2015/03/31

ハーバード大ゴードン教授 マグロウヒル教科書支持に名乗り


19名のアメリカの歴史学者が日本国へのヘイトキャンペーンに加担・・・もとい、日本政府がアメリカの教科書の偏向記述に抗議した件について、これを非難する共同声明を発表してから二ヶ月近く。新たに、20人目として名乗りを上げたのは、ハーバード大のアンドリュー・ゴードン教授。彼もマグロウヒル教科書に問題があることは承知している。つまり、日本政府が教科書に注文をつけたのは学問の自由の侵害だと憤って、賛同者として名を連ねる決断をしたのである。

幕末の頃から米国の水兵は
日本人「慰安婦」のお世話になっていた

残りの19名も、殆どは慰安婦について詳しくはないはずである。学問の自由という所に反応したのだろう。アレックシス・ダデンも、学問の自由への挑戦といって同僚を焚きつけたのではないか?日本政府は、誤解されないよう十分注意して行動する必要がある。ゴードン教授は、江戸時代からの日本史に一家言を持つ人物らしいが、幕末の頃からアメリカ軍(水兵)は日本で「慰安婦」の提供を受けている。知らなかったとは言わせません。どうも彼は、慰安婦は非日本人が主体と考えているようだし、日本政府がシステムを作ったというのもたぶん違っていて、秦教授の話によると、軍が公娼を戦地でも公認したというのが正確な所らしい。これを全世界の教科書に載せろと言うなら、「開港慰安婦」についても載せろと言うのが筋というもの。

ハーバード大歴史学科ゴードン教授「慰安婦について、全世界の教科書に記載含せねば」

・日本、米国の教科書修正しようと批判
・歴史学会報声明20人で

アンドリュー・ゴードン ハーバード大歴史学科教授が最近アレクシス・ダデン、コネチカット大歴史学科教授が主導した日本政府の脈それ(彼)にヒール出版社歴史教科書の慰安婦関連内容修正試みを批判する声明に参加した。

これで当初19人だったアメリカ歴史学会報3月号の声明参加者は20人に増えた。 京郷新聞は現在京都大学で研究年を送っているゴードン教授に「なぜ名乗りを上げる(?)ことになったのか」Eメールで理由を尋ねてみた。

ゴードン教授は「いかなる政府も学者に彼らの著述内容に対して干渉してはいけないと考える」として「学問研究の自由に対する声明」と話した。 彼は「それでも、論争の対象になったこの教科書のすべての内容に賛成するという意味ではない」として「私が思うに、慰安婦の数を誇張しており、慰安婦の募集過程もまた、教科書が叙述したより複雑だった」とした。 彼は「だが重要なの、は日本政府がその当時いわゆる慰安婦システムを作り、その全般を掌握したという事実」と強調した。 それと共に「そのシステムは人道主義と朝鮮などから来た女性の自由を侵害した。 この点は、アジアだけでなく日本など全世界のすべての教科書に含まれなければならない」とした。

アメリカ議会が日本総理では初めて安倍晋三に上.下院合同演説機会を与えたのが安倍の歴史観を承認したのではないかという問いに「そうは思わない」と答えた。 彼は「アメリカ議会とオバマ政権は、安倍の歴史観に対して超党派的な憂慮を持っていて、彼が今年の夏従来70周年記念演説で何を言い何を言わないのか心配して見ているだろう」とした。 引き続き「安倍が村山・河野談話より後退した声明を出した場合、彼はアメリカ議会、ホワイトハウス、メディア、知識人、国民から強い批判に直面するだろう」とした。

ゴードン教授はアメリカ大学の日本史教材で広く使われる<日本近代史:徳川時代から現在まで>(2003)の著者で日本の労働、階級歴史を専攻した日本史権威者だ。

京郷新聞 2015.3.29[2]


하버드대 역사학과 고든 교수 “위안부 내용, 전 세계 교과서에 포함돼야”

ㆍ일, 미 교과서 수정 시도 비판
ㆍ역사학회보 성명 20명으로

앤드루 고든 하버드대 역사학과 교수(사진)가 최근 알렉시스 더든 코네티컷대 역사학과 교수가 주도한 일본 정부의 맥그로힐 출판사 역사교과서의 위안부 관련 내용 수정 시도를 비판하는 성명에 동참했다. 

이로써 애초 19명이었던 미국역사학회보 3월호의 성명 참여자는 20명으로 늘었다. 경향신문은 현재 교토대에서 연구년을 보내고 있는 고든 교수에게 ‘왜 이름을 올리게 됐는지’ e메일로 이유를 물어봤다.



고든 교수는 “어떠한 정부도 학자들에게 그들의 저술 내용에 대해 간섭해서는 안된다고 생각한다”며 “학문 연구의 자유에 대한 성명”이라고 말했다. 그는 “그렇다고 논쟁의 대상이 된 이 교과서의 모든 내용에 찬성한다는 의미는 아니다”라며 “내가 보기에 위안부 숫자를 과장하고 있고, 위안부 모집 과정 또한 교과서가 서술한 것보다 더 복잡했다”고 했다. 그는 “하지만 중요한 것은 일본 정부가 그 당시 이른바 위안부 시스템을 만들고 그 전반을 관장했다는 사실”이라고 강조했다. 그러면서 “그 시스템은 인도주의와 조선 등에서 온 여성의 자유를 침해했다. 이러한 점은 아시아 심지어 일본 등 전 세계의 모든 교과서에 포함돼야 한다”고 했다.

미 의회가 일본 총리로는 처음으로 아베 신조에게 상·하원 합동연설 기회를 준 것이 아베의 역사관을 승인한 것 아니냐는 물음에는 “그렇게 보지 않는다”고 답했다. 그는 “미 의회와 오바마 행정부는 아베의 역사관에 대해 초당적인 우려를 갖고 있고, 그가 올여름 종전 70주년 기념 연설에서 무엇을 말하고 무엇을 말하지 않을지 걱정하면서 보고 있을 것”이라고 했다. 이어 “아베가 무라야마·고노 담화보다 후퇴하는 성명을 낼 경우 그는 미 의회, 백악관, 언론, 지식인, 국민들로부터 강한 비판에 직면할 것”이라고 했다.

고든 교수는 미국 대학의 일본사 교재로 널리 쓰이는 <일본 근대사: 도쿠가와 시대에서 현재까지>(2003)의 저자로 일본의 노동, 계급 역사를 전공한 일본사 권위자다.

13 件のコメント:

  1. なまじ日本にいながら、日本語ができなかったりして本来の日本の文献を調べたりしない人たちというのは厄介な連中だ。
    おまけに京都大学をはじめとして日本の大学の史学では、マジョリティがいわゆる左翼系だからね。
    RAAも教科書に乗せてほしいものだ。

    返信削除
    返信
    1. >日本政府がその当時いわゆる慰安婦システムを作り

      これ、日本政府が公娼制度を作り、の間違いですよね。

      削除
  2. 通州事件の真実というビデオを初めて拝見しましたが想像していた以上にショックを受けました。

    それにしても興味深いのは、構図が今現在起こっている事と非常に似通っていることです。
    朝鮮人が口にまかせて様々なデマ(日本人に対する悪口雑言)を第三者に吹聴して回り、それが騒動を創り出し残虐な事件へと発展してゆく。

    また、コミンテルンがアメリカ内部に潜り込んでデマを拡散、浸透させ日本/日本人への憎悪を創り出して行ったのとも似通っている。

    是非、通州事件の事実、真実を米国の教科書に載せてもらいたい。

    通州事件の真実 01 Sさんの体験談 1-5
    https://www.youtube.com/watch?v=U7vJtEzXo_g

    返信削除
  3. 話は逸れますが、J ボイトがパール・ハーバーで演じた役は元々はGene Hackmanにオファーされたらしい。が、妻が日系であるHackmanが彼女の気持ちを慮って辞退したらしい。
    http://www.imdb.com/name/nm0000685/bio?ref_=nm_ov_bio_sm



    要するに一般アメリカ人にとっても例の醜悪な捏造慰安婦像を公共の場所に置くなんぞと言うことは迷惑千万な事なのだ。

    いずれ工事等を理由に撤去もしくは強制移動ということになるだろう。
    あんなガラクタの維持費に税金を使うなどと言うことはもってのほかだろう。

    返信削除
    返信
    1. >いずれ工事等を理由に撤去もしくは強制移動ということになるだろう。

      粘り強く抗議していれば、いつかはそうなるでしょうね。
      もっとも、パリセイズパークの状況を見ると、今は興奮している人々もそのうち興味を失い、像や碑はそのままになりそうな気も・・・。

      削除
  4. 山路 敬介2015年4月2日 3:09

    米国の歴史学会のメインストリームにいる連中というのは、どうにも学問の良心ものが欠落していますね。
    政治とも全く切れていないですよ。

    返信削除
  5. 山路 敬介2015年4月2日 3:40

    米国の歴史家が日本を非難しているのは、外務省が事実の指摘をした事をもって「学問の自由の問題」と論点をずらしたんですね。

    従来から米国って国は歴史に関して、我々日本国民からみると取り扱いが粗略なようです。
    彼らにとって「歴史」とは、「皆が知っている事実」程度のものでしかないようです。
    つまり、皆が「認知」したものが「歴史的事実」になり、それを学問的に裏書していくのが米国歴史家のメインストリームのお仕事、ということです。
    これに対抗する、実証主義を標榜する学者などは「歴史修正主義」系列ということになり、傍系に置かれます。
    韓国や中国だけでなく、というよりも韓国や中国が米国に学習したんだと思いますね。

    そして、米国人一般の対日歴史に対する感覚は今回の件でのある記事のコメントに象徴的です。

    >「この問題については2つの考え方があると思う。1つ目はカルマを受け入れるということだ。戦争時に他国を侵略し、多数の人々の命を奪い、戦争捕虜を虐待し、女性たちを兵士の慰安婦として働かせた。これらのことが記録されたのは、そういうことを行った代償だ。2つ目は、戦争の勝者に課せられた敗者としてのストーリーを理解することだ。特にそれが真実であるのならね。どちらの考え方をするにせよ、この問題を大げさに持ち出すことをやめて黙るのが賢明だ。この件を取り沙汰することは、犠牲者や戦争の勝者に、あなたたちの罪を思い出させることになるだけだ」

    こういう傲慢には日本人として我慢がなりませんが、これが米国なんですね。
    いいえ、これが世界ってものなんでしょう。

    返信削除
    返信
    1. こういう部分が欧米人の上から目線だと思います。植民地でしてきたことをうわべでは完成しているようにいっても、心底無視わけないとは考えていない。

      オランダ生まれの知日家(2010年ごろ)の著作を読んでいて、前書きに「キリスト教の不況が禁止されたのは、武家支配に都合が悪かったから」と書いてあり、当時の宣教師や白人がが有色人種を奴隷として使ていたり、日本人を誘拐して東インド会社で奴隷として売っていたことが、一つの原因になっていることにはまったく気づいていない。

      まあ、国家間の外交は、正義感だけでは乗り切れない弱にくきゅ食の世界ではありますけどね。

      削除
    2. 冷静な学者の方が多いとは思いますけどね。ダデン教授の乗せられた学者はちょっと軽率でしたね。

      削除
  6. 聖ミカエル学園2015年4月3日 20:06

    アンドルー・ゴードンは、エドウィン・O・ライシャワーの
    衣鉢を継ぐアメリカ屈指の日本史研究家とのことです。
    が、その著書『日本の200年』における慰安婦の記述
    は酷いものです。
    「慰安婦の80%は朝鮮人女性だった」「慰安婦の中
    には銃で脅されて拉致された人たちもいた。前線に
    送られると女性 たちは全て日本兵相手に売春婦とし
    て働くことを強制された」「女性たちの多くは賃金の支
    払いを受けなかった」「女性たちは売春と言うよりも奴
    隷に近い状態で働かされていた」「その数は10万人
    から20万人の間と推定されている」

    巻末の参照文献を見ると、ジョージ・ヒックス氏の
    著書『The Comfort Women』の名前が載っている。

    こんなデタラメ書いてもハーバード大学歴史学部
    教授の著書だから、アメリカ人は事実だと信じ込
    んでしまうでしょう。
    外務省が訂正を申し入れても、「権威ある日本史
    研究家の著書に書かれている」と一蹴されるのが
    オチです。

    秦郁彦氏らが、マグロウヒル教科書出版社に
    訂正を求める声明を出したことは遅きに失した
    感もありますが、大きな前進といえるでしょう。
    でも、声明だけだと効果は少ない。
    権威あるジャーナルに英文でゴードン教授の
    記述の誤りを史料に基づいて反論しない限り、
    世界の慰安婦に対する認識が改まることはな
    いでしょう。

    返信削除
    返信
    1. それは是非、ここで取り上げねば。教えて下さり、ありがとうございました。

      削除
  7. 地政学者の奥山氏によると、政府主導で訂正を求めるのはアメリカ人に非常に嫌われるそうで、秦教授のように学者主導、民間主導でやる方がよいそうです。
    「ロビー活動はあくまでも”民間主導”でやるものです」
    http://www.nicovideo.jp/watch/1427352009
    (2分13秒頃から)
    逆に韓国は産経新聞のこの記事に見られるように、攻略する議員の性向を調べ上げ、分析し、自分たちの側に引き入れることに成功しています。
    「州議員全員の性向分析ファイル、日系の8倍の住民…背景に韓国系の執拗なロビー活動」
    http://www.sankei.com/world/news/140213/wor1402130021-n1.html
    この二つを比べると、「日本政府は、誤解されないよう十分注意して行動する必要がある」というゴードン教授の言葉は理解出来ないでもないですね。


    現在の日本は「事実の周知活動の不足」に加え「相手に嫌悪される方法」で対抗している状態のようで、これでは日本への同調者が増えないのも不思議ではないと思います。
    相手が日本のことを分かってくれないだの汚いだの言う前に、自分たちのやり方を見直すことが先決ではないでしょうか。
    「自分たちが真実だと思うものを示すだけで分かってくれるはず」「分からなければ相手がおかしいのだ」などという考えは捨てた方がいいと思います。
    何が正しいのかと思うのは、飽くまでも相手側なのですから。

    返信削除
    返信
    1. 「誤解されないように」というのは私のコメントなのですが、政府もその辺は承知しているはずです。しかし、不満が高まりやむを得ず・・・というのが実情なのでしょう。一方で民間だけの動きでは限界があるというのも事実です。今回の場合では、抗議するにしても「学問の自由は尊重するが・・・」というメッセージを、政府には明確に打ち出して欲しいところですね。

      >現在の日本は「事実の周知活動の不足」に加え「相手に嫌悪される方法」で対抗している状態のようで、これでは日本への同調者が増えないのも不思議ではないと思います。相手が日本のことを分かってくれないだの汚いだの言う前に、自分たちのやり方を見直すことが先決ではないでしょうか。

      これは本当にその通りだと思います。

      削除