2013/02/28

韓国、慰安婦問題国際広報に予算増額


韓国の女性家族省(部)の予算が大幅に増額され、日本の国会図書館調査・立法考査局も韓国政府による慰安婦問題の海外広報が活発化すると見ている。これは、パク大統領就任以前(1月)からの動き。

特に目立つのが記念事業関連予算。慰安婦に関する研究は陽の下に新しきものなしという状況で、むしろ研究が進むほど韓国側に不都合な事実が出てくる。むしろ「慰安婦=日本軍性奴隷」のまま世間(&国際社会)の印象を凍結させた方が韓国側にとっては都合がいいだろう。

今年度より、外国語への資料の翻訳の為に予算が組まれるようになった事を見ても分かるように、韓国政府はこれから国際的広報(対日プロパガンダ)に力を注いで行くつもりらしい。これは民間の慰安婦支援団体と協力して行われると思われる。これまでもそうだった。

【韓国】 竹島及び慰安婦問題関連予算の大幅増額
菊池 勇次

*2013 年 1 月 1 日、韓国国会本会議において 2013 年度予算案が可決され、外交通商部が所管する竹島問題関連予算及び女性家族部が所管する慰安婦問題関連予算が大幅に増額され、両問題に関する韓国政府の海外向け広報等が強化されることになった。

(中略)

慰安婦問題関連予算(女性家族部所管分)

女性家族部が所管する慰安婦問題関連予算は、2012 年度の 13.3 億ウォンから 18.6億ウォンに増額(同約 1.4 倍)された。特に元慰安婦の「生活安定支援」予算の伸び(同約 1.1 倍)に比べ、「記念事業」予算が 2.5 億ウォンから 6.8 億ウォンに大幅に増額(同約 2.7 倍)された。

「記念事業」とは、元慰安婦の名誉回復及び真相糾明を目的に行われるものであり(「日帝下日本軍慰安婦被害者に対する生活安定支援及び記念事業等に関する法律」第1 条)、政府及び地方自治体は、元慰安婦に関する①記念事業、②歴史資料の収集、保存、管理、展示及び調査研究、③教育、広報及び学芸活動、④国際交流及び共同調査等を行うことができると規定されている(同法第 11 条)。

2013 年度予算では、「記念事業」について、従来から行われていた①「記録資料の収集」(2.3 億ウォン)、②「研究資料の分類及び整理」(1.5 億ウォン)に加え、③「元慰安婦の名誉回復、真相糾明及び正しい歴史観確立のための巡回展示会並びに教育資料の開発及び普及」(2 億ウォン)、④「研究資料の外国語への翻訳」(1 億ウォン)が新規に認められ、韓国政府による元慰安婦「記念事業」が拡大されることになった。


※ 2013年より、このように変わります」--女性家族部

8 件のコメント:

  1. 在米日本人2013年2月28日 12:33

    もう勝手にやれって思います。
    当時の雑誌にも載っていないし、新聞の記事にも
    ならなかった事が今になって問題になるって事自体おかしいことで、証拠などどこにもなく、韓国人達自体、世界で信用されている民族でもないし、すればするほど、北朝鮮と変わらない国だと思われる。アメリカで韓国人は信用されていない。警察に捕まっているのは中国人、韓国人が多く、日系の方達は騙されても、騙したりはしない。
    私達は先人達を誇りに思い、アメリカで生活しています。
    最近は韓国人達をさけている方達も多いです。
    従軍慰安婦問題、竹島問題など、海外の人達が日本人を信用するか、韓国人を信用するか、、それは日本人である私達が信用されるよう行動する事、、それしか無いと思っています。

    返信削除
    返信
    1. お腹立ちは分かります。しかし、これは20年も続いているのです。あまり表に出なかっただけで。私は我慢してこの問題を追って行くつもりですが、たしかに日本人としては不快な話です。

      >それは日本人である私達が信用されるよう行動する事、、それしか無いと思っています

      その通りですね。

      特に興味のある人以外は見ない方がいいかもしれません。やはり精神衛生上よろしくないですから。

      削除
  2. 在米日本人さんのおっしゃる通りです。結局は、現代の日本人の一人一人が、日本というブランドを作っているのであると思います。

    余談ですが残念ながら韓国は統一教会も政府ご用達です。日本人信者が韓国で謝罪パフォーマンスを繰り広げていたのも、韓国政府はもちろん計算済みです。日本国内で言えば、創価学会も統一教会も根は一つだと思っています。仏教部隊とキリスト教部隊に分けることでまんべんなく日本社会に浸透し、一定の影響力を持とうとしているのでしょう。アメリカ国内においてかつて統一教会の活動が非常に警戒されたのは、ワシントンを買収しメディアも買収したからです。文鮮明は投獄されましたが結局、元の木阿弥ですし、米国生まれの息子たちはさらに巧妙に活動しているようです。プロパガンダに関して言えばですが、創価学会と統一教会(特に後者)が大手を振ってまかり通ること自体、先日、Hazamaさんが投稿されていたように日本が朝鮮半島を甘やかし過ぎてしまった証拠だと思います。

    BBCがかなり徹底的なドキュメンタリーを作りましたね。
    もちろん、西洋社会からすれば東洋人の救世主など受け入れられないという反発の意味もあるのでしょうが、統一教会や創価学会と日本の政治家とのつながりは在日議員の多さを物語っていますね。
    http://www.youtube.com/watch?v=FVBR0pQr5do

    返信削除
    返信
    1. 20年前と違い、韓国は政府後押しでこの問題を大きくしていますね。

      >仏教部隊とキリスト教部隊

      官も民も宗教界も一体になって。

      削除
  3. 韓国もこんなことに財源を使うくらいなら、下水処理の改善とか、福祉やセーフティネットなど、必要なものが沢山あると思います。
    いい加減未来志向になるべき。

    返信削除
    返信
    1. 「下水処理の改善とか、福祉やセーフティネット」よりも大切な事なんでしょうね。彼らにとっては。

      削除
  4. これも国際広報の一環でしょうか?

    「従軍慰安婦たちの被害証言を収録した口述集」やっと出版されたようです
    。http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/02/27/2013022700905.html

    外国語(日本語、英語)版があるのかまだ分かりませんが、いずれ誰かがネットにアップしてくれるでしょう。

    しかも、嬉々とし・・・

    おっと、不謹慎な言葉が出そうに(汗)。


    返信削除
    返信
    1. 900万円の国家予算がついたそうですから、英語版もいずれ出るかもしれませんね。

      削除