2013/06/14

「被害者」の証言は鵜呑みに出来るか?

いい思い出しか語らない者もいれば、辛い思い出ばかり語る人もいる

「被害者」の証言は、どこまで信用出来るものなのだろうか?いつも思い出すのは、千葉ロッテにいた金泰均。国に帰った後「本塁打を打っても(外国人だから)ハイタッチもしてもらえなかった」と日本での野球生活を振り返るのだが、映像がしっかり残っているわけで↓ 



人は自分の思い出を操作する。時に意識して、時に無意識に。これは野球選手でも慰安婦でも変わらないはずだ。昔ご隠居さんの所で知った話。

追記: 記事を差し替えた。この記事によると、キムは、”コーチが”ハイタッチを求めて来なかったとも言っている。コーチ連としっくりいっていなかったという事は、あったのかもしれない。

野球:金泰均、千葉時代の苦悩語る

[...]23日、大田市内のカフェで会った金泰均は、日本での挑戦を投げ出したことについて「全く後悔はありません。今は本当に幸せ」と言った。記者が「まだ納得できないファンが多い」と言うと、金泰均は重い口を開いた。

「地震は日本を離れることになった理由のごく一部です。僕はただ、ずっと好きだった野球が嫌になりそうで、それが怖かった。こう言うと、またいろいろ言う人がいるでしょうが、入団契約後、初めて日本の空港に着いた瞬間から息が詰まりました」

「僕は自由に楽しむタイプ。僕とは全く違う日本の野球のムードに慣れるのは難しかったんです」。金泰均は日本での1年目に4番打者で打率2割6分8厘、21本塁打、92打点を上げた。1年目としては無難な成績だ。前年リーグ5位だった千葉ロッテは、その年の日本シリーズで優勝も果たした。しかし、金泰均は優勝の感激を全く感じなかったそうだ。

「(チームで)誰も僕に『よくやった』『苦労したな』と肩をたたいてくれる人がいませんでした。傭兵はチームの成績に関係なく、とにかく自分の成績で結果を出さなければなりません」

このころからストレスが雪だるま式に増え始めた。「野球をしていて、いつも『チームの成績は個人よりも優先』と考えてきましたが、それを一瞬にして変えるのは簡単ではありませんでした」。打席でも楽しさを感じなかった。日本の選手がホームランを打つとコーチたちがハイタッチを求めてくるが、自分が打つと「傭兵だから当然」とでもいうように手も出さなかったという。

「僕はとても気が小さく敏感な性格なので、小さな音が聞こえても眠れません。小さなことが積もり積もって、僕のすべてをささげた野球がだんだん嫌になりました」[...]

7 件のコメント:

  1. 今回来日した元慰安婦の証言についても色々物議を醸しているようです。「年齢が合わない」 「数え年」 「終戦後も慰安婦?」 「すぐに日本軍は解体されない、直ぐに帰国出来ない」
    「他の媒体では米軍の収容所に」 「現存する資料によると国が違う」 「所属の日本軍は違う国に」 「米軍ではなく英国軍では」 「数え年だと7歳で慰安婦に」

    もちろん、彼女たちに詳細な証言を求めるのは色々な事情があり無理があるだろう(慰安婦行為のトラウマ、教育水準による基礎知識不足、高齢による記憶の混濁等)。

    だから本来は冷静な第3者による聞き取りと誤認への確認が必要なのだが、2次レイプの問題が立ちふさがり(叫ばれ)もはや実現は不可能でしょう。

    こうして日本側への不信感を募らせ(煽らせ)、彼女たちの証言集会(独演会)は続いていくことになります。

    返信削除
    返信
    1. 彼女たちの証言を疑うだけで、人でなし扱いされますからね。

      削除
  2. 近代で偽証言による有名な事件である「ナイラ証言」は皆様よくご存知かと思いますが、「慰安婦」を絡めたコラムを見つけましたので紹介します。

    PR戦争としての「慰安婦問題」
    http://www.h2.dion.ne.jp/~mogiseka/article/070624PRwar.html

      性奴隷はレイプ収容所のウソ応用編
    http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/latest170.html

    参考までにどうぞ。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。ナイラ証言については、私も慰安婦問題を考えるにあたって参考になると思っていました。

      削除
  3. 新たな証言が出てきましたね。

    焼きごて、子宮摘出… 元「慰安婦」李守山さん、シンポで証言http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-208097-storytopic-1.html

    記憶がイマイチですが、彼女は今回ほど具体的ではありませんが、日本軍の拷問は以前から言及していたような気がします。

    >脱走した李さんを焼きごてによる拷問が待ち受けていた
    韓流時代劇では拷問の頻度が高く、腿への圧迫が一番多いですが焼きごてもありますね。偶然ですね。


    >妊娠して子宮を奪われた後も
    さすがに子宮摘出はね。当時の日本兵は「突撃一号」を使用していましたがやはり漏れがあり、実際は堕胎手術の失敗ですかね。

    いや、根拠はない妄想ですよ。私の持論がね。。。




    返信削除
    返信
    1. 挺対協系でない慰安婦の証言ですね。過激な証言内容は、そのせいかもしれません。

      削除
  4. >挺対協系でない慰安婦の証言ですね。
    それは知りませんでした。どんな団体でしょう?

    確かどこかで北朝鮮が主張する慰安婦の被害証言がものすごく凄惨なものであったと見たような気がします。

    返信削除