2012/12/31

外務省前で韓国人の一人デモ

警察が出動といっても声をかけられた程度だろうが、日本の市民団体も絡んでいたらしい。靖国で一人デモをやってみたり、韓国人によるこういったパフォーマンスはあとを絶たない。

慰安婦問題解決を! 韓国人が外務省前で1人デモ

【東京、ソウル聯合ニュース】今月21日午前、東京・霞が関の外務省前で旧日本軍の従軍慰安婦問題解決を求める1人デモが行われた。プラカードを持ってデモを行ったのは韓国の会社員、チェ・ヒョンホさん(29)。休暇を取ってデモのために日本にやって来た。

「現在、元慰安婦の生存者は50人余り。この方たちが全員亡くなれば、日本は心から謝罪する対象を失う。まだ遅くない。韓日両国が真の友になるために、日本の反応を待っている」

出勤する日本の官僚の冷たい視線にさらされ、警察も出動したが、チェさんは約1時間半にわたりプラカードによる主張を続けた。

日本の市民団体「日本軍『慰安婦』問題解決全国行動2010」のメンバーも外務省前でチェさんのデモをサポートした。

チェさんは31日、聯合ニュースの取材に応じ、「慰安婦問題解決のために出来ることは何かと考え、問題を日本人に伝えるデモを自ら行うことにした」と話す。

チェさんは最近まで、慰安婦問題を人ごとのように思っていたが、ソーシャルネットワークサービス(SNS)で関心を持ち、単身で日本にやって来た。

日本からの独立運動の功労者を祖父に持つチェさんは、「最初は日本右翼のテロを恐れたが、(独立運動で)刑務所に送られた祖父のことを考えた」と話す。

日本との歴史問題解決で韓国に必要なことは憤りや憎悪ではなく「(ハン)」だと考えている。「過去を繰り返さないという前向きで好循環な『恨』の感情が問題解決につながる」

0 件のコメント:

コメントを投稿