2013/03/20

米軍の「軍隊内性トラウマ」


碑がいい、いや少女像だと言い争っている韓国系退役アメリカ軍人たちも、アメリカに建てるならこういった女性たちの碑の方が相応しいのではないか?

33パーセントというのはかなりの高率だが、ここで言われているレイプがどの程度の行為を指しているのかは分からない。セクハラが別カテゴリーになっている所を見ると、やはり我々が普通に想像するようなレイプということでいいのだろうか。被害者が女性兵士の三人に一人に上るというのは驚きである。これとは別に男性の被害者も存在する。


ところで昨年公開された映画に「The Invisible War」(見えない戦争)というドキュメンタリー映画がある。やはり米軍内部の性暴力を扱っている(未見)。米軍内にこういった問題が起こるのは、吉見理論に従えば、「大儀なき侵略戦争だから」「慰安婦制度自体が女性に対する性暴力を肯定しているから(現在の米軍に慰安婦所はないが、女性兵士の帯同がそれを代替しているという指摘はある)」などが理由として挙げられそうだが、恐らくこういった問題は米軍や日本軍に固有の問題ではないだろう。



この映画を見た人によれば、加害者が処罰されていない(場合も少なくない)、という話である。

(Credit: I Am One)

被害はイラクやアフガニスタンにとどまらない。この女性は1970年代に韓国の烏山(オサン)空軍基地(米軍)での強制されたセックスと殺人未遂の被害を訴えている。彼女によれば、米軍内では毎年19,000件の性暴力事件が起こっている。

駐留部隊:米女性兵士の3割、軍内部でレイプ被害

米英軍主導の侵攻から20日で10年を迎えるイラクや国際部隊の駐留が続くアフガニスタンに派遣された米女性兵士延べ28万人の3割以上が、上官らから性的な暴行を受けていたことが分かり、米国内で「見えない戦争」と問題視されている。連邦上院の軍事委員会で13日、「軍内性的トラウマ(MST」と呼ばれる心的ストレスに関する公聴会が初めて開かれた。新たな被害を恐れ沈黙を余儀なくされてきた被害者は「風穴が開いた」と歓迎している。

カリフォルニア州図書館調査局が昨年9月に発表した実態調査によると、イラクとアフガニスタンに派遣された女性兵士の33.5%が米軍内でレイプされ、63.8%が性的いやがらせを受けたと回答した。国防総省も問題を認めている。軍内での性的暴力は2010年だけで、男性の被害も含め推計1万9000件にのぼる。

上院公聴会で議長を務めたバーバラ・ボクサー議員は「被害申告が出ているのは17%にすぎない」と指摘。「この問題の公聴会を開くのに10年もかかった。変革の第一歩だ」と意義を強調した。

イラク戦争中の03年にクウェートに派遣された前後に米国内基地で上官から性的暴力を受けたコーリン・ブッシュネルさん(39)は、公聴会をインターネットの生中継で見ながら「草の根運動で長年取り組んできたことがようやく公に明るみに出た」と興奮した。証言する予定だったが心的外傷後ストレス障害(PTSD)のため断念。議長の言葉に救われた思いがした。

クウェート派遣前に男性上官からレイプされ、帰還後に女性上官から性的暴力を受けた。「上官を訴えても自分を助けてくれる人がいると思えなかった」。精神的なバランスを崩し、06年に退役。2人の子供がいる家には帰れず、5年近くホームレス生活を続けた。「自分が恥ずかしく、行く場所がなかった」

05年のイラク派遣中に変死した女性米兵ラベナ・ジョンソンさんの両親が、自殺と断定した軍に「殺害された」と異議を唱えていることを知った。ジョンソンさんの遺体には、殴られ、レイプされたと見られる痕が残っていた。下士官時代のつらい記憶と重なり「彼女の無念を伝えるのが使命」と感じた。昨年夏から3カ月、全米12州の退役軍人組織を巡る行脚に出た。

退役軍人庁の11年の統計によると、ホームレスの女性退役軍人のうち39%が軍内性暴力の被害者だ。市民団体「女性兵士行動ネットワーク」によると、10年に退役軍人庁のPTSD認定基準が緩和されたが、MSTは申請の32%しか認められていない。全体平均は53%だ。

米国防総省は1月、直接戦闘地域への女性派遣を禁ずる規定の撤廃を発表した。ブッシュネルさんは女性の戦闘任務参加を歓迎しつつ、「今ですら性暴力の告発は難しい。最前線で公正な判断ができるのだろうか」と不安を語った。【ロサンゼルス堀山明子】

毎日 2013.3.19

5 件のコメント:

  1. 第2次世界大戦の後の軍隊内性については、アメリカの男性退役軍人たちがYoutubeでも発言していたと思います。特にイラク戦争以後の米軍に対するアメリカ兵自身の告発が増えていますが、ここへ来て急増しているのは一つにはアメリカはシェール革命に掛けていますので、中東におけるプレゼンスの理由が以前にも増してゆらいでいるからなのかなと思います。ただ、そうなるとイスラエル擁護派、つまりユダヤ系ですが、彼らが黙っていなでしょうね。ただ、ユダヤ系の退役軍人(男性女性を問わず)も、もちろん居るでしょうから内部から噴出する矛盾はそろそろ止められなくなっているのでしょうか。

    渡辺美奈(wam)に関する過去記事にもコメントしましたが、韓国は日韓基本条約によっって自国から補償を受けていない理由や矛盾についても、そろそろ取りつくろえなくなると思います。これで朝鮮半島が有事になると、北朝鮮からも南の矛盾した情報がドっと入るようになるかもしれないです。パワーバランスが崩れると情報のフタが開きます。アメリカは第2次世界大戦後から現在にいたるまで、朝鮮半島という大きな難題を自ら抱えてしまいました。朝鮮戦争やベトナム戦争で韓国兵が何をやったのか。

    正直、韓国や韓国系アメリカ人の問題はもうアメリカにすべてまかせてしまえばいいと思えてきました。もちろん、日本は淡々と言うべきコトは言い続ける姿勢でいいのですが、アメリカ国内で騒いでいる韓国系の茶番も元を正せば、大戦後のさまざまな問題が根っ子にあるわけですから。そのうち自爆するでしょう。

    返信削除
    返信
    1. 在米日本人2013年3月21日 2:12

      凧様

      私も同じ意見です。
      アメリカに住んでいるドイツの方と
      話をしたのですが、ドイツ人も日本人のように
      戦争に負けたから色々言われる。
      戦争に負けるということは こういう事なのかもしれないと。
      アメリカで第2次世界大戦の事を騒ぐとドイツ人も
      嫌な気がします。
      これから先、自爆していくと思います。

      削除
    2. 私もこういった反日プロパガンダはいずれ破綻すると思っています。ですから、私の目的はプロパガンダに反駁する事ではなく、彼らのやっている事を記録し、語り継ぐ事だと思っています。

      削除
  2. オバマ大統領、マイク ホンダが
    いるかぎり、、難しいかも。
    時間がかかるかもしれませんね。

    http://www.mikehonda.org/

    選挙資金がなければ、当選できません。
    彼等の後ろには中韓がいます。
    アメリカは今までのようなアメリカではないことを
    日本人は知らなくてはいけないと思います。

    返信削除
    返信
    1. マイク・ホンダがアジア系の票を意識しているのは間違いないと思います。天然(まっすぐ君)の部分もあるでしょうが。

      削除