2015/03/17

カナダの慰安婦像反対署名 進化するカウンタープロパガンダ

「これは、高度に政治的な問題です」

カナダのバーナビー市慰安婦像の設置計画が持ち上がり、これに反対する署名活動が始まっている。英文と日本文からなる請願書を眺めていたら、英文の内容の方が感じがいいことに気づいた。そこで英文の方を紹介しようと勝手に訳してみた。

目を引くのは、この文章がバーナビーの住民向けになっていることだろう。日本の為に反対するのではなく、カナダの多文化社会を脅かす物として慰安婦像に反対している。同時に韓国や慰安婦を批判するのではなく、日韓関係の複雑さを説明し暗に干渉しないよう忠告している。歴史論争については、敢えてだろう、触れていない。呼びかけ側は、オーストラリアで成功したシドニー・モデル意識されているようである。騒ぎ立てるほど逆効果などと批判されたが、日本側のカウンターも着実に進歩している。

文中の強調は原文のまま。署名はコチラ

バーナビー市が中央公園に慰安婦像/慰安婦記念碑を作ることに反対する請願です。

なぜ反対するのか?

慰安婦問題は意見が大きく分かれ、センシティブであり、現時点で日本国と韓国の間で最も解決が難しい政治紛争の一つなのです。

・ 例えば、韓国は日本に慰安婦への明白な公式謝罪をと要求しますが、日本は日本の首相が韓国に何度も公式に謝罪したと言っています。

・ 韓国は日本に賠償を要求しますが、慰安婦らを助ける為に日本によって創設されたアジア女性基金への4700万ドルの寄付にさえ、韓国人慰安婦は満足しません。両国は何年にも渡り、この高度に政治的な問題を巡り意見の一致を見ずにいます

このような像が既にアメリカに存在することをご存知ですか?

・ 像は、示威運動の根拠地となっており、その結果子供たちが、日本人の両親を持つという「罪」だけを理由にイジメられるという事態に至っています。

・ この町にこの様な像を作ることを許せば、移民のコミュニティーが自分たちの出身地の歴史的な不満を持ち出し、他の移民コミュニティーを非難することが許されるという誤ったメッセージをカナダ全体に送ることになります

・ 慰安婦記念碑が建てられたアメリカのフェアファックスやグレンデールは、その後コミュニティー内で大変な騒動に見舞われ、日本人コミュニティーと韓国人コミュニティーの分裂を引き起こしました

私たちはこの像をカナダに必要としているのでしょうか?

Noです!! カナダのような多文化社会の中で繁栄することは、全ての人にとって最善の利益なのだと私たちは信じます。人種や民族の調和といった沢山の素晴らしい果実をもたらし、ヘイトや暴力を許さぬよう力を合わせていく為にも

私たちのこの多文化社会の中で、お互いと調和をもって生きる事を選択し、この請願に署名しましょう。紛争の種となりかねないブリティッシュコロンビア州バーナビーの慰安婦像の建立にNoと言う為に。


追記: 訳が堅苦しかったので、請願者に確認して少し書き改めました。

0 件のコメント:

コメントを投稿