2013/06/11

日本のキリスト教団体、挺対協に総額2260万円の寄付


残念ながら、我々日本人(在住者)は過去に北朝鮮にミサイルの部品や資金を援助したし、今も最大の反日団体とも言われる挺対協に多額のジャパンマネーが流れ込んでいるらしい。もともと、慰安婦博物館の建設を支援する為に、日本で相当な額の資金が集められたことは知られていた。日韓の市民から集めた総額20億ウォンの内、日本からの寄付が約7億ウォン(5000万円)だったというから、半分近い金が日本からの寄付だったことになる[ソース/魚拓]

それにしても96年から総額で2260万円の寄付。慰安婦問題が宗教化しているとは思っていたが、これでは統一教会と変わらない・・・と、言ったら言い過ぎか?

追記: 寄付したのは、日本キリスト教協議会だったらしい。この団体の募金活動は二年前にも取り上げた

日本キリスト教団体 慰安婦博物館に100万円寄付

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の従軍慰安婦問題の解決を目指す市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)は11日、日本キリスト教団の団体が「戦争と女性の人権博物館」の後援金として100万円を寄付することを決めたと明らかにした。

戦争と女性の人権博物館はソウル市麻浦区にあり、慰安婦に関する資料などを展示している。同団体のメンバー6人は12日にソウルの日本大使館前で開かれる第1078回水曜集会(慰安婦問題の解決を訴える定例の集会)で挺対協側に後援金を手渡す予定だ。

この団体は、1991年に元慰安婦の故金学順(キム・ハクスン)さんが日本政府に謝罪と賠償を求めたことを機に結成され、1996年から昨年にかけ挺対協へ総額2260万円を寄付した。

4 件のコメント:

  1. >「戦争と女性の人権博物館」
    ライタイハンとかも展示しろよ。

    返信削除
    返信
    1. あくまで「日本軍性奴隷制」がメインですからね。

      削除
  2. このキリスト教団体は日本人に真のキリスト教の伝道をする気がないのかな。

    返信削除
    返信
    1. 普段はどういう活動をしているんでしょうかね?真面目なクリスチャンが知らずに寄付しているケースもありますから。

      削除