2013/06/23

官民での慰安婦問題ageはパク政権の規定路線か

女性家族部長官とハルモニ(21日)

先日、駐日韓国大使が歴史共同研究に民間人や市民団体を混ぜろと発言した事をお伝えした。駐日大使の頭の中には挺対協や東北アジア歴史財団があるのだろうと思っていたが、やはりこういう事だったらしい。民間の反日(?)団体や半官半民のプロパガンダ機関と連携して慰安婦問題を後押しして行こうというのは、駐日大使の独走でも女性家族部(省)長官の独走でもなく、パク・クネ政権の既定路線と見ていいのではないか。

韓国長官が元慰安婦らを訪問 「日本は歴史を歪曲」

韓国女性家族部の趙允旋(チョ・ユンソン)長官は21日、元従軍慰安婦の女性が共同生活するソウル近郊の社会福祉法人「ナヌムの家」(京畿道・広州)を訪問した。

趙長官は「最近、日本の政治家らがありえない発言を続けながら歴史を歪曲(わいきょく)している。真実を隠すことはできないということを見せるときだ」と強調した。

また、「真実を伝えるために外交部、女性家族部、歴史や日本関係に詳しい専門家らが最近集まった。これまでの努力を集大成して、われわれの世代で過去の傷を癒やすよう努力する」と述べ、慰安婦問題解決への意志を示した。

「ナヌムの家」の顧問弁護士から、初の女性大統領が就任しただけに青瓦台(大統領府)に元慰安婦女性らを招いてほしいとの要請を受けると、「政府に伝える」と答えた。 


韓国政府 慰安婦問題のタスクフォース設立

韓国女性家族部は20日、旧日本軍の従軍慰安婦の謝罪・補償問題に対処するため官民合同のタスクフォースを設立した。

タスクフォースは同部次官を団長に外交部、政府系の東北アジア歴史財団、「対日抗争期の強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者ら支援委員会」などの関係者、韓国挺身隊問題対策協議会と元慰安婦が共同生活する「ナヌムの家」の代表、歴史や国際法の専門家などで構成されている。

慰安婦問題の解決を目指して対応策を講じるとともに、証拠資料の確保や真相究明活動などを行う。



7 件のコメント:

  1. 在米日本人2013年6月24日 5:22

    uplan 三輪祐児 を検索してください。
    慰安婦問題にも係わっています。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。

      YouTubeで「三輪祐児 慰安婦」と検索すると見知った顔が一杯(笑)

      http://www.youtube.com/results?search_query=%E4%B8%89%E8%BC%AA%E7%A5%90%E5%85%90%E3%80%80%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6&oq=%E4%B8%89%E8%BC%AA%E7%A5%90%E5%85%90%E3%80%80%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6&gs_l=youtube.3...23875.26016.0.26547.8.5.0.0.0.1.343.984.0j4j0j1.5.0...0.0...1ac.4j1.11.youtube.2S1BdWl9fTQ

      反原発で慰安婦で。お決まりのパターンのようですね。

      反原発で慰安婦否定ってのはないね。

      削除
    2. >見知った顔が一杯

      ですねw

      削除
  2. 慰安婦、つかこうへい氏の見方「歴史は優しい穏やかな目で」 阿比留瑠比
    2013.6.24 12:43 (1/2ページ
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130624/plc13062413040005-n1.htm
    もとより、降りかかる火の粉は払わなければならない。
    「強制連行の証拠はない」「慰安婦は性奴隷ではない」など正当な主張は、
    百万回でも繰り返すべきである。

    とはいえ、正しいことをただ生硬に訴え続けるだけでは、初めから旧日本軍に
    悪いイメージを抱き、しかも熱くなっている相手を説得するのは難しいだろう。

     こじれにこじれたこの問題を、どこから解きほぐせばいいのか。
    そんなことを思うにつけ、16年前の平成9年にインタビューした
    直木賞作家で在日韓国人2世でもあった故つかこうへい氏の言葉を思い出す。

    当時も慰安婦問題が日韓間で政治問題化していた。そんな中でつか氏は
    『娘に語る祖国 満州駅伝-従軍慰安婦編』という著書を書くため、
    元日本軍兵士や慰安所関係者らへの取材を重ねたという。

    「僕は『従軍』という言葉から、鎖につながれたり殴られたり蹴られたりして
    犯される奴隷的な存在と思っていたけど、実態は違った。
    将校に恋をしてお金を貢いだり、休日に一緒に映画や喫茶店に行ったりという
    人間的な付き合いもあった。
    不勉強だったが、僕はマスコミで独り歩きしているイメージに洗脳されていた」

     つか氏はこう語った。
    作家の偏見を排した冷徹な目で少し調べると、マスコミ報道とは異なる実態が
    見えてきたというのである。
    また、つか氏は自らの当初の「思惑」も「知識不足」も隠そうとしなかった。

    「悲惨さを調べようと思っていたら、思惑が外れてバツが悪かったが、
    慰安婦と日本兵の恋はもちろん、心中もあった。僕は『従軍慰安婦』
    という言葉が戦後に作られたことや、慰安婦の主流が日本人だったことも
    知らなかった」

     現代史家の秦郁彦氏の研究によると、慰安婦の4割は日本人であり、
    朝鮮半島出身者はその約半数だった。
    この事実についても、ほとんどのマスコミや左派系の政治家らは
    気付かないか無視している。

    筆者は12年10月に当時、元慰安婦に一時金(償い金)を支給する
    アジア女性基金の理事長だった村山富市元首相にインタビューし、
    こう問いかけたことがある。

     「慰安婦の多くが日本人だったことはどう考えるのか。
    今後は、日本人も一時金の支給対象とするつもりはあるのか」

     すると、村山氏は「うっ」と言葉に詰まったきり、何も答えられなかった。
    同席した基金理事が、慌てた様子で「今の質問はなかったことに」と
    取り繕っていた。

     話を戻すと、つか氏は「営業行為の側面が大きくても、人間の尊厳の問題
    なのだから、元慰安婦には何らかの誠意を見せ続けるべきだ」とも語ったが、
    歴史の見方はあくまで公正で透徹していた。

    「常識的に考えて、いくら戦中でも、慰安婦を殴ったり蹴ったりしながら
    引き連れていくようなやり方では、軍隊は機能しない。
    大東亜共栄圏を作ろうとしていたのだから、業者と通じてはいても、
    自分で住民から一番嫌われる行為であるあこぎな強制連行はしていないと思う。マスコミの多くは強制連行にしたがっているようだけど」

    そして最後につか氏が述べた次の言葉を、筆者は今こそかみしめたいと思う。

    「人間の業(ごう)というか、こういう難しい問題は、自分の娘に語るような
    優しい口調で一つひとつ説いていかなければ伝えられない。
    人は、人を恨むために生まれてきたのではない。
    歴史は優しい穏やかな目で見るべきではないか」

     つか氏のような視座が、もっと世界に広がることを願う。

    故人であるつかこうへいさんが、慰安婦問題について公平で客観的な見解を
    持っていたと知り。これは、日本にとってありがたいことかもしれないです。

    返信削除
  3. http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/1695682/
    2010/07/12 16:26
    作家・つかこうへいさん語る 「慰安婦報道一部マスコミに違和感」
    [ 1997年04月04日 東京朝刊 社会面 ]

    つかこうへいさん 慰安婦について語る
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm21192455

    返信削除
    返信
    1. 「娘に語る祖国」でしたね?前に読んだことがあります:)

      削除
  4. 在米日本人2013年6月26日 0:22

    アメリカの戦争犯罪
    http://www.youtube.com/watch?v=QIMucHfUMyg

    返信削除