2013/03/01

慰安婦騒動を煽った政治家--清水澄子


現在の日韓両国に祟り神のように取りついている河野談話。当時の外交当局者らの善意は信じたいが、当時からあの内容では後で必ず災いの元になると警告していた人もいた。にも関わらず、ああいう形の談話が出来上がったのには、幾つか要因があったのだろう。最大の原因は河野洋平という「まっすぐ君」の存在だが、横から煽った人もいた。社会党の議員たちである。彼女たちは、意図的であっただけに河野洋平より悪質であった。

「外交的問題になると警告」する裏で、清水澄子議員はせっせと慰安婦問題を炎上させていたのである。この21年後、彼女の後輩である福島瑞穂も、政府がちゃんと対応しないと慰安婦問題はより拗れるとしたり顔で忠告したが(録音 0:45)、彼女もまた慰安婦騒動の火つけ役の一人であった。これらのマッチポンプER達が日韓関係の正常化を邪魔してきたのである。

当時社会党の議員たちは、慰安婦が戦時徴用者に含まれていたのではないかと質問し、それに対し、政府は民間業者の従業員であると答弁していたのである(Wikipedia参照)。90年代のこのインタビューでも、清水は読者をミスリードしようとしている。彼女はさらに、慰安婦の強制連行(?)が軍による組織的な行為であり、性奴隷という言葉と共にその事を河野談話に明記させようとしたが、河野洋平もそこまでは認めなかったということだろう。

対談相手は和田春樹。この人についても、いずれ取り上げなければならない。



「従軍慰安婦」問題は韓国の方から問題になったんでしょうか。それが日本の中に反響をよんできたんでしょうか。

「一番最初は90年6月の参議院予算委員会で強制連行との関連で、質問があり、厚生省が「民間業者がやったことと答弁したが、その場での追及はなく素通りしていたらしいのです。ですから「慰安婦」に関しては報道もされず、予算委員会メンバー以外は分かりませんでした。

ところが、その年の90年10月29日に沖縄の渡嘉敷島で韓国の「従軍慰安婦」の慰霊祭があり、そこに参加した「韓国協会女性連合」尹栄愛さんから私に電話が入ったのです。6月の政府答弁に抗議したい。公開書簡を総理に渡せるようにしてほしい。そして女性議員との懇談の場をつくれないか---。私は早速、女性議員懇談会と外務省の交渉をセットしましたが、これが事のはじまりになりました[...]

韓国では10月17日に8団体が声明を出していますね。6月6日 元岡議員が『朝鮮人強制連行の中に慰安婦はいなかったのか』と質問されて、これに厚生省が答えているんです。国会でご質問になったのはいつでしたか。

「90年の12月18日の外務委員会で取り上げたのが最初です。『国と軍は慰安所に関係していないという政府の認識は変わりはないか』と尋ねました。政府は『変わらない』と言い切り、『関与していなかった』と繰り返すばかりでした。

[...]私は政府の認識と対応の修正しなければ大きな政治的・外交問題になることを警告し、調査の実施と、担当する責任所在の窓口の設置を要求しました。91年にようやく調査は4省庁から6省庁に拡大し、責任行政機関は内閣外政審議室になりました。(以下略)」

(中略)

「こうして93年8月4日、政府の第二回調査報告とともに河野内閣官房長官の談話となるわけです。
その談話の文面についてずいぶん注文をつけました。例えば『軍による組織的、強制的な行為であった』と記入すべきと主張しましたが、組織的とは言えないと『旧日本軍が直接あるいは間接的に関与した』となり、強制的であったはずだと主張したことには『本人たちの意思に反して集められた』とやわらかい表現に変えてきました。
また『軍は女性を性的奴隷として人権を侵害した』と書くべきだと言うと、日本には奴隷制度はなかったから、そういう表現は馴染まないと言う。それならば『女性の名誉と尊厳を著しく侵害した』と書きなさいと要求し、公式の場で初めて女性の尊厳という言葉が使われたのです」


和田が言うように、社会党の本岡の質問は、「朝鮮人強制連行の中に慰安婦はいなかったのか」というのが主意だったにも関わらず、清水は「国と軍は慰安所に関係していないという政府の認識は変わりはないか」と相手が言ってもいない事を言い出し、話をすり替えたのである。

それに対する政府の答えは「少なくとも厚生省関係それから国民勤労動員署関係は関与していなかったと。それ以上のことになりますとちょっと確認のしようもなかった参議院外務委員会H.2.12.18」というものだった。

「(国や軍は)『関与していなかった』と繰り返すばかりでした」・・・嘘つき。

4 件のコメント:

  1. 在米日本人2013年4月14日 17:07

    hazama様
    アメリカに石碑が建つ事で知ったので、
    日本がどういう状態かあまり知りませんでした。
    今日 検索していますと、従軍慰安婦を論じるという
    サイトに辿りつきました。
    日本内でこういう方達もいるし、
    本当に難しい問題だなって思います。

    返信削除
    返信
    1. そうですか。日本での騒動をご存知なかったんですね。
      慰安婦問題が一番熱かったのは、90年代の前半です。それが沈静化して暫くして、2007年ですが、アメリカの下院で慰安婦問題が取り上げられるというので、息を吹き返したのです。

      >日本内でこういう方達もいるし

      この人たちが猛威を振るっていたのは2007年頃です。今はあそこも静かになりました。日本語版のウィキペディア(慰安婦の頁)の編集合戦も終息しましたし。

      海外で暮らしてらっしゃる方にも分かるように、当サイトでも一度おさらいする必要がありそうですね。ウィキペディア(日本語版)も、編集合戦の結果グチャグチャになって、読んでも分りにくいですから。

      削除
  2. 在米日本人2013年4月15日 13:28

    ホワイトハウスへの署名頃から、
    アメリカに住んでいる方達は皆知るようになった思います。
    本当に読んでびっくりしました。
    これでは海外の方達も信じてしまう、、と思いました。
    私は父から戦争のことを聞いていましたから、
    どうしても信じられませんでした。
    ぜひ、お時間がありましたら、、、お願いします。
    弁護士とか、大学教授(吉見氏以外)とか
    次々知らない名前がでてきて、驚きました。




    返信削除
  3. 和田春樹か。慰安婦関係の書籍を読んでいると必ず出てくる名前だ。結局、吉見義明とか和田春樹みたいな阿呆とその信者らが、正常な日韓関係を邪魔しているのだよな。西岡力氏なんかは韓国人が好きだから、こういう日韓関係を憂慮しているのだが、私なんかは韓国人の奸悪でズルいところを見抜いているし真性で高麗棒子がキライだから、竹島問題やこういうエセ学者のせいで日韓関係がぶっこわれているほうがいい。

    返信削除