2015/11/01

[メモ] パク大統領 「慰安婦問題は両国民の傷」

「この問題が・・・韓国側のみならず、日本側の国民感情を傷つけているという認識を示した可能性がある」「日本国内の『嫌韓感情』の一因となっていることは韓国でも知られている」と毎日新聞の米村耕一記者。

慰安婦問題について朴大統領は「両国の枠を超えた普遍的な女性の人権問題だ」と強調しつつ、「両国民の傷であり、胸の痛む問題だ」と指摘。この問題を解決することで「お互いに傷口をさらに広げることがないようにしたい」とも強調した。

「両国民の傷」などの言葉が具体的に何を意味するのか明確ではない。だが、この問題が日韓の懸案として存在し続けることが、韓国側のみならず、日本側の国民感情を傷つけているという認識を示した可能性がある。

首脳会談も開けないという状況の中で日韓両政府は、「明治日本の産業革命遺産」の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産登録の問題でも激しく対立した。歴史認識を巡る対立が、日本国内の「嫌韓感情」の一因となっていることは韓国でも知られている。韓国紙の政治記者は「国民間の感情問題の深刻さも、朴槿恵政権が首脳会談の開催へ踏み切った要因の一つ」と指摘する。

毎日(一部) 2015.10.30

5 件のコメント:

  1. 朴槿恵さん、とうとう慰安問題の解決は
    今年中にといいつつ首脳会談にふみきり
    安倍総理も妥結をめざすと、未来形でいってましたね。
    朴槿恵大統領にしたら、よくここまで妥協したものだと
    いつもの我らの強い反日の彼女がみれないのが残念。

    返信削除
    返信
    1. やはり韓国の世論やメディアの変化ではないでしょうか?米国のプレッシャーも。

      削除
  2. 父や祖父の犯罪行為によって日本国民の受けた傷は、韓国国民に与えた傷に対する真正な謝罪と法的賠償によって癒される。それが両国国民の傷。毎日新聞記者は何を妄想しているのか。

    返信削除
  3. 「親が犯した罪は子供が罰を受ける」
    闇の組織に命じて事故や人殺しを行って権力を維持してきた財閥の父親が、息子にも同じ様にして財閥を守る様に要求し、警察に通報すると言った息子に父親が言った言葉。親の罪から息子は逃れられないのだということ。息子は一言も返せなくなる。韓流ドラマの一場面。うーんとうなって見る気が失せた。今まで見てきたのが無駄になったように感じた場面で、韓国人はこんなセリフで納得してんのかと呆れた。

    父や祖父の行った朝鮮人に対する犯罪行為の罪は子供である今の日本人が罰を受ける。千年加害者とはそういう意味。それから逃れる方法は被害者の許しかない。韓流ドラマに見る韓国人の考え方は日本人とは違う。朝鮮人は被害者として傷を負ったが日本人の子供も父祖の犯罪行為によって加害者とされて罰を受けるからこれも傷。ちゃんと罰を受ければ両者の傷は癒える。

    こんな事を書きながら今日もチャングムを見ている理由を説明するのは難解。

    返信削除