2014/04/15

京畿道城南市に新たな慰安婦像

左はキム・ボクトン

市長は姉妹都市であるアメリカのミルピタス市にも(同時に?)慰安婦像を建てると発表していたが、そっちの方は?

あのキム夫妻も除幕式に出席したようである。記事では15日に除幕式とあるが、これは間違いか。

韓国で4番目の慰安婦少女像 京畿道城南市で除幕

韓国・ソウル近郊の京畿道城南市で旧日本軍の慰安婦を象徴する「平和の少女像」の除幕式が15日に行われた。

除幕式には元慰安婦の金福童(キム・ボクドン)さん、吉元玉(キル・ウォンオク)さん、慰安婦問題の解決を目指す市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」や同市の民間団体の関係者、市民ら約200人が出席した。

少女像は城南市庁公園内に建てられた。慰安婦を象徴する銅像としては韓国で4番目となる。ソウルの日本大使館前、京畿道高陽市の一山湖水公園慶尚南道巨済市、米カリフォルニア州グレンデール市に設置された少女像を手掛けた彫刻家夫婦が制作した。


市長が推進 韓国・城南市に慰安婦像、日本大使館前以来4カ所目

ソウル近郊の京畿道城南市が日本統治時代の慰安婦を象徴する少女の像を市役所広場に設置し15日、元慰安婦1人と女性団体など約300人が出席して除幕式が行われた。

 同様の像は2011年12月、ソウルの在韓国日本大使館前の公道に違法に設置され、日本政府は外国公館の名誉に関わるとして撤去を求めたが放置されてきた。その後、京畿道高陽市と慶尚南道巨済市にも相次いで設置され、今回は韓国で4番目となる。

 韓国内の像はいずれも韓国人の彫刻家夫婦が制作。夫婦は昨年7月に米ロサンゼルス近郊グレンデールで除幕された像も制作した。

 日本大使館前の像など韓国内の像は、日本政府に対し元慰安婦への国費賠償と法的責任の認定、謝罪を要求している強硬な反日・親北団体、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)が建ててきたが、城南市では市長が率先して推進し、行政主体で進めてきた。

 同市は像の設置について「日本の人権侵害と歴史隠蔽、歪曲(わいきょく)に対する国内外の関心を高め、歪曲された歴史を正すことになるよう期待している」と主張している。

産経 2014.4.16

0 件のコメント:

コメントを投稿