2013/02/17

百科事典JAPAN at WARに見る慰安婦の定説

最新の「百科事典」でこのレベル

先月発売されたばかりのJAPAN at WAR(百科辞典--戦時下の日本でも、慰安婦とは日本軍によって売春を強制された人々とされている。20万人以上が植民地や占領地で徴用された。年齢は14歳から30歳。当初は日本人の売春婦を戦地へ連れて行ったが、それらが性病持ちだった為、日本人ブローカー達は朝鮮の村娘をリクルートし始めた。朝鮮人は全慰安婦の最低8割を占めた。大勢の女性が、組織化された性奴隷制度の中に日本軍によって強制的に入れられた。

最初は挺身隊と呼ばれたが、後に日本政府はmilitary comfort women(従軍慰安婦?)という言葉を作った。戦争の末期になると見境なく女性を拉致するようになった。1943年の軍隊強制動員法により、帝国陸軍は7万から8万の女性を慰安所に送り込んだ。終戦後、多くは見捨てられるか、(日本軍によって)虐殺された。ある者は自殺した。

1991年10月6日、三人の韓国人慰安婦が人権に対する罪で訴え出た。日本政府は47年間、慰安婦計画に関して政府は一切関与していないと否定し続けて来た。しかしながら、1992年、軍と直接的に繋がる資料が明るみに出、1993年、日本政府は兵士たちとのセックスを強制された女性達を常時監督する立場にあった事を認めた。

それ以降、日本の総理大臣が個人的に謝罪することはあっても、公式な謝罪も公式の賠償計画もない。2007年、それまで女性たちが戦時売春に強制された事実を否定していた安倍晋三総理は、国際社会の反発の後、自分が間違っていた事を公式に認めた

1990年代に入り、世界はこれらの忘れられた第二次世界大戦の犠牲者の話を知るようになった。

グーグル・ブックス(英語)より大雑把に紹介(引用は、原文からお願いします)。

この項目を担当したLouis Perez

この項目を担当したのは、イリノイ州立大学のLouis G. Perez +(ABC-CLIO)。彼には陸奥宗光と不平等条約に関する著書もあるようだが、これが米国の日本研究者のレベルか。合っているのは年月だけという惨憺たる有様。この解説も、多くの運動家達の話と同じように前半(軍隊による強制・拉致)の話と後半(軍の関与)の話が繋がっているようで繋がっていない。ペレスはそれを自覚しているのだろうか?

文末にFurther readingとして、ユキ・タナカとワカバヤシ・ボブ・タダシの最近(それでも10年前)の研究が上げられているが、欧米人の理解はジョージ・ヒックスの頃からあまり変わっていない。ただし、ヒックスや吉見義明の本の名が上がっていないのは興味深い。

現実問題として、これが現在の国際社会の定説と考えた方がいいだろう。

7 件のコメント:

  1. 経歴だけ見ると素晴らしいですね・・・
    http://www.iub.edu/~easc/outreach/educators/seminar/documents/PerezBio.pdf

    日本人が書いた英語の本がもっと必要になってきていると実感しています。外国人や反日的な感情を持つ訳者を介さない英語の本です。簡単ではありませんが、そういう事態になって来ていると思います。そしてそれは、慰安婦の問題をピンポイントにする本ではなく、慰安婦問題に関する日本の立場をうんぬんする本でもなく、もちろん過剰にナショナリスティックな本でもなく、天皇を祭りあげる本でもなく、もっと淡々と日本は「このような国である」ということを外国人に示すことができる本です。本来、ジャーナリストの中から出てこなければいけないのですが、残念ながらそうはなっていませんね。

    返信削除
    返信
    1. そのハンデの(極?)一部を知日外国人ブロガーが埋めつつあるのが、せめてもの救いでしょうか?小さな希望の光と言いますか。

      削除
    2. ただ、Jennifer Lind も知日家であるはずの方が、やはり出身国とのからみで発言に限界が出てくることを考えると、やはり日本人が頑張らないといけないなと思います。でも、Hazamaさんのおっしゃっていることもよく分かります。驚くほど日本のコトを理解している方が増えています。

      削除
    3. ちょっと違う話ですが、海外のOTAKUは普通の日本人以上に日本のサブカルに詳しかったりします。ネットや同好の日本人との繋がりを駆使してありとあらゆる情報を集めています。もちろん、日本語の情報も含めて。

      つまり、本気でこの問題を勉強しようと思う人は、いずれ真相に辿り着くのだと思います。とはいえ、我々はただそれを待っているだけではいけませんよね?

      削除
  2. 軍による強制、拉致と軍の関与が繋がっていない、

    この点についての見解を簡単でもよいですから少し説明していただければ、ありがたい。

    要するに、軍としては、貸し座敷が慰安所であり、警察が関与しているのは娼妓届けだけだから、軍は一切関与しなくて、届け出のみの関与、ということなのでしょうか?

    去年のWe remember the facts という宣伝意見広告は、軍の介入を認めていました。これは、冒頭で慰安婦を集めよという軍の公式命令を、日本の歴史学者が国立公文書館では見つけることができなかった、と述べているわけですから、まさに反対の帰結です。内容として本当に奇妙な広告でした。



    返信削除
    返信
    1. >軍による強制、拉致と軍の関与が繋がっていない、

      http://goo.gl/PbKTS ←ここで原文が読めますので、ご自分の目で確認してみて下さい。

      >慰安婦を集めよという軍の公式命令を、日本の歴史学者が国立公文書館では見つけることができなかった、と述べている

      そうでしたっけ?

      まぁ何はともあれ、このエントリーは意見広告We remember the factsについてではなく、JAPAN at WARという本についてですので、factsについては別の機会にお話しましょう。

      削除
  3. 百科事典のような権威のある書物ではないのですが、所謂「架空戦記」若しくは「IF戦記」といったジャンルの大衆小説があります。日本では荒巻義雄原作の「紺碧の艦隊」等が有名です。当然米国でもありまして、しかも太平洋戦争が題材になったいるものがあります。

    その名も「ライジング・サン」。    

    わざとなのかと思える程ヒネリがない(泣)。

    アマゾンで購入できるようです。
    http://www.amazon.co.jp/gp/product/1451638515/ref=as_li_tf_il?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=1451638515&linkCode=as2&tag=meinesache-22

    そしてここで登場するも日本軍もヒネリなぞなく、占領地での現地女性をレイプして強制連行の上、慰安婦にすると描かれています。

    去年の暮れに発売されたばかりの作品だそうです。。。

    返信削除