、それに取り組んでいたら、グレンデールに慰安婦碑が立った。

      アメリカ南北戦争
      http://www.howitzer.jp/acw/index.html

      南京大虐殺のウソ(英語版) 拡散希望
      False Accusations of Nanking Massacre
      http://www.howitzer.jp/nanking/index.html

      慰安婦問題に取り組んでみて、支那も正体を掴まないと将来に大変に危険な要素を残す場所には違いないけれども、南鮮も負けず劣らず危険だということに気がつきました。土壇場で味方を裏切る習性なんて、とても危険な存在です。だから、アメリカは対中国包囲網のなかに南鮮を取り込む姿勢できたけれども、日本としては、それはヤバイからやめろ、警戒を怠るな、と忠告しなければならない。

      そこで、慰安婦問題には、なお関心を持ち続けるけれども、朝鮮をもう少し広い政治・経済・歴史の角度から、様々に分析してみたいと思っています。

      いずれ、それ用のウェブサイトやブログも立ち上げるつもりですので、その際は宜しくお願いします。

      削除
    5. 慰安婦騒動が収束に向かうのは、世界遺産の件で保守層が完全に白けたからです。

      慰安婦騒動の首謀者が実は国内の保守層(自民党)だと気づいてしまったのが大きいと思います。

      削除
  4. 慰安婦問題って中韓・北朝鮮・台湾にとっては
    政治的に利用できるツールでもあり、
    徴用工の問題もあり、まだ気が抜けないのですかね・・・

    日本への謝罪要求に苦言 朴大統領の妹、発言で物議
    http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015073001001999.html
    朴槿令(パク・クンリョン)氏のインタビューをニコニコで公開
    http://dwango.co.jp/pi/ns/2015/0729/index.html
    ハザマさんのツイートにあって、ググってみたら
    韓国国内で物議を醸してるようですね。
    日本からしたら普通の発言だが、
    韓国に帰ったそうだがこれからこの方、たいへんそう・・
    どうも彼女は統一教会の信者のようで
    合同結婚式の画像があり、驚きました。

    返信削除
    返信
    1. 通りすがり2015年7月31日 10:01

      ≪慰安婦問題って中韓・北朝鮮・台湾にとっては政治的に利用できるツールでもあり・・・≫
      中韓・北朝鮮と台湾を同列に扱うのはどうかなと思います。台湾が慰安婦を政治的に利用しているというより、台湾内の一部の親中派がこの問題を政治的に利用しようとして画策しているのが現状だと思います。これに乗かってはいけないと思います。

      台湾市民からも、国民党軍には恥ずかしい話であるが「軍妓」と呼ばれた慰安婦がいた。このことは誰でも知っていることである。「慰安婦を反日に利用するな」という声が上がっています。

      誤解を受ける表現で日台市民間の友好に傷がつかないよう希望します。

      参考
      台湾紙で慰安婦の真実を訴えた
      http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2577.html

      削除
    2. >中韓・北朝鮮と台湾を同列に扱うのはどうかなと思います。
      ああ、ほんとそうですね。
      誤解を生む表現をしてしまいもうしわけありませんでした。
      台湾については、馬英九政権がというべきでした。

      削除
    3. TBSの台湾慰安婦の特集を見た限りでは、元慰安婦や支援者の雰囲気は韓国とは大きく違うように感じたが、台湾政府の動きはまた別で、中国からの強い圧力を受けて動いているように見えます。

      学習指導要領で、慰安婦を強制された慰安婦に、日本の統治を植民地統治に、台湾接収を光復に変更した。微調整といいながら6割も変更しているという。

      怒った学生が教育部に突入バリケードを築いたが逮捕された。起訴された学生指導者が練炭自殺し、学生が教育部に抗議に集まっています。

      中国の影響でしょう。台湾も楽観はできません。
      中国にとっては日台間にくさびを打ち込む道具として貴重。

      削除
    4. 台湾で高校生が政府に抗議、建物突入・・・歴史の指導要領改訂「台湾は中国の一部」強調に反対
      2015-07-25 17:51
      http://news.searchina.net/id/1582733?page=1

      「日本植民地統治」「強制された慰安婦」と明記、台湾政府が歴史教科書改訂―台湾紙
      配信日時:2015年7月29日(水) 11時27分
      http://www.recordchina.co.jp/a115150.html

      政治主導の教科書改訂に反発、学生指導者が自殺―台湾
      配信日時:2015年8月1日(土) 12時40分
      http://www.recordchina.co.jp/a115442.html

      削除
  5. マイケル・ヨンはGlobal Allianceの大きな絵(中国のもくろむ日米、デモクラシー国家の連合を分断する側のアライアンスの計画)の中の小さな1ピースが慰安婦問題だと喝破しています。韓国が中国に近づく限り、慰安婦問題は分断の道具に使われ続きます。終わりはありません。ここオーストラリアでもボクシングで言えばグローブは反日韓国人、中のこぶしはCCP(シドニーのエージェントの巣は特定されています)、彼らに金を渡しているのが後ろに控えているCCP。ストラスフィールド市を慰安婦像設置の場所に去年選定したのが挺対協の女性エージェントです。全く絵に書いたような構図です。

    返信削除
    返信
    1. Global Allianceがこれを利用しているのは間違いないでしょうね。影で韓国系を支援していたのも間違いないでしょう。ただ、産経の古森記者やヨン氏の中国黒幕説とは、私は若干違う印象を持っています。オーストラリアの場合は、その通りなのでしょう。

      削除
  6. >挺対協の女性エージェント

    そういえば、米下院決議121も、もともとはレイン・エバンス議員が議会に出し続けていて、このエバンス議員を抱き込むためにワシントン挺対委の顧問・徐玉子(ソ・オクチャ)が股を開いたのでしたっけ。この対日非難決議を引き継いだのがマイク・ホンダだと。カネあり、女あり、何でもありですな。

    してみると、手仕舞いと思って放置していると、またどこかで思わぬ形で噴出するかもしれませんね。

    げんに、マグロウヒル社教科書の一件も、世界遺産登録の際の徴用工の一件も、「ええー!」ってな驚愕の形で噴出したわけですし。

    この子泣き爺どもを一回、背中から降ろして金属バットで死ぬまで殴ってやりたいが、相手は妖怪・怨霊の類だから物理的な力では死なないか。

    返信削除
    返信
    1. >マグロウヒル社教科書の一件も、世界遺産登録の際の徴用工の一件も、「ええー!」ってな驚愕の形で噴出したわけですし。

      巨大な氷山の水上の一部が、人目について漸く問題になるという構図ですね。パリセイズパークの慰安婦の碑も、ずっと前から韓国ウォッチャーらが指摘していたんですけどね。

      削除
  7. アメリカと豪州とはちょっと事情が違うのは承知しています。
    アメリカの中で日本をたたきたいというより反日の韓国系、中国系の動きを黙認している勢力があるのでは。それにアメリカの移民の歴史が長く、韓国系、中国系の意見に敏感(金と票)なローカル市議の思惑も絡んでいます。日系の移民も世代が進みアメリカ人になっていることも影響していると思います。

    返信削除
  8. 聖ミカエル学園2015年8月2日 13:10

    河野洋平は見上げた政治家です。彼の主張は一貫していて、
    ブレることは全く無い。
    それに対して安倍晋三。自民党総裁選では見直しを明言
    しながら、首相になると歴代政権と同様、河野談話を
    継承すると変節。

    日本の政府や軍が慰安婦を強制連行した事実は一切ないとし、
    純然たる売春婦の商行為であるから謝罪も補償も不要と主張し
    てきた稲田朋美は、行政改革担当相になると「慰安婦問題は
    女性に対する大変な人権侵害である」と豹変。
    こんなにも発言がコロコロ変わる連中は、政治家として以前に
    一人の人間として信頼することは出来ません。

    そもそも、アメリカの各地で慰安婦像や碑が建設されるように
    なったのはは、山谷えり子など自民党の国会議員達がパリセ
    イズバーグ市を訪れ、慰安婦碑の撤去を求めたことがキッカケでした。
    これを日本の圧力だと受け取った韓国系アメリカ人達の怒りに
    火を注ぎ、各地で慰安婦像や碑が乱立することとなった。

    マグロウヒルズの教科書記述に関して外務省を通じて訂正を
    求めると、全米の歴史学者から反発を買い、「日本の歴史家
    を支持する声明」を公表してしまう結果に。

    産業遺産登録時の時も日本のユネスコ大使はforce to work
    という言葉を使い、事実上朝鮮人労働者の「強制労働」を認
    めてしまった。


    歴史認識問題で安倍内閣は連戦連敗じゃないですか。
    まったく安倍内閣と自民党議員たちの国際感覚と外交センス
    の欠如には呆れる限りです。

    日本の世界的評価と国益を損なっているのは安倍晋三と不愉快
    な仲間たちです。
    彼らこそ国賊だと思いますね。

    返信削除
  9. 聖ミカエル学園2015年8月2日 14:08

    Hazama 様は語学に堪能で、世界各地の慰安婦問題をよく
    ご存知です。
    ここでしか知り得ない情報もあり、本当に貴重なブログである
    と感謝しています。

    これから先、慰安婦問題が下火になったとしても本質は何も変わ
    らないでしょう。
    20万人以上のアジア人女性(その大部分が朝鮮人女性)が日本軍に
    よって銃剣を突きつけられて慰安婦にされ、賃金の支払いを受けなかった
    etc.
    こんなデタラメな記述がアメリカを代表する日本研究者の著書や
    教科書に堂々と記載されている。
    その誤りを指摘する日本の歴史家はいません。
    これは我が国の情報発信力が全くないことの証左です。
    こういう誤った認識を改めるまで、日本の情報戦に関する敗北は
    続いたままだと思いますね。

    返信削除

  10. "安倍政権うんぬん" が出てくると、 "WJF"さんを想起してしまう。

    http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2015/05/blog-post_24.html?showComment=1432474887947#c2950522435944819422


    http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2015/06/blog-post_16.html?showComment=1434610230774#c3724260662879726146


    http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2015/05/blog-post_10.html?showComment=1431457085851#c8920803276210083255

    返信削除
  11. 河野洋平は身も心も「社会党」だった、ということでしょう。

    返信削除
  12. 河野洋平は身も心も「自民党」だった、ということだと思いますよ。

    世界遺産の件で、安倍首相も河野洋平も同じだと気づきませんでしたか?

    返信削除