2015/11/10

それでも日系米国人の思い違い 「慰安婦問題と向かい合う」

日系米国人補償問題を手本に?
あれは米国内の問題

日系紙羅府新報に"INTO THE NEXT STAGE: CONFRONTING THE COMFORT WOMEN ISSUE"と題する記事を書いたのは、ジョージ・トシオ・ジョンソン。日系人と思うが、彼は記事の中で、慰安婦モニュメントなど大概にして欲しいと繰り返している。

アメリカの事情に詳しい小山エミなどは、日本人(彼女は「否定論者」と呼ぶ)の理屈は、アメリカでは通用しない、日系人にも受け入れられていないなどと言う。部分的には彼女の言ってる事は正しいと思う。しかし、彼女やキャシー・マサオカだって、必ずしも日系人を代表しているわけではなさそうである。

この記事には、日系アメリカ人の特徴でもあるのか、アジア、ことに日本に対する無知と無邪気なまでのアメリカ信仰が認められるが、そんな彼であっても、アメリカに慰安婦のモ二ュメントを建てようとする動きに不快感を隠せない。「I can only say: Stop. Please(こう言う他ない。頼むから止めてくれ)」

治療を受ける被爆者
戦争犯罪を追求されなかったのは日本か米国か?

確かに、ジョージ・トシオ・ジョンソンは、自国を過大評価している。

安っぽいドイツと日本の比較論。日本政府は慰安婦問題の自然消滅を待っている等々。無差別爆撃や原爆を裁かれていないのは、むしろアメリカである。アメリカや国連の立会いで、日中韓が慰安婦問題を公平に検証すべきだと提案する彼は、アメリカにその資格があると無邪気に信じている。この問題では、国連軍すら脛に傷を持つ身であるのに。加えて、アメリカの日系人補償問題を参考にせよとアドバイスするのだが、残念ながら日系人問題は国と国の問題ではない。

彼は歴史問題があるから韓国が反日なのだと考えているようだが、事実は、反日がまずありきで、旭日旗問題や慰安婦問題は後から「コリエイト」されたものである。韓国が日本の常任理事国入りを支持するとか、まるっきり分かってない。世界に先駆けて軍用売春問題に取り組んで来た日本政府に、この問題から逃げているアメリカが意見する資格があるのかよく考えるべきだ。

中韓は、慰安婦の物語を映画にすべきだ、そして日本人の心を掴めという彼のアドバイスには苦笑を禁じえない人も多いだろう。そんな事は彼らはとうに考えている。ただ、彼らは史実には興味はない。そして、ザ・コーヴのアカデミー賞受賞は何をもたらしたか?彼が妄信するアメリカの権威が出鱈目なプロパガンダ映画にドキュメンタリー賞を与え、その結果、太地の漁民には世界中から脅迫状が寄せられているのである。

「それでも慰安婦碑は間違っている」

それでも、彼は慰安婦問題が中韓による日本叩きの道具になっている事は理解出来ているらしい。「日本の敵(エネミー)とフレネミーの手から武器を取り上げ」るのだとアドバイスしている。親切のつもりではある。

なお、安倍首相に対しても偏見を隠せないが、日本の保守派はむしろ海外の学者に検証してもらおうと言っている。彼に言われるまでもなく。

※ 日系人とは、ここでは完全に現地化した二世三世を指して使った。

0 件のコメント:

コメントを投稿