2015/11/22

[メモ] 「解決なくとも日本と協力」 韓国高官米研究者らに


アメリカが求める答えであるのと同時に、韓国内の世論もこれを受け入れる雰囲気に変わりつつあるという事なのだろう。

慰安婦問題で柔軟姿勢=対日改善の「前提ではない」-韓国高官

ワシントンを訪問した韓国の趙兌烈外務第2次官は19日、米国の朝鮮半島問題専門家らと懇談し、日韓関係について「慰安婦問題解決が他の分野の協力進展のための『関門』ではあるが、前提条件ではない。関係改善に向け、努力を続ける」と柔軟な姿勢を示した。韓国外務省が22日、発表した。

慰安婦問題が解決すれば各分野の協力をより加速できるが、解決していなくても日本と協力しないわけではないと韓国の立場を米側に説明した。

 また、対中政策に関しては「強固な韓米同盟を土台に、未来への投資という長期的、戦略的な意味で行っている」と強調。韓国は中国寄りになっていると疑う一部の見方を否定した。 

時事 2015.11.22 http://www.peeep.us/a857bfd8

12 件のコメント:

  1. で、大使館前の慰安婦像の撤去は、どうなった?

    韓国にはお気の毒さま。今更、「用日」を唱えても、もう手遅れですよ。日本人は韓国という国そのものを、あきらめました。一般の人付き合いでも、「この人は、こういう人なのだ」と諦観してしまうと、もう忠告も何もせず没交渉にしてしまうのと同じ。今の日本人がどれだけ韓国と韓国人を毛嫌いし軽蔑しているか、韓国人には自覚がないらしい。

    返信削除
  2. 殺韓の次に諦韓の境地に至るというのは、本当でしたね。w

    返信削除
  3. 「(朝鮮人業者によって)意思に反して性奴隷にされ、軍の施設で働かされたという事実の認定こそ、法的責任を取ることだ」

    誰が性奴隷にし、働かせたのか、主語がないので( )で補って見ました。
    事実認定には韓国政府の協力が不可欠。強制連行した業者かそれをみた家族親戚村人村役人警官などの証言を取ってください。20万人も強制連行されれば10倍の人が目撃し100倍の人がその時の様子を話しに聞いたはず。今まで、どの村の誰がどの様に強制連行されたのか証言は一つもないんだが、、、、、慰安婦本人と吉田証言しかない。どちらも同じ種類の証言だと思えてしまうのは自然な事。

    返信削除
    返信
    1. 「意志に反する性奴隷」
      見過ごしがちですが、まさか同意の上の性奴隷があるだなんて、、、、きっとあるんです、韓国人の頭の中には。

      削除
    2. 正しくは「親と朝鮮人業者によって」本人の意思に反し、ですね。

      元慰安婦らの証言には、親が娘の失踪について、どういう態度をとっていたかの記述が出てきません。本人を前にして「おまえ、岡場所へ行け」と云うに忍びなかったのか、たいていは一人ぼっちにされて人定が間違いない状態になったところに業者の手下が連れて行く。イ・オクソンが蔚山の飲み屋に売られたあと、主人の言いつけで位置を歩いていたときに二人の男に両脇を抱えられたというケースがそうだし、カン・イルチュルが「母の友人の家」にいき「自宅に戻るように」と言われて戻ってみると、甥っ子と自分だけになっていた、というケースもそう。カン・イルチュルの場合、母と母の友人はグルだったのでしょう。

      イ・ヨンスは自分の運命を事前に悟っていたと思われます。だから、友人のプンスンが夜中に迎えに来て窓を叩いた時に、両親に知れないようにそっと外に出た。この92,3年頃の証言がおかしくなるのは、2007年の米下院決議以降、挺対協に利用され「被害者」に祀り上げられてからです。

      キム・ボクトンは「軍需工場で働く」と親に言い含められていますね。家を出て行くときに争ったという記述はなく、バスに乗り込む際に嫌がり抵抗したという様子はありません。釜山で他の娘らと倉庫に閉じ込められたあたりで自分の運命を悟った。帰国してからの親の態度について記述があるのはキム・ボクトンだけで、母親はただ「結婚しろ」とだけ言って泣き崩れた、とあります。「心配して捜した」「警察に相談した」「日本の官憲と争った」という記述はどこにもない。

      キル・ウォノクに到っては満州で稼ぎたいと思って自らツテを捜して出かけているし、戻ってから、また出かけている。

      十五、六の小娘にカネの管理なんてできないから、前借金について親と業者の間で受け渡しがあったに決まっている。ここの部分は、元慰安婦たちは皆、口を閉ざしている。質問ができるなら聞いていたいところだが、質問を一切許さない形で20年間推移しています。

      ようするに、自分たちがやったことを日本のせいにしてゆすりたかりをやる、自ら勝手に検察側になって、弁護側の主張も本人尋問も一切許さないという卑怯極まりない構図がずっと続いているわけです。

      削除
    3. 追記:
      文玉珠(ムン・オクチュ)が大金を記載した預金通帳を持っていたのは、多分、前借金をさっさと返してしまって、ビルマから送り返されるところをまた舞い戻っているからでしょうね。文玉珠の伝記は最近、新装版が出て安く入手できるので、一度読んでみたいが、今のところ南京にかかりきりで、なかなか時間がとれません。

      陥落の翌日のこと、「今は日本軍がいる。秩序ある体制と順調な事態が作られて、状況はばら色になるだろう」なんて、市内にいたアメリカ人の、とんでもない発言記録が出てきましたよ。

      削除
    4. 韓国人は「日本軍によって」と読むから、こういう表現をしたのでしょう。

      「閉じ込められて悟った運命」とは親に売られたという事ですが、《親の罪は子供が罰を受ける》が現代ドラマの決め台詞になる国ですから、これは本人の「意に反しない性奴隷」で問題はない。それに関する目撃調査の必要性を感じない。

      河野談話には「本人たちの意志に反して」と2度書かれていますが、日本軍の指示によって業者が動いたからこう言えるのであって、親の指示なら「本人の同意の上で」となる。

      文脈の読み方が違うから河野談話が軍の強制連行を認めた文書だと彼らは思うのだろう。

      削除
  4. 元慰安婦が性奴隷だったとして日本から賠償を受とれる理由は「本人たちの意思に反して連れて行かれた」ことだそうですが、それが普通の売春婦とどこが違うのかが分かりません。

    親に売られた先が、軍の慰安所なら国や支援者から下にも置かぬ扱いを受けて、普通の娼館だったら相手にされないというのも変な話です。

    どう見ても、「意に反して」云々は当時売春関連で広汎に発生していた社会問題に過ぎないと思います。

    勿論、社会問題も一種の問題には違いないわけですから、それについて問題提起することに意義がないわけではありません。ただし、それはあくまでも「売春婦問題」として提起すべきものであって、慰安婦(しかも日本人以外)だけを切り取って「慰安婦問題」とするのは、差別と言うのがいい過ぎなら偽善でしょう。

    返信削除
    返信
    1. はい。偽善だと思います。建前論だと思います。

      削除
    2. これは慰安所の性格に関わることでしょうね。左翼は慰安所とは軍の公式な兵站付属施設であったと言いますね。そうであれば軍にも責任が生じるというわけです。しかし単に民間の売春宿に過ぎなかったなら、単なる追軍売春婦であったなら、民間の遊郭と何ら変わらず、軍は単なる客以上のものではなく、責任などないでしょうね。

      削除
    3. 管理責任、道義的責任はともかく、虐待、就業詐欺に関する法的な責任は、慰安所の経営者や仲介業者が負うべきものかと。

      削除
    4. 嘉手納基地にあるスーパーや理髪店やクリーニング店は兵站付属施設です。そこで日本人従業員の労働争議や虐待や殺人事件が起きても米軍の責任にはなりません。

      私は慰安所は兵站付属施設だと思います。だからなんなの?とも思います。

      削除