2013/02/02

共産党が留める慰安婦騒動の原型


ある意味、共産党は慰安婦騒動の初期の形をよく留めてくれている。

「強制連行(徴用)/行政機関による強制」の有無を「強制性」という言葉にすり替え、否定出来ない、事実だと言い募る。そして、日本の左翼がマッチポンプ役を果たし、外圧を作り出す。朝日新聞がヘタレる中、赤旗は生きた化石として貴重な見本となっている。


志位委員長代表質問

日本軍「慰安婦」問題  “文書がないから強制ない” 成り立たない議論

首相否定できず

志位委員長は31日の代表質問で、日本軍「慰安婦」問題で、軍の関与と強制性を認めた「河野談話」の見直しを安倍首相が主張していることについて、「『河野談話』は強制性を立証する文書を見つけることはできなかったことを前提に、『慰安婦』とされた人たちの証言の真実性にもとづいて、政府として強制性を認めたものです」と指摘し、政府が「談話」を継承する限り、“文書がないことをもって事実がなかった”という議論を「肯定する余地はまったくない」と主張しました。

このなかで志位氏は、「談話」作成に直接かかわった石原信雄元官房副長官が強制性を立証できる物的証拠はみつけられなかったとしつつも、聞き取り調査を踏まえ「意に反して『慰安婦』とされたことは間違いない」と証言している事実を示しました。

安倍首相は志位氏の指摘を否定できず、「この問題を政治問題、外交問題化させるべきではない」と述べたものの、「官房長官による対応が適当だ」としました。

志位氏は「談話」の見直しは、日本の戦争が「不正・不義の侵略戦争だった」という戦後世界秩序の土台を覆し、「日本が世界とアジアで生きていく立場を失うことになる」と厳しく警告しました。

(中略)

韓国紙、ロイターが報道

日本共産党の志位和夫委員長が31日に行った旧日本軍「慰安婦」問題での国会質問が、国際的な反響をよびつつあります

韓国の主要紙東亜日報と朝鮮日報(共に電子版)は、日本の全国紙を引用する形で、「慰安婦」となった人々への思いは「歴代の総理大臣と変わらない」「(「慰安婦」問題を)政治問題や外交問題にするべきではない」などの安倍晋三首相の答弁を掲載しました。

ロイター通信は、共産党の志位委員長の質問としたうえで、安倍首相が「筆舌に尽くしがたいつらい思いをされた方々のことを思い、非常に心が痛む」と答え、「首相である私がこれ以上申し上げることは差し控えるのが適当」との考えを示したと報じました。

「慰安婦」をめぐっては、安倍首相自身が「産経」インタビュー(昨年12月31日付)で、「河野談話」の見直しを表明したことから国際問題となっていました。志位氏から、“文書がないから強制の事実はない”との議論が成り立たないとの追及を受け、自らの発言を封印する形となりました。

赤旗 2013.2.1

日本共産党は、2013年現在、慰安婦問題をこのように定義している。

 日本軍「慰安婦」問題 アジア・太平洋戦争中に、日本軍が組織的に、各地の女性を「慰安所」に閉じ込め、レイプを繰り返した問題。1991年に元「慰安婦」の韓国人女性が謝罪と賠償を求める訴えを起こしたことをきっかけに日本政府は全面的な調査を行い、93年には河野洋平官房長官(当時)が「おわびと反省」の談話を発表しました。安倍晋三氏ら日本の侵略戦争は正しかったと主張する右翼グループは、「狭義の強制はなかった」「河野談話を見直す」と繰り返し主張し、内外の厳しい批判を浴びています。

赤旗 2013.1.6

21 件のコメント:

  1. 日本軍慰安所への入り口のイニシアティブが、
    慰安婦にされた女性を売りとばした女性の親や
    女衒にあるにせよ、債務額の如何にかかわらない
    自由意思による自由廃業すなわち出口が、日本軍
    慰安所に保障されていなければ、日本軍が慰安婦を
    慰安所に閉じ込めたことになるのでしょう。
    自由意思による自由廃業は慰安所に入ることになった
    経緯の如何にかかわらず必要だったのです。
    公娼制と慰安所の違いは公娼制としては建前として自由廃業を
    保障していたのに慰安所でこれを保障したのは沖縄軍慰安所
    以外、建前としてさえ自由廃業を保障しなかったことにあります。
    そういう意味で慰安所は警察に黙認された存在でしかありませんでした。

    返信削除
    返信
    1. それは「軍法に記載がないから」という吉見理論ですか?それで「軍が閉じ込めた」というのは、少々飛躍に思えます。

      削除
  2. 出口が閉ざされていれば閉じ込められているのと変わりはありません。
    日本軍慰安所が慰安婦にされた女性の逃げ場を設けなかった
    のであれば、日本軍慰安所が慰安婦を閉じ込めたことになり
    ます。

    返信削除
    返信
    1. >>日本軍が慰安婦を慰安所に閉じ込めたことになる

      >日本軍慰安所が慰安婦を閉じ込めたことになり

      話がすり替わっていますね。慰安所が基本的に民間人の経営だったと知ってのことでしょうが、こういったやり口が慰安婦問題を慰安婦騒動に発展させたのです。貴方に反省しろと言っても仕方がないが、こういうすり替え論法はここでは御免です。

      削除
    2. 名も名乗らずに、一方的なすり替え理論ですか。潔くないな。堂堂と名乗って発言されてはいかが?

      削除
    3. >慰安所が基本的に民間人の経営だったと知ってのことでしょうが
      設置したのも慰安婦を運んだのも日本軍
      規則を作ったのも日本軍
      入口にて審査したのも日本軍
      慰安所の権力者は日本軍なら「民間人経営」は
      名目だけになります。
      慰安婦にされた女性に自由な廃業、自由な出口を
      提供できるのは日本軍だけ。それをしなかったのは
      性奴隷を自由にして財産を奪われるのを嫌って業者が
      日本軍の代理人として来なくなるのを恐れたから。
      日本軍慰安所の権力者が日本軍ならば、
      日本軍慰安所が女性を閉じ込めることと
      日本軍が女性を閉じ込めることが等しくなりますが、
      日本軍慰安所への入り口のイニシアティブが
      慰安婦にされた女性の親や女衒にあっても
      日本軍慰安所そのものの権力者が日本軍でなければ
      日本軍が規則を設けるのも軍医が慰安所従業婦の
      性病検査をすることもできないのではありませんか?

      削除
    4. 慰安所http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E6%89%80
      運営~略~
      環境的にも契約上も他人が借金を肩代わりする中途廃業の見込みはない(半年内の早期廃業の違約金を自分が出す規則はときにはあった[43])、 (1943年、華北で慰安婦廃業のための金を横領したとして、陸軍主計中尉が軍法会議にかけられている[44]。

      削除
    5. 本当に軍が女性を監禁していたと思うなら、それを証明すればいいんじゃないでしょうか?話をすり替えたりせずに。

      貴方の話は要するに、映画館に非常口の表示が無かったのは消防署が客を監禁していたことを意味する、というような話ですね。

      削除
    6. >貴方の話は要するに、映画館に非常口の表示が無かったの
      >は消防署が客を監禁していたことを意味する、というような話>ですね。

      慰安所/運営
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E6%89%80#.E9.81.8B.E5.96.B6
      半年内の早期廃業の違約金を自分が出す規則はときにはあった[43]
      私が出した事例のうち以上の意味するところをよく考えてみてください。



      削除
    7. 私は当時の公娼制度について深く勉強したわけではありませんが、違約金で契約(借金)を清算できるなど、内地ではちょっと考えられないような好条件だったのでしょうね。差額は軍が補填してくれたというわけですね?やはり軍公認というのが大きかったのでしょう。

      削除
    8. 親や女衒に売り飛ばされた無一文の女性の楼主による
      人身拘束・一定期間監禁を規則によって日本軍が公認
      する、日本軍による一定期間の閉じ込めではないと、
      おっしゃるのですか?
      公娼制は娼妓名簿から外れたければ外れられる制度です。
      娼妓名簿から外れた女性の娼妓稼業は違法となります。

      削除
    9. 当時公娼が「籠の鳥」であった最大の理由は、名簿がどうこうではなく、借金なんですね。いわゆる「身売り」ですから。つまり、貧困層の女性には売春以外に大金を返す当てがなく、結局は年季明けを待つ他なかったのです。

      しかし軍公認の慰安所の場合、違約金(で廃業出来る)という規定があったという事ですから、興味深いですね。もっとも、慰安所ならどこでもそうだったと考えるのは早計でしょう。

      削除
    10. >貧困層の女性には売春以外に大金を返す当てがなく
      日本軍が作った軍慰安所規則や軍慰安所入口にて女性と
      楼主の一定期間の売春による人身拘束契約を日本軍が
      審査公認することと軍慰安所の出入り口の警備が日本軍か
      楼主かのどちらが行ったかで、
      >日本軍が組織的に、各地の女性を
      >「慰安所」に閉じ込め
      たか否かがわかりそうです。
      軍慰安所出入り口の警備はどちらが行ったと思いますか?

      削除
    11. >たか否かがわかりそうです。

      無理ですね。

      さて、長々とお話してまいりましたが、新しいエントリーも上げていますので、よろしければそちらの方もご覧下さい。

      ・ 戦犯旗(日章旗)廃絶平和マラソン in ニューヨーク
      http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2013/02/in.html

      削除
    12. 日本軍慰安所の出入り口の警備を行ったのは日本軍か
      楼主が雇うやくざか民間の遊女屋ならやくざでしょうが
      戦場の後方施設を警備するのはどちらだったか、
      はっきりさせましょう。出口に立ちふさがったのは
      日本軍だったのか楼主だったか?

      削除
  3. 映画館の非常口の表示がなくてそこにいた誰かが負傷すれば、それは当然映画館の責任だ。映画館は軍慰安所だ。
    日本軍士官・及び兵士の残虐非道な行為はよく歴史的に記録され、繰り返す必要もない。私はこの事件では兵士達を制御できなかった士官層の無能と腐敗を問題にすべきだと思う。
    軍慰安婦制度でもっとも利を得たのは、特権を持った日本軍士官層だと思う。スマラン強制連行の犯人は士官であったことを忘れるべきではない。


    返信削除
    返信
    1. >映画館の非常口の表示がなくてそこにいた誰かが負傷すれば、それは当然映画館の責任だ。映画館は軍慰安所だ。

      その通りです。私が言いたかった事をうまく纏めて下さいました。もちろん、消防署にも監督責任はありますけどね。

      後半に関しては、西野留美子氏がこのような話を聞き取っていたことも紹介しておきます。

      「女を連れて軍隊慰安所を開いた人は、よう儲かったって言ってたわね。・・・うちのおじいちゃんも軍隊慰安所をやろうって、よう誘われとった。軍人さんが列を作って並ぶんだって。今思うと、大変な時代だった。不幸な女がなおさら不幸になる時代だったねぇ」
      http://hazama.iza.ne.jp/blog/entry/893509/

      削除
  4. 朝日新聞の援護射撃です。(ネットでは有料記事)

    http://www.asyura2.com/13/senkyo143/msg/496.html

    いつもながら、河野談話維持の傾向がある事柄についてはしっかり報道。
    不都合な事柄はきっぱり無報道。

    返信削除
    返信
    1. 慰安婦問題を政治・外交問題化させた朝日が「山崎正和氏は『歴史と政治の分離』を説いている・・・けだし政治の要諦であろう」とは・・・絶句する他ないですね。

      記事ありがとうございます。図書館で全文を確認してから保存しておきます。

      削除
  5. 日本軍慰安所の警備を行ったのは当時、朝鮮半島において憲兵だった朝鮮の方たちでしょう。匿名さんがスッカリ忘れているのは朝鮮兵と朝鮮人憲兵の存在です。日本の統治方法は一般的な西洋の植民地統治とはまったく違いました。そして、朝鮮半島は第2次世界大戦における敗戦国です。70年後に戦争責任を日本に突きつける(押し付ける)立場にはないのだと言う基本的な出発点がそもそもズレているのですが、慰安婦問題の先頭に立つ国としては最もふさわしくないのが韓国です。これは断言できます。

    返信削除
    返信
    1. この人は看守か何かと勘違いしているようですが、アルジェリアの天然ガスプラントがアルジェリア軍によって警備され、日揮の日本人社員も自由に出入り出来なかったように、警備するのと監禁するのはイコールではありませんからね。

      削除