2015/11/09

韓国政府、慰安婦の二重取りを問題視?

一部の慰安婦にのみお金が行く構図

初めに断っておかなければならない。上等な服を身につけ世界中をツアーして回っているのは、ごく一部の「ハルモニ」である。しかし、韓国では慰安婦/支援団体に様々な寄付が寄せられる。現代重工が慰安婦の福祉施設に6,900万円を寄付といったニュースや、日本人タレントがナヌムの家に200万円寄付なんてニュースもあった。政府から支援金をもらっている他、ええ格好しいの地方議員などが提案するものだから、一部の地方自治体もハルモニ支援に熱心である。

慰安婦たちが悪いわけではないが、政府と地方自治体からの二重取り(正確には、行政側の重複事業)を韓国政府が問題視し始めたらしい。この状況で、(日本による)慰安婦たちの救済をと訴える朝日新聞。人道的見地に立った対応を考えている日本政府。日本人慰安婦はこうしたお金を一銭ももらっていないということも、忘れまい。女性基金のフォローアップ事業だってあるのである。

韓国政府、慰安婦被害者の生活費支援を中断…

韓国政府が慰安婦被害者に支給していた生活費支援を「重複福祉事業」として支援中断を通知したことがわかった。

韓国の女性家族部が「慰安婦被害者法」により慰安婦被害者一人に支給する支援費は月104万ウォン(約11万円)だ。自治体はこの資金のほとんどが医療費に使われていると見て、足りない生活費(20万〜85万ウォン)を別に自主的に支援している。

女性家族部の慰安婦生活安定資金が出ているのに、自治体がさらに与えるのは重複福祉事業に該当する、というのが政府の立場である。

政府は「類似・重複社会保障事業整備指針」を通じて、中央政府事業と同一目的の現金支給を廃止し、直ちに廃棄するのが困難な場合、段階的に廃止するようにしている。

なお現在、韓国国内に居住している慰安婦被害者は43人だ。

WoW!Korea 2015.11.9[2]

2 件のコメント:

  1. あっという間に撤回されました。
    シンシアリーさん曰く、「慰安婦無双」

    http://www.viewsnnews.com/article?q=125620
    セヌリびっくり、「慰安婦の生活費引き続き支援する」
    非難世論沸騰しましょう​​急いで「なかったこと」に

    2015-11-09 11:24:32拡大縮小
    セヌリ党は9日、日本軍慰安婦被害おばあさんたちに地方自治団体が毎月支給してきている生活支援金を政府が進行中福祉事業と重複するという理由でサポートを中止するように通知したことに対する批判世論が沸騰しましょう​​急いで「なかったこと」とし、緊急鎮火に出た。

    キム・ジョンフンセヌリ党政策委議長は同日、最高委員会議で、「一部のマスコミに保健福祉部が自治体類似重複社会保障事業の整備を推進しながら、慰安婦被害者の生活安定支援事業を整備対象に含まれていて、その事業が廃止される可能性が高いという報道があった "としながら"しかし、自治体類似重複社会保障事業の整備と関連京畿道、大邱広域市から施行する慰安婦被害者の生活安定支援事業が整備対象に含まれていましたが、同事業は、「社会保障」事業ではなく、「補償」事業任意に保健福祉部は市道別懇談会を介して関連試みと協議して事業を維持することを決定した」と明らかにした。

    彼は続いて「自治体でサポートしている慰安婦被害者の安定支援事業は、支障なくサポートされる予定」と重ね生活費をサポートし続けることを強調しながら、「わが党は元慰安婦の生活費支援だけでなく、日本と慰安婦被害者の補償と謝罪などについて、日韓議員連盟を介して努力だけでなく、私たちの政府を積極的に支援して後援するようにする」と付け加えた。
    カン・ジュヒ記者

    返信削除
    返信
    1. 即、でしたね。これ、追記にするか独立したエントリーにしようか考え中です。

      削除