2013/03/12

[報道] 国連で慰安婦めぐり日韓応酬


慰安婦には色んな国籍の女性が存在したはずなのだが・・・。

国連で「慰安婦」めぐり日韓が意見応酬 女性地位委

国連本部で開催中の「女性の地位に関する委員会」で11日、従軍慰安婦問題は法的に解決済みとする日本と、未解決との韓国が意見を戦わせる場面があった。

議題は女性への暴力で、韓国の辛東益国連次席大使は韓国内の施策を説明し「従軍慰安婦への全面支援策も含まれる」と述べた。

これに対し、日本の山崎純国連三席大使が議場で反論する答弁権を行使。韓国の「慰安婦支援策」は国内施策と理解しているとくぎを刺し、安倍晋三首相が慰安婦問題について「非常に心を痛めており、思いは歴代総理と変わらない」と指摘した。

韓国の辛次席大使は反論し「日本の法的責任は依然残っている」と主張。山崎三席大使は第2次大戦関連の賠償問題は解決済みだと述べ、韓国の主張に再反論した。(共同)

産経 2013.3.12

慰安婦で日韓また応酬=「日本政府は適切な措置を」-国連討論

【ニューヨーク時事】国連本部で開催中の「婦人の地位に関する委員会」の一般討論で11日、韓国が従軍慰安婦被害者への支援を打ち出す方針を表明したことに関連し、日本と韓国が答弁権を行使し合う一幕があった。

日本の国連代表部によると、韓国の辛東益国連次席大使は、女性への暴力阻止などを目的とした国内行動計画策定に関し、「計画は第2次世界大戦中の軍の性奴隷の被害者である、いわゆる慰安婦への広範な支援を含む見通しだ」と述べた。

同代表部の山崎純大使は答弁で「支援は韓国の国内施策だと理解している」と確認した上で、「安倍晋三内閣はこの問題を政治問題、外交問題化させるべきではないと考えている」と強調した。

これに対し韓国側は、慰安婦問題は未解決であり、「日本政府が適切な措置を実施するよう求める」と述べた。山崎大使は2回目の答弁で、賠償請求権問題は法的に解決済みとの日本の立場を改めて説明。最後に韓国側が「この問題は日本政府が法的責任を認めることによってしか解決できない」と応じた。

時事 2013.3.12

韓国政府、慰安婦問題は戦争犯罪と主張。

従軍慰安婦問題:日韓双方が応酬−−国連委員会

【ニューヨーク草野和彦】国連で開催中の「婦人の地位委員会」で11日、韓国が従軍慰安婦問題を取り上げ、日本に法的責任を認めるよう要求した。日本側は「法的に解決済み」と従来の立場を主張し、双方が「答弁権」を使って応酬した。

韓国代表部の辛東益(シンドンイク)国連次席大使が取り上げ、日本政府代表部の山崎純大使が「政治問題、外交問題にすべきではない」と反論。辛次席大使は「日本の法的責任は残っている」と指摘し、山崎大使の「法的に解決済み」との再反論には、「慰安婦問題は戦争犯罪。特定の状況下では人道の罪を構成しうる」と主張した。

毎日 2013.3.13

「慰安婦」勧告など拒否 国連人権審査で日本

【ジュネーブ共同】国連人権理事会は14日、日本を対象とする普遍的審査(UPR)に関する会合を開き、成果文書を採択した。日本は各国からの計174項目の勧告のうち、韓国や中国が提起した従軍慰安婦問題についての「法的責任の確認と補償」などの受け入れを拒否した。

 「死刑制度の廃止」勧告も拒否。受け入れたのは東日本大震災の被災者保護など計125項目だった。

 UPRは国連の全加盟国を対象に人権状況を審査する制度で、今回の対日審査は昨年10月末~11月初めに行われた。

中国新聞 2013.3.15

0 件のコメント:

コメントを投稿