2015/11/02

日韓首脳会談 当然なる結末(慰安婦問題)


もはや日韓両国民に残された希望は時間である。クレーマーは無視して日韓関係改善に地道に取り組んで行けば、時間が自然と問題を解決してくれる。無駄な出費もない。日本政府は人道的見地と言うが、「ハルモニ」は特権階級であり、これ以上特別扱いする必要はない。アジア女性基金終了後も日本政府は、年一千万の予算をかけてフォローアップ事業を行っている。日本の世論もこれ以上の譲歩は必要ないと言っている

日本政府は追い銭をやってもこの問題を終わらせたいと考えているが、肝心の韓国政府が信用出来ない。韓国政府はハルモニ(挺対協)が扇動する世論が怖くて身動きが取れない。・・・いいことである。後20年我慢すれば、パク大統領の言う「最大の障害」は消え、日韓の未来は開けて来る。それまでに韓国の世論も変わって来よう(国際社会の世論も)。挺対協も前ほど元気はない。

会談の結果を聞いて涙を拭うイ・オクソン(ナヌムの家)

ハルモニのコメント:「私たちには時間がない。早く解決してほしい」[聨合ニュース]

慰安婦、解決の道筋見えず=日韓首脳3年半ぶり会談

安倍晋三首相は2日、韓国の朴槿恵大統領とソウルの青瓦台(大統領府)で初めて会談した。日韓首脳の会談は2012年5月以来、3年半ぶり。両首脳は最大の懸案である、いわゆる従軍慰安婦問題について、「早期妥結」に向け交渉を加速させることで合意した。ただ、双方の立場には隔たりが大きく、解決への道筋は見えていない。

約1時間40分に及んだ会談で、朴大統領は慰安婦問題について「両国関係改善の最も大きな障害だ」と述べ、早期解決を要求。首相は「未来志向の関係を築いていくため、将来の世代の障害にならないようにすることが重要だ」と同意した。両首脳は、今年が国交正常化50年に当たることを踏まえ、外務省局長級で進めている協議を加速させることで一致した。

朴政権は、慰安婦問題を解決したと見なすための具体的な条件を明示しているわけではない。ただ、韓国の元慰安婦支援団体は日本政府が法的責任を認めるよう主張しており、要求水準をこれより下げるのは困難とみられる。これに対し日本政府は、法的問題は1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決した」との立場だ。

これに関し、日本政府関係者は2日、「人道的見地に立った対応は法的問題とは別だ」と指摘した。ただ、日本側は仮に法的問題を棚上げして政府間で合意しても、韓国政府が国内の批判にさらされればほごにしかねないと警戒しており、踏み込んだ解決案は提示できていないのが実情だ。

時事(一部) 2015.11.2

「日本政府は慰安婦問題が1965年の韓日請求権協定で解決済みだと主張している。一方、韓国政府は反人道的不法行為の慰安婦動員に対し日本が国家的責任を認めるべきだとの立場を堅持している」[聨合ニュース]

12 件のコメント:

  1. 子供や孫が謝罪や賠償を引き継ぐ。千年被害者・千年加害者が文字通りの意味だったら慰安婦が世を去っても終わらない。マイケル・ヨンまで千ドル懸賞金で「戦犯に時効はない」とおかしな事を書いている。数年で決着をつけるに越したことはない。

    返信削除
  2. 774さま:
    >数年で決着をつけるに越したことはない。

    決着はつかないでしょう。韓国はもはや恐るべき反日国家になっていて、日本と日本人を奴隷階級として永遠に韓国に奉仕させる、そのために何でも反日ネタにしてきているのだから。

    韓国人は、安倍首相がナヌムの家に行き、そこで床に額をつけて婆あたちにゆるしを乞うて三跪九叩する、そこまでしないと連中は満足しないと思いますよ。

    一昨年だったと思うけれど、姜日出(カン・イルチュル)が来日した際、その参議院会館で開かれた「証言集会」に私も行ってみました。カンの婆あ、ひとしきり分けの分からないことを喚いたのち、「ここに、なぜ安倍首相がいないんですか」なんて云いやがった。要するに、安倍首相に跪ずかせて頭を踏んづける、これが奴らの目標です。次は天皇陛下にこれをやらせる。きっと、李氏朝鮮時代に、両班貴族階級は、こうして奴隷をいたぶっていたのでしょう。それと、同じ状態に日本人が落ちるまで、連中は満足しない。

    日本人としてはバカバカしい限りです。このキチガイに拳骨の雨を降らせてやりたい。日本人の嫌韓感情は最高潮に達していて、もう、数回の首脳会談があったからといって、どうなるものでもない。韓国の変化は期待できないが、日本の変化はもっと期待できない。いまや、いっさい妥協するなという声は、日本の朝野に満ちている。

    昔、パキスタンがインドから分離する際に、住民どうしが斧・マサカリで襲撃し合い、無数の人々が死傷しました。日本人だから、そこまでのことは起きないけれども、日本人の民度がもう少し低かったら、あの、インド・パキスタン紛争のような民族暴動が自然発生していても不思議はないと思いますよ。

    2014年の日本からの対韓直接投資は、12年実績に比べて45%減という数字が出ています。

    2014年の日本からの訪韓観光客数は、12年実績に比べて3分の2に減ったという数字もあります。

    明らかに、少数のネトウヨがどうたらという社会現象ではなく、全国民レベルの嫌韓感情の現れと見るべきでしょう。

    人を憎むことは、おのれの歪んだ顔を鏡で見るのと同じだ。憎しみは自分に返ってくるのです。韓国は、そのブーメランを受けなければならない。

    返信削除
    返信
    1. laughing Salesmanさん
      やっぱり無理ですかね。通貨危機が起きてなんて事を考えています。通貨スワップがないので助けなければ今度は間違いなく破綻します。

      ところで香港の新聞の分析で今回の日中韓3カ国会談を実現させたのは中国で、パククネの抗日軍事パレード参加のご褒美。次期政権が親米になっても後戻りできないほどに中韓関係を強化し、共同して日本を牽制する事に成功したと書いています。

      中国の了解が必要になれば、慰安婦問題の解決は可能性が遠のくのか、あるいはかえって近くのか、、、、

      削除
    2. 聯合ニュースのgoogle翻訳
      性奴隷契約記事が引っかかってたりする。何やってんだか、韓国人よ。
      --------
      (香港=聯合ニュース)チェヒョンソク特派員=中国が韓国を利用して、日本を牽制しようとしている観測が提起された。

      ウィンドウチュンウィン(曾仲榮)香港経済日報副編集長兼総主筆は4日の論評で、「最近3年間中断された日中韓首脳会議が開催されたことをめぐり、外部では、中日間の冷気が緩和されたことに注目したが、最も大きな意味は韓中関係がより近づいた」とし「韓中が連合して日本を牽制する構図が形成されている」と主張した。

      中国と日本がサミットで緊張関係が緩和されたように見えたのは、外部に見せるための演劇でしかないという説明である。


      ウィンドウ副編集長は、韓国が主導した首脳会議が再開されたのには、中国が米国の圧力にも抗日戦争勝利70周年記念軍事パレードに参加した韓国の体面を生かそうとしたのが最も大きく作用したと述べた。

      彼は「韓中日首脳会議に出席した李克強(李克强)中国首相の最も重要な任務は、日本との関係再構築ではなく、韓国を中国側に積極的に引き込むことだった」とし「李首相は韓中自由貿易協定(FTA)発酵を促した、米とサムゲタン、キムチの輸入許可、両国通貨の直接取引の推進などのギフトを韓国に与えた」と述べた。

      ウィンドウ副編集長は、「中国の戦略は、朴槿恵大統領の親(親)中国的な態度を維持すること」とし「朴大統領の任期内韓中関係を一層緊密に作成2018年親和米国性向大統領に変わっても、最中親密な関係を元に戻すことができないようにすること」と強調した。

      彼は「政治・経済的共同の利益の下、韓国が北東アジアで日本を阻止するのを助けるなら、中国北方をめぐる日米鉄の三角形に隙間が生じるだろう」とし「中国が日本を制御することが、より多くの条件を持つことができ、日米の包囲に直面より大きな源泉を持つだろう」と展望した。

      一方、窓副編集長は、「今回の首脳会議が日中韓FTAを促進することができれば、中国経済に有利だろう」とし「しかし、中日間の根本的な問題は解決しにくい状況」と説明した。

      続いて「日中韓FTAが進展を見せに正三角形の形の日中韓の関係を韓中が近く、韓中と日本の間の距離が遠い二等辺三角形の形に変えることがカギ」とし「韓中が協力して、日本に圧力を加えると、成果が出てくることができるよう」と予想した。

      harrison@yna.co.kr

      (終わり)
      ----
      ----
      7千ウォンティント盗んだ「性奴隷契約書」強要された女子高生2015-11-04 23:21

      削除
    3. 774さま:

      >通貨危機が起きてなんて事を考えています。通貨スワップがないので助けなければ今度は間違いなく破綻します。

      私は人民元の暴落がきっかけで、アジア通貨危機が再来すると考えていますが、こちらは「当たるも八卦、当たらぬも八卦」であるのに対し、韓国にとって「今そこにある危機」は、米連邦準備委による米ドル金利の値上げでしょう。

      リーマン・ショック以来、ダダ漏れみたいにドルを垂れ流してきた政策も、もうおしまいにする時期に来ています。長谷川慶太郎・渡辺哲也の両氏は今年8月と予想していましたが、これは中韓経済を確実に殺してしまうのでアメリカがためらい、どうやら年末か来年の早い時期にずれ込んでいますね。

      米ドル金利の値上げで起きることはキャピタル・フライトです。中国・韓国から流動的に使えるドルがアメリカに逃げていく。すると、ドルで借金をしている企業は、ドル調達が難しくなり、デフォルト(債務不履行)を起こす可能性が高まります。韓国の十大財閥なんかは、国際金融市場でドル調達をしているはずだから、相当にヤバイのではないですか。

      最近、米駆逐艦ラッセンが、支那が主張する領海内に進入しましたが、オバマ政権はついに支那と「戦う覚悟」を固めたと思います。戦うといっても、いきなり砲戦になるわけではなく、中国経済をガタガタにするのが先だから、もう、米ドル金利の値上げをためらう理由はない、むしろ、早くやれという声が高まるのではないか。

      で、韓国の財界は、ようやくこの危険に気がつき、今、通貨スワップの再開を求めてきているわけですが、対韓世論が硬化している日本が「はあ、さよか」と再開に応じるとは思えませんね。

      通貨スワップがゼロになった今年の2月からだけでも、韓国が何をやってきたか。信義のない、ご都合主義の「用日」に、いいかげん、日本人は怒りを爆発させていると思いますよ。

      削除
    4. ところで、円ウォンスワップを再開するとしたら、その意思決定のプロセスは、安倍首相と麻生財務相が相談して、日銀の黒田総裁に要請する、という過程を辿るはずなのですよね。マスコミや経団連が、いくらヤイノヤイノ言っても、どうにもならない。

      つまり、自民党内の対韓世論が、円ウォンスワップの再開の行方を握っている。まあ、稲田朋実政調会長をはじめ、みんな嫌韓一直線になっていますから、円ウォンスワップの再開は無理でしょうね。

      今まで、日本は韓国を甘やかせすぎた。今度は、泣いて貰いましょう。

      削除
  3. 難解すぎて "わからんにゃ"。

    返信削除


  4. この人達には好感が持てる。

    https://www.youtube.com/watch?v=kpJlTQsxn20



    返信削除
  5. この人は、ちょっと


    http://imageshack.us/a/img443/7208/bmqi.jpg

    返信削除
  6. 774さま:

    >やっぱり無理ですかね。

    これは前記の私の観測を追確認するためのコメントです。

    最初に下の二つの記事(いずれもソースは産経電子版)が重要ポイントです。

    1)この度(11月2日)、訪韓した安倍首相に対し、パククネ大統領は「元慰安婦が受入れ、韓国国民が納得できるよう早期解決する」ことを求めた。

    2)10月中旬、産経の記者が在大邸のイ・ヨンスのもとを訪れ、「慰安婦問題の解決のために、日本政府に何をして欲しいか?」と尋ねたところ、イ・ヨンスは「安倍首相が(在韓の)日本大使館まで来て、私たちに直接会って許しを請うて欲しい。そして、安倍に続く代々の日本の首相も同じようにしてほしい。そしたら許すことができるかもしれない。でも、(慰安婦だった過去を)決して忘れることはできない」と応えた。


    つまり、クネピが云う「元慰安婦が受け入れることの解決策」とは、「安倍首相をはじめとして、歴代の日本の首相が元慰安婦らの目の前で土下座をして許しを乞うこと」なのですよ。

    そんなことを日本政府が呑めますか? ありえないでしょ? だから今、首相側近の萩生田氏は「どうすれば元慰安婦の心が安らぎ、両国国民がある程度理解する案を出せるのか、今、ボールは韓国側にある」と発言しているのですよ。萩生田発言は、上記の非常識な話を明文化させようとしているに決まっているでしょ。

    返信削除
  7. イ・ヨンスが「安倍に続く代々の日本の首相も同じようにしてほしい」と述べたことは、意味深です。つまり、日本民族を韓国の膝下におき、奴隷階級として永遠に韓国に奉仕させる、ということです。これは、そういう底意がなければ出てこない発言です。

    日本の歴代の首相が「カノッサの屈辱」をあえて行うとき、米国で提起されている天皇・首相を相手どった裁判に有利な言質を言わせようとする魂胆がミエミエです。

    余りにも現実離れした要求ですが、少しでも教養がある人間なら出てこない発言でも、イ・ヨンスのように驕慢するだけの人間だから、本音が現れているとも言えるでしょう。

    だから、妥協は一切、してはいけないのです。

    返信削除
  8. 上でイ・オクソンが泣きっ面を晒しているけれど、この婆あが満州・延吉の慰安所に行くまでの間に日本人は関与していないんだから、この婆あの「心が安らぐため」に日本人が何かをするのはおカド違いってものだ。

    婆あの供述によれば、婆あは最初に釜山の呑み屋に売られた。売った奴は父母ときまっているし、仲介ブローカーは母親と仲の良い近所のおばさんだったはずだ。次に、この釜山の呑み屋のおやじによって蔚山の呑み屋に売られた。蔚山の呑み屋で働いているとき、用事を言いつけられて近所を歩いているときに男二人に両脇を抱きかかえられて、そのまま満州行きとなった。これは、婆あ自身が本に載せていることだぞ。

    年頃になったので、蔚山の呑み屋のおやじが売り飛ばしたのだろう。どこに、日本軍や日本官憲の関与があるんだ?

    いい年をしてウソ泣きするんじゃねえぞ。いいかげん、俺も頭にきた。

    返信削除