2013/03/26

京都府議会、慰安婦に謝罪促す意見書可決


運動家たちは、何年にも渡り、人脈を作り情に訴え、手を変え品を変え議員たちを説得する。日本においても未だこうした意見書が地方自治体レベルで可決されてしまうのに、アメリカでこの種の政治的な動きを阻止するのは難しい。

泣いて訴える老婆の姿を見せられ、「問題」の解決が必要だと言われれば、こうした「正論」に反対するのは難しい。よほど確固とした信念が無ければ・・・。まずは、日本人自身がもう少し常識として慰安婦問題の本質を知ることだろう。

「慰安婦に謝罪と補償を」 京都府議会が意見書可決

京都府議会は26日、旧日本軍の慰安婦とされた女性に謝罪や補償をするよう国に求める意見書案を賛成多数で可決した。市民団体によると、同様の趣旨の意見書が可決されるのは都道府県議会では初めてという。

府議会会派の公明が「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」を提案し、民主と共産が賛成、自民は反対した。意見書は、「被害女性の声を聞き、調査分析を進め、理解ある補償を行い、名誉と尊厳を回復することは日本政府の残された責務」と指摘。これらを「誠実に急ぎ行うこと」や、「歴史の事実と教訓の継承に取り組むこと」を求めている。

従軍慰安婦問題に取り組む市民団体「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」によると、2008年3月から昨年9月までに全国39の市町村議会が同趣旨の意見書などを可決。京都府内では6市議会が可決している。同府議会の各会派には市民団体が10年から働きかけていた。

朝日 2013.3.26

アムネスティが一言。

アムネスティは、京都府議会が日本軍性奴隷制の被害者に対する公正を求める意見書を可決したことを歓迎する。

京都府議会は3月26日、政府に対し被害者の名誉と尊厳の回復などの補償を含む、「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」を都道府県議会として初めて可決した。

日本では、旧日本軍の性奴隷制の被害者への支援活動が拡大するにつれ、2008年以来、全国39の市町村議会が政府に対し「慰安婦」問題に早急に対応することを求める意見書などを可決してきた。

京都府議会が意見書を可決した同じ3月、政府は国連人権委員会の第二次普遍的定期審査(UPR)の勧告を拒否した。各国は勧告の中で日本政府に対して、日本 軍性奴隷制の法的責任などを受け入れ、十分な補償を含めた被害者の尊厳を回復 するための適切な対応策を取ることを要請していた。

アムネスティは、被害者に対する過去の謝罪を見直す旨の安倍首相の発言を特に懸念している。これは、日本が被害者の求める正義を否定し続ける憂慮すべき徴候である。政府がUPRの勧告に対して、問題を政治化したり外交問題にしては ならないとする声明を出したのも同様である。

旧日本帝国の軍隊は年齢、貧困、階層、家柄、教育、国籍、民族などで、性奴隷制のわなにはめやすかったアジア各地の女性や少女を性的な奴隷にした。旧日本軍は、暴力と甘言を使って女性たちを奴隷化し、その結果、被害者は身体的・ 心的傷害を負い、孤独に耐え、恥の意識に苛まれ、多くの場 合、赤貧にあえいできた。

アムネスティはこれまで、日本政府が被害者の求める正義を受け入れないことは、女性たちが被ってきた人権侵害を助長するだけであると、懸念を表明してきた。

アムネスティは、日本政府に対して以下のことを求める。

生き延びた被害者の大半が納得する方法で彼女たちが被った損害を公に認める。また法的、道義的責任を全面的に受け入れる。
「慰安婦」に対し、旧日本軍が犯した犯罪について全面的に、はっきりと謝罪 する。
日本政府は、国際基準に適った十分で、かつ中身のある補償を、「慰安婦」被 害者が同席する場で、直接、彼女たちに示す。
第二次世界大戦に関する歴史の教科書に日本軍性奴隷制について正しく記載する。
以上

アムネスティ・インターナショナル国際声明
2013年3月29日

11 件のコメント:

  1. 京都は第2次世界大戦中、他の地域と比較するとほとんどと言ってくらいに空襲被害も受けていませんからね。あれだけ、いにしえの建造物が保存されているのは逆に言えば、それだけ大戦中に被害が少なかったからでもあります。阪神大震災のときも震源直下だったため、被害は少なかった。京都を訪れると素晴らしいと思う反面、非常にシュールで、他地域が経験してきた痛みというものが分からない人が育ちやすい要素があるのではないのかと感じるときがあります。

    ご存知のように京都府は京都議定書の発祥の地です。緑系の活動も活発です。3.11後には汚染レベルがクリアしているガレキ受け入れにも猛反対し、滋賀県知事の嘉田由紀子、飯田哲也、その他のグリーン系はすべて京都大学の一部の思想活動と深い絆で結ばれています。非常に偏っているという印象がありますが、閉鎖的な地域が海外に触れたときに、突然、日本は100%駄目、海外は100%
    正しいという極端から極端にふれる好例が京都だと思います。奇しくも本日の記事ですが、京都で大きな力を発揮している京セラの稲森氏のことが出ていました。氏は妻が禹長春の娘であることを公称していますが、祖父は閔妃暗殺の禹範善。息子の禹長春は反日運動の父、李承晩と供に活動をしていました。
    http://www.kyoto-keizai.co.jp/modules/wordpress/index.php?p=1054

    朝鮮半島のドロドロした渦はしぶとく、常に政治的ですが、この慰安婦問題はそれこそ、先日からhazamaさんがおっしゃっている、「バンドワゴン」に飛び乗る人々、慰安婦とは無関係の権力争いに利用しようとする人々が居るためにやっかいです。

    返信削除
    返信
    1. 宝塚市とか、京都とか。関西はいろいろあるようですね。
      稲盛氏の奥さんの話は始めて知りました。ありがとうございます。

      削除
  2. ええ、京都は左翼が強いもねw
    とりあえず、保守系が強い県ではこういうのもあります。

    宮城県議会GJ「従軍慰安婦性奴隷は嘘・捏造の反日宣伝!」 意見書可決
    http://youtu.be/GjKf_9siwoI

    でも、地方自治体で宮城県のような決議は少数派ですね。

    返信削除
    返信
    1. 失礼しました、桜ボケしました。リンク先は今日の記事ではないです。夏の参議院選挙に向けて京都はますます、この問題でしゃかりきになりそうですね。

      安倍さん個人の支持者ではありませんが、小沢さんと縁が深い緑系や稲森氏、そしてもちろん韓国系アメリカ人、みんな慰安婦問題を政局にしていますね。

      削除
    2. >地方自治体で宮城県のような決議は少数派ですね。

      左派の方が熱心ですからね。

      削除
  3. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  4. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  5. どうやら、公明党と共産党が発議していて
    公明党の決議案が可決されたらしいね。
    国政レベルでは与党なのに、日本政府の見解に逆らうような決議を
    発議するとは、公明党は国政も担っているという自覚の無さに、
    あきれた政党ですわ。
    ちなみに、自民党の若手県議が議場で売国奴とヤジは入れたそうです。
    こんなもの、ただ、韓国の間違った見解に加担するだけの利敵行為ですね。
    もう一点、ニコニコ生放送で京都の在特会が京都府議会の事務局に
    この決議の根拠は何だ?と聞いたら、担当の人は、そんなものは無いと
    あっさり決議の根拠は無いと認めたので爆笑しましたわ

    返信削除
    返信
    1. ある運動家が、公明党が攻略ポイントだと言ってました。

      削除
  6. 公募に応じてカネもらって働いてもなぜ奴隷なのでしょう。
    性がつくと奴隷になってしまうんですかね?
    韓国の反日の宣伝文句に日本人も影響されてしまっているみたいだし。
    性奴隷と違うと言ったところで、違っても女性の人権無視には違いない、
    と余計怒られるだけだろうし。
    でも、日本はすでに賠償していて、韓国だけが受け取らせなかったという
    こと日本人すら知らない。
    韓国は日本とケンカしたくて利用しているだけなのに、日本の地方議会は
    どうなっちゃっているんだろう。

    返信削除
    返信
    1. 日本の地方議会がこれでは・・・。

      削除